ハイスペックを心地良さにつなげたネイキッド仕様

ゼファーの大ヒットに端を発するネイキッドブームに呼応し、ただ普通に乗ることが楽しめるように意図されたネイキッドスポーツ。

パワーユニットはFZR250Rベースの水冷4気筒で、吸排気ポート長やバルブタイミングを思い切って中低速向けに振り、アクセレーションに優れるミクニBDSTφ26mmキャブやトップをオーバードライブ設定とした6速ミッションを採用。元々レッドゾーンが1万8500回転からという超高回転高出力型のエンジンを、低回転からスムーズに立ち上がり、アクセル操作に対して穏やかかつリニアに反応し、快適なクルージングが楽しめるユニットへと変貌させている。高回転化による低中速トルクの痩せを補う排気デバイスEXUPも廃止された。

車体関係でも、柔らかな表情の楕円パイプを使った新設計スチール製ダイヤモンドフレームを中心に、シート高を735mmまで削り、ハンドル切れ角も左右各35度を確保するなど、さまざまなシチュエーションを想定して使い勝手を追求。高速券の収納などに便利なタンク上面前部の小物入れやタンデムシートに取り付けられる付属バッグの装備など、新たな試みも導入されていた。

「曲線美」「筋肉質」「躍動感」をキーワードに、『ジャンプするイルカ』をイメージしてデザインされた個性的なスタイリングと、抜群の足着き性、自由度の高いライディングポジションが評価され、女性やビギナーライダーからも高い評価を集めた。

93年2月にハンドルホルダーの形状を変更し、サイレンサーとヘッドライトケースをメッキとした2型にチェンジされ、そのまま99年まで市販が継続された。

画像: ハイスペックを心地良さにつなげたネイキッド仕様

Impression
低中速域での扱いやすさをベースにした現代型モデル

90年デビューの最終型FZR250Rのエンジンを低中速での扱いやすさ重視にセッティングを変更し、柔らかなラインの車体に搭載したネイキッドバージョンがジール。サーキット指向のFZRとは対極に位置するストリートモデルとして作り上げられている。

ライディングポジションは車格の割にゆったりしたもので、上半身はごく軽い前傾。肉厚で座面も大きなシートと、初めて乗ったときは違和感を覚えるほどソフトにセットされた前後サスペンションが実に快適な乗り心地を生んでいる。さらにハンドル切れ角の大きさ、足着き性の良さ、そしてラフなスロットル操作にも優しく反応する4気筒ならでは乗りやすさで、女性ライダーにも愛された。

ユニークなのはタンク前方に小物入れを、タンデムシート内に収納式のバッグを備えていること。これは開発陣がコミューターユースを本気で考えた結果だろう。こうした実用性向上の工夫にも、ビギナーや女性ライダーにオートバイの楽しさを広めたいというメーカーの意志が伺える。

撮影車両は整備前の状態で始動できなかったが、20年ほど前に今回の撮影の舞台となった那須モータースポーツランドをジールで走ったときは、サスペンションの柔らかさゆえに急な減速からフルバンクに至るまでの車体姿勢が落ち着かずに戸惑った。だがブレーキングや寝かし込みのリズムをゆっくり優しく行なえば想定ラインをきれいにトレースでき、タイヤのグリップ限界近くの挙動が穏やかで怖さを感じずに走れたことを覚えている。ハンドリングもストリート走行ペースに合わせて熟成されていたということ。その意味では最新モデルに近いキャラクターと言える。

画像1: Impression 低中速域での扱いやすさをベースにした現代型モデル

【ZEAL】 1991年2月 specifications
エンジン型式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:249cc
内径×行程:48.0×34.5mm
圧縮比:12.0
最高出力:40PS/12000rpm
最大トルク:2.7kg-m/9500rpm
燃料供給方式:キャブレター
変速機型式:常噛6段リターン
全長×全幅×全高:1990×715×1045mm
軸間距離:1370mm
シート高:735mm
乾燥重量:145kg
燃料タンク容量:15L
タイヤサイズ(前・後):110/70-17・140/70-17
当時価格:53万9000円

画像2: Impression 低中速域での扱いやすさをベースにした現代型モデル
画像3: Impression 低中速域での扱いやすさをベースにした現代型モデル
画像4: Impression 低中速域での扱いやすさをベースにした現代型モデル
画像: ライダーの着座部分を思い切って落とし込んだ、躍動的なスタイルで評価を集めたジール。足着き性の良さと曲面を多用した柔和なデザインもあってか、女性ライダーの比率が高かったような印象を持っている。

ライダーの着座部分を思い切って落とし込んだ、躍動的なスタイルで評価を集めたジール。足着き性の良さと曲面を多用した柔和なデザインもあってか、女性ライダーの比率が高かったような印象を持っている。

画像: 「ちゃんとやるとこんな風に変わるんだ」と思うほど、あのギンギン回るスーパースポーツエンジンが低回転からスムーズで扱いやすい特性に変貌。シャープな吹け上がりを、上手く快適さ、楽しさに結びつけている。

「ちゃんとやるとこんな風に変わるんだ」と思うほど、あのギンギン回るスーパースポーツエンジンが低回転からスムーズで扱いやすい特性に変貌。シャープな吹け上がりを、上手く快適さ、楽しさに結びつけている。

画像: 正立フォークに中空3本スポークホイール、17インチバイアスのオーソドックスなフロント構成。ブレーキはφ320mmシングルディスクにピンスライド式の異径2ポットキャリパーが組み合わされている。

正立フォークに中空3本スポークホイール、17インチバイアスのオーソドックスなフロント構成。ブレーキはφ320mmシングルディスクにピンスライド式の異径2ポットキャリパーが組み合わされている。

画像: フレームと同じく楕円パイプを使ったスチール製スイングアームを採用。リアショックはベーシックな2本タイプだ。バンク角の関係から下側少し中に追い込んだ右2本出しマフラーが欠かせないキャラクターになっている。

フレームと同じく楕円パイプを使ったスチール製スイングアームを採用。リアショックはベーシックな2本タイプだ。バンク角の関係から下側少し中に追い込んだ右2本出しマフラーが欠かせないキャラクターになっている。

画像: タンクとともに躍動感を演出する重要な要素になっているラジエターシュラウド。フレームとライダーのヒザが直接当たらないようにシュラウドを伸ばしてカバーされており、ゴム製のパットが貼り付けられている。

タンクとともに躍動感を演出する重要な要素になっているラジエターシュラウド。フレームとライダーのヒザが直接当たらないようにシュラウドを伸ばしてカバーされており、ゴム製のパットが貼り付けられている。

画像: タンデムシートはロックを解除すると前方にスライドするように移動できる。標準ではタンデムシート下に折り畳み式リアバッグが収納され、取り出してタンデムシートに装着して使う構造になっていた。

タンデムシートはロックを解除すると前方にスライドするように移動できる。標準ではタンデムシート下に折り畳み式リアバッグが収納され、取り出してタンデムシートに装着して使う構造になっていた。

画像: 巧みな面構成で、曲線美と筋肉質なマッスル感、躍動感を上手く表現したフューエルタンク。タンク容量は15リッターで、FZR250Rよりも向上した実用燃費と相まって1タンクで300km前後の航続距離を確保している。

巧みな面構成で、曲線美と筋肉質なマッスル感、躍動感を上手く表現したフューエルタンク。タンク容量は15リッターで、FZR250Rよりも向上した実用燃費と相まって1タンクで300km前後の航続距離を確保している。

画像: クロームケースに包まれた、オーソドックスな独立2連メーターを採用。新馬力規制に沿って最高出力は40PSとなり、その発生回転数もFZRの1万6000回転から1万2000回転に低下。レッドゾーンの入口は1万5000回転だ。

クロームケースに包まれた、オーソドックスな独立2連メーターを採用。新馬力規制に沿って最高出力は40PSとなり、その発生回転数もFZRの1万6000回転から1万2000回転に低下。レッドゾーンの入口は1万5000回転だ。

画像: フューエルタンクの上面前部には、グローブをしたままでも簡単に開閉できるユーティリティボックスが装備されている。小銭や高速道路の通行券などを一時的に入れておくのに重宝する。キーロック機構はない。

フューエルタンクの上面前部には、グローブをしたままでも簡単に開閉できるユーティリティボックスが装備されている。小銭や高速道路の通行券などを一時的に入れておくのに重宝する。キーロック機構はない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.