進化したトータル性能、ロードからサーキットまで対応!

今回セパンで試乗をしてきた『ディアブロ・ロッソ3』は、『ディアプロ・ロッソ2』の後継にあたるモデルで、実用性の高い汎用ハイグリップタイヤというキャラクターを与えられている。普段はストリート、峠道で使っていて、たまにサーキットをスポーツ走行するようなイベントに、そのまま行っても十分なグリップ力を発揮するというものだ。

汎用性が強化されているスポーツタイヤだが、ロッソ2に対して全ての使用状況下での性能が向上しているというのがセールスポイント。ライフが伸び、ウェット性能が上がり、高速安定性やスポーツハンドリング(旋回性とか軽快さと説明していた)もだ。

そのため、リアタイヤには耐久性のある70%シリカのコンパウンドをセンターに、ウエット&ドライのコンディションを選ばずハイグリップを発揮する100%シリカのコンパウンドを両サイドに配置。フロントは全トレッドにこの100%シリカのコンパウンドを使うんだが、その配合シリカ自体もこれまでとは大幅に変更されており、素早い暖気とウェットグリップを手に入れたそうだ。

また、タイヤプロファイルも変更されている。セミレーシングに近いスポーツタイヤ、『スーパーコルサ』のように、リアはトレッドサイドが横に張り、フロントはセンターが高くなりサイドに回り込む形状に。フロントの動きが軽くなり接地面積も広がるので、リーンに合わせて舵角も入りやすくなってるし、トラクションも発揮しやすい。変更箇所をざっくりと説明するとこんな感じだ。

試乗地、セパンで試してみたのはBMWのS1000RRと、アプリリアのRSV4、それにスズキGSXーF1000。200㎞/hほどでの車線変更では、S1000の場合は重く、粘るような動きになる。RSV4では少し軽快になって、コーナリング中の身のこなしもシャープになる。GSXーFも同様の変化だが、直進時、ハンドルが軽く、外乱の影響を受けやすくなった。増大したリアのトラクションと、かかるフロント荷重の違いによる感触の違いだろうが、フロントが軽めのバイクではより軽快に、重いバイクでは粘りが増す傾向のようだ。

その全機種に共通するはっきりとした特徴はコーナリング中の優秀な接地性。つまりグリップ力。ロッソ2と比べると、粘り着くような感触が増しており、S1000やRSV4の深いアングルのフルバンクに十分に耐える。ロッソ2に対してだけでなく、このクラスのスポーツタイヤの中では1、2を争うグリップ力だ。トラクション・コントロール機能を解除して、旋回中にオーバーパワーをかけても、滑り出しがわかりやすく、唐突な印象はなかった。その粘着系の接地感を維持したまま、ズルズルし始める。そんな感じだ。コーナーリング前半のフロントからの回頭性もいいし、バンク中のライン変更などは、その粘るような接地感から想像できない軽さで安定して行なえる。上級スポーツタイヤの『スーパーコルサ』にもよく似た運動特性で、リーンしてるのが楽しいと感じる。これはこのタイヤ最大の魅力だ。しかもアブレーションも抑えられており、オールマイティなスポーツタイヤらしい耐久性もみせた。

スーパースポーツだけでなく、スポーツネイキッドでワガママに使っても、使い勝手のいいタイヤだ。

画像: 進化したトータル性能、ロードからサーキットまで対応!

[ DIABLO ROSSO III サイズ表 ]※価格はオープンプライス

FRONT
110/70 ZR 17 M/C (54W) TL
120/60 ZR 17 M/C (55W) TL
120/70 ZR 17 M/C (58W) TL

REAR
150/60 ZR 17 M/C (66W) TL
160/60 ZR 17 M/C (69W) TL
180/55 ZR 17 M/C (73W) TL
180/60 ZR 17 M/C (75W) TL
190/50 ZR 17 M/C (73W) TL
190/55 ZR 17 M/C (75W) TL
200/55 ZR 17 M/C (78W) TL

画像: 個性的な「フラッシュ・レーシング」トレッドパターンと、最新コンパウンドの採用により、ドライ、ウェット両方でのグリップ力を向上させているロッソⅢ。従来モデルから定評のあったハンドリングに関しても進化が図られている。

個性的な「フラッシュ・レーシング」トレッドパターンと、最新コンパウンドの採用により、ドライ、ウェット両方でのグリップ力を向上させているロッソⅢ。従来モデルから定評のあったハンドリングに関しても進化が図られている。

画像: 従来モデル「DIABLO ROSSO II」の後継モデルとして、今春発売が開始された新スーパースポーツタイヤ「DIABLO ROSSO III 」。ピレリのWSBK(スーパーバイク世界選手権)レーシング部門も関与して開発され、コンディションを選ばないハイグリップと、クイックなハンドリングを実現する。スーパースポーツ用ハイグリップタイヤでありながら、ロングライフと、ウエット性能の高さも進化しており、幅広いユーザーに対応する。

従来モデル「DIABLO ROSSO II」の後継モデルとして、今春発売が開始された新スーパースポーツタイヤ「DIABLO ROSSO III 」。ピレリのWSBK(スーパーバイク世界選手権)レーシング部門も関与して開発され、コンディションを選ばないハイグリップと、クイックなハンドリングを実現する。スーパースポーツ用ハイグリップタイヤでありながら、ロングライフと、ウエット性能の高さも進化しており、幅広いユーザーに対応する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.