パラレルツイン新エンジン搭載でヤマハのMTを追撃!

画像: 市販型ではなくコンセプトとしての出品。現車はサーキット仕様のファイターで登場。

市販型ではなくコンセプトとしての出品。現車はサーキット仕様のファイターで登場。

インターモトではアドベンチャーシリーズを一新したKTMですが、
ミラノショーではデュークファミリーを刷新してきました。
中でも、今回の出展で注目を浴びたのがこの790DUKEです。

画像: なんとマフラーはセンターアップ。市販型がどう変わるのか興味深いですね。

なんとマフラーはセンターアップ。市販型がどう変わるのか興味深いですね。

搭載されているエンジンは全面新設計のパラレルツイン。排気量はその名前からだと
790ccかと思われますが、これまでのDUKEファミリーは
トップモデルの1290以外は全てシングルだっただけに、このパラレルツインの
ポテンシャルに期待が高まっています。ちなみにこの新エンジン、
名前は「LC8c」と言うそうで、最後の「c」は「コンパクト」の意味らしいです。

画像: 今回一新されたスモールデュークのライトを連想させるデザイン。市販型が楽しみです。

今回一新されたスモールデュークのライトを連想させるデザイン。市販型が楽しみです。

すでに欧州では量産型のテスト風景がスクープされているこの790DUKE、
介入度がセレクト可能なトラクションコントロールや
複数のライディングモードも備えているそうで、ポテンシャルはなかなか期待できそう。
世界中で快進撃を続ける、ヤマハのMT-07の強力なライバルとしての登場が
今から楽しみです!

詳細は本誌1月号でもじっくりお届けします。乞うご期待!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.