高回転域のパワー向上とサスの進化で走りが向上!

画像1: 高回転域のパワー向上とサスの進化で走りが向上!

ミドルクラスで根強い人気を誇る、オールマイティに使えるネイキッド、
CB650Fが2017年型で更なる熟成が図られました。
新型はエンジンに手直しを受け、吸排気系の改良により
パワーが3KW(約4PS)アップ。主に5000回転以上での伸びが向上しているそうです。

画像2: 高回転域のパワー向上とサスの進化で走りが向上!

スタイリングも見直され、今回はフェイスリフトを受けました。
最大の特徴はこのLEDヘッドライトの採用。
足回りも、ショーワのデュアルベンディングバルブ(SDBV)を
フロントフォークに搭載し、パフォーマンスを向上させています。
進化の内容としては、NC750シリーズが受けたものと同様のものとなっています。

フルカウルスポーツのCBR650Fも同時にアップデート

画像: 基本デザインは従来のものを踏襲しますが、1000RR風のグラフィックが精悍です。

基本デザインは従来のものを踏襲しますが、1000RR風のグラフィックが精悍です。

画像: LEDヘッドライトの採用で顔まわりのデザインが引き締まりました。

LEDヘッドライトの採用で顔まわりのデザインが引き締まりました。

画像: これがそのSDBV搭載フォーク。カートリッジ式と同等の性能を実現しています。

これがそのSDBV搭載フォーク。カートリッジ式と同等の性能を実現しています。

シャープなデザインのフルカウルを持つ、兄弟車のスポーツモデル、
CBR650Fも同時にモデルチェンジ。進化の内容はネイキッドのCBと
基本的に同じで、吸排気系の見直しによるパワーの向上、
LEDヘッドライト採用にともなうフェイスリフト、そして
フロントフォークのSDBV採用というのが柱です。

効果の高い、ツボを押さえたアップデート。
この2車は国内仕様もあるだけに、今後同様の進化が
国内仕様にも期待できそう。同様の改良を受けたNC750シリーズの
走りが大きく変わったように、こちらの2台にも期待したいですね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.