ドイツの「German Design Award」で「Winner」を初受賞!

登場時には、斬新なスタイルで多くのライダーを驚かせたヤマハの「YZF-R1」ですが、新たにドイツのデザイン賞を受賞。「グッドデザイン賞 2015」「iF DesignAward 2016」「RedDotAward:プロダクトデザイン2016」と合わせて、デザイン4冠を達成です。

画像: 「YZF-R1」(2015 年海外向けモデル)

「YZF-R1」(2015 年海外向けモデル)


フラッグシップモデル「YZF-R1」が 4 つ目のデザイン賞を獲得
国際的デザイン賞「German Design Award」“Winner”を初受賞

ヤマハ発動機株式会社のスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」が、このたびドイツ のデザイン賞である「German Design Award」に当社で初めてノミネートされ、さらに 4,000 点を超える エントリーの中からトランスポーテーション部門で優秀賞にあたる「Winner」を初受賞しました。

また、「YZF-R1」(2015 年海外向けモデル)はこのたびの受賞で、「グッドデザイン賞 2015」「iF DesignAward 2016」「RedDotAward:プロダクトデザイン2016」に続き、4つ目のデザイン賞受賞とな りました。

「German Design Award」は、既に優れたデザインとして一定の評価を受けている世界各国の作品 の中からドイツデザイン協議会が参加作品を推薦し、その推薦を受けて初めて応募できる国際的に 権威のあるデザイン賞です。また「Winner」は、各カテゴリーから審査員により選出されたもののみに 与えられる優秀賞です。

「YZF-R1」は、MotoGP マシン「YZR-M1」の技術思想を体感できるサーキット最速のポテンシャルを 備えるモデルとして開発した、スーパースポーツの新型フラッグシップモデルです。

デザインは、「YZR-M1」のイメージを投影するとともに “Speed Racer”をコンセプトにイノベーション を図り、新たな R-DNA を構築しました。

ヤマハ発動機 デザインアワードサイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.