1年に1度だけ行なわれる人気モデル選抜総選挙
それが「ジャパン・バイク・オブ・ザ・イヤー」だ!

車両の排気量や特性によって分けられた9種のカテゴリーに、全モデル横並びで選ばれる「総合」を加えた、全10カテゴリーで人気No.1を決める「ジャパン・バイク・オブ・ザ・イヤー」。
まずは人気モデルの中の人気モデル、「総合」クラスの発表をしていこう! メーカー、排気量を問わず、様々なモデルが集まったクラスだけに、まさに2016年を代表するモデルと言っても過言ではないだろう!

総合クラス第1位はYAMAHA MT-10

画像: 総合クラス第1位はYAMAHA MT-10

ネイキッドの新時代を切り開く
圧倒的パフォーマンスと超個性的スタイル

クラス分けに関係なく、2016年の人気ナンバーワンをシンプルに決めるのが「総合クラス」。昨年はカワサキのニンジャH2、ホンダのRC213V-S、ヤマハのYZF-R1Mがベスト3で、今年も大きな変動はないと思われていたが、何と1位になったのは国内未発売のMT-10。現在最強のスーパースポーツモデルと言われるYZF-R1と、共通のプラットフォームで作られたスーパーネイキッドモデルだ。おそらくは「R1のパフォーマンスを体感してみたいが、現実的な用途を考えればライディングポジションに無理のないネイキッドスタイルのほうがいい」という大人の判断をするユーザーが増えているのだろう。ヨーロッパや北米などでは既に発売が開始されているモデルだけに、国内での正式販売が待ち遠しい。
 

画像1: ネイキッドの新時代を切り開く 圧倒的パフォーマンスと超個性的スタイル
画像2: ネイキッドの新時代を切り開く 圧倒的パフォーマンスと超個性的スタイル
画像3: ネイキッドの新時代を切り開く 圧倒的パフォーマンスと超個性的スタイル

投票者VOICE!
・2016年の大型台風。早く国内販売してほしい!
・ツーリングにも使えるハイスペックマシン? 高価で買えないと思うけど憧れです!
・昆虫系のヘッドライトが、頭から離れないから…。
・同じR1ベースと言っても「FZ1フェーザー」とは、かなり違う仕様に仕上がっていそう。 ぜひ試乗してみたい。R1じゃなくて、こっちでサーキット走行をしてみたい!
・久々に欲しくなったバイク! 宝くじ当たらんかな…。
・なんか強そうだから。
・国産車で欲しいのはコレ! 大型免許持ってないけど。
・リーズナブルな価格、スタイリング、もう2016年はこれしかない。

他のランキングはコチラ↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.