GSシリーズの末弟はG310ベースで誕生!

画像1: GSシリーズの末弟はG310ベースで誕生!

スズキからV-ストローム250、カワサキからベルシスXと、
今回のミラノショーでは250アドベンチャーが次々登場しましたが、
アドベンチャーのご本家、BMWも黙ってはいませんでした。
まるで対抗するかのように今回のミラノショーで発表したモデル、
それがこのG310GSです。

画像2: GSシリーズの末弟はG310ベースで誕生!

日本でも発売が待たれている、G310シリーズの2作目となる
このGSは、先に発表されたロードスターのG310R譲りのエンジンを持つ
アドベンチャースタイルのロードスポーツ。313ccのDOHCエンジンは
欧州仕様で34bhpを発揮。これをスチールトラスフレームに搭載、
足回りも41mmの倒立フォークにBYBREのラジアルマウントキャリパー、
フロント19/リア17インチのメッツラータイヤと、なかなかの充実ぶりです。

画像: 313ccというゆとりの排気量で、ライバルよりも余裕を持たせたDOHCエンジン。

313ccというゆとりの排気量で、ライバルよりも余裕を持たせたDOHCエンジン。

画像: このバッジと「GS」の文字にあこがれる人も多いのでは?

このバッジと「GS」の文字にあこがれる人も多いのでは?

画像: メーターはシンプルなオールデジタル。ハンドルも程よい幅です。

メーターはシンプルなオールデジタル。ハンドルも程よい幅です。

画像: 倒立フォークにBYBREのラジアルマウントキャリパーと、足回りも豪華。

倒立フォークにBYBREのラジアルマウントキャリパーと、足回りも豪華。

BYBREのキャリパーでピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、
このG310GS、Rと同様に生産はインドで行われます。
BMWのエントリーモデルとして、価格面でも期待が持てそうですね。

画像3: GSシリーズの末弟はG310ベースで誕生!

R同様、早い段階での日本導入が楽しみなG310GS。
今後の展開に期待したい1台です。
詳しい情報は、本誌1月号でもたっぷりお届けしますので
そちらもお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.