画像: 数々の爆弾発言が飛び出しました、TSRホンダの世界耐久フル参戦発表会です

数々の爆弾発言が飛び出しました、TSRホンダの世界耐久フル参戦発表会です

すでに何度もお知らせしているように、先々週終わったばかりの世界耐久選手権ですが、来週にせまった「ボルドール24時間耐久」で2016-2017年の新シーズンがスタートします。そして、これも何度もお知らせしているように、日本からもTSRホンダ、それにトリックスターカワサキがフル参戦を表明。きょう9月6日、そのTSRホンダの参戦発表記者会見が行なわれました。
そしてその席上、TSRホンダの総監督・藤井正和さんから爆弾発言があったんです!
「9月17-18日に、もう新しいシーズンが始まります。いろいろとライダーラインアップを進めていたんですが、ついさっき決めたことがありまして……。実は、伊藤真一を連れて行こうかと」
会見場、ザワザワ。司会進行の、TSRホンダの広報Nさんもぽかーん。
ん? ん? イトーさん? 連れて行く? あ、アドバイザーかなんかですね。そりゃ心強い。
「違うよ、走らせるんだ」
えええええええええ! なんすかそれ、いつそんなことを! ちなみにこの瞬間、司会進行のNさん、持っていた荷物をバサッと下に落としてしまいました(笑)。配られたプレスリリースにもそんな記述はなし、Nさんも、ホントに知らなかったんだって。
「TSRの中では、ル マンやボルドール24時間なんて、もう30年も前から話には出てるんです。伊藤と一緒にやっていた時にも、当然。それで、まぁ僕の思いつきで、きょう電話したんですけど、さすが伊藤だね、ちゃんとわかってる。さして驚かれもしなかったね、期は熟した、そんな感じじゃないかな」

日本のチームが最終戦・鈴鹿でチャンピオンに!

ご存知のように、2016年シーズンの開幕戦ル マン24時間耐久に参戦し、いきなり3位表彰台に登るという離れ業を演じてみせたTSRホンダ。3位になったことで、耐久選手権の魅力にすっかり取りつかれてしまったんだ、と藤井総監督。

画像: 闘将 藤井正和 今度は世界耐久参戦、それも伊藤さんを引きずり出す、っていうサプライズをくれましたw

闘将 藤井正和 今度は世界耐久参戦、それも伊藤さんを引きずり出す、っていうサプライズをくれましたw

「オリンピックを見ていてもさ、短距離競技もあれば長距離だってある。われわれTSRはGPや全日本、いわば短距離競技ばっかりやって来たんだ。でも、ヨーロッパの耐久に出てみて、あぁここが我々の理想の地だな、思い描いていた場所だな、って思うようになった。それでフル参戦を決意したんです。もちろん、2017年の最終戦が鈴鹿8耐に決まった、ってことも大きいと思う。耐久選手権の最終戦で、日本のコースで、日本のチームがチャンピオンを獲るーー我々はそこを目指したいんだ」

もちろん、一筋縄でいかないのがレース、しかも耐久。鈴鹿8耐に限って言えば、押しも押されもせぬ名門強豪チームであるTSRも、ヨーロッパに出かけて行ったらただのルーキーチーム。けれど、1991年にWGP日本グランプリに上田昇さんとスポット参戦し、ポールtoウィンを決めて、そのままWGPフル参戦を決めたあの時みたいな気持ちなんだ、と藤井さん。
「我々はバイク一筋。バイクに関することだけ一生懸命やって、こうやってきょう来てくれたメディアの皆さん、サーキットに来てくれるお客さん、それにチームスタッフや関係者のみなさんと感動や喜びを分かち合いたい。そうしたら、その先にいる一般のお客さんもモータースポーツのすばらしさを知ってくれるんだと思う。そのためにTSRはがんばります。世界耐久選手権で、必ずやチャンピオンになってみせます」

画像: 左がホンダモータースポーツ部の山本部長 うっかり発言、ありがとーございます! 右はユーロスポーツの日本側プレスオフィサー担当者さん

左がホンダモータースポーツ部の山本部長 うっかり発言、ありがとーございます! 右はユーロスポーツの日本側プレスオフィサー担当者さん

さらに会見に同席していたホンダモータースポーツ部部長、山本雅史さんからも注目すべき発言!
「今年ホンダは20数年ぶりに鈴鹿8耐の表彰台に上がれませんでした。惨敗です。さらに、耐久選手権の最終戦・オシャースレーベンにも、CBRのエントラントは3チームだけ。こんままじゃイカン、と全社一丸となって考えています。……(意を決したように)御存知の通り、CBRはすでに設計年度が古く、ユーザーチームに不便をお掛けしている。はっきりしたことを申し上げるわけにはいかないんですが……来年の鈴鹿までには!」
ん? 鈴鹿までになんですって?
「いや、ご勘弁下さい(笑)」
ご勘弁下さい、っていうのは、察して下さい、と同義だよね。つまり、2017年の鈴鹿8耐には、新型のCBR1000RR(という車名になるかどうかはわかんないけど)が登場する、ってことです。

2016-2017年の耐久選手権、ばりばりに燃え上がってきました!

画像: 参戦計画です ほら、もう来週には新シーズンが始まるんです! そこにイトーさん出るんです!

参戦計画です ほら、もう来週には新シーズンが始まるんです! そこにイトーさん出るんです!

<写真/文 ナカムラヒロフミ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.