今年はHRCからRCV1000R、CRF450ラリーが登場!

画像: 2014シーズンを闘ったMotoGPマシン、RCV1000R。 ライダーは昨年に続き青山博一選手。

2014シーズンを闘ったMotoGPマシン、RCV1000R。
ライダーは昨年に続き青山博一選手。

長野県小諸市の「チェリーパークライン」で、5月28・29日に開催された
「浅間ヒルクライム2016」。2014年からは公道を封鎖して行なわれている貴重なイベントで、
今年もHRCからMotoGPマシンのRCV1000R、ダカールラリー出場のファクトリーレーサー
CRF450ラリー、RC213V-S、アフリカツインの4台が登場、ギャラリーを沸かせました。

画像: こちらはダカールラリーに参戦したファクトリーレーサーのCRF450ラリー。 日本の道、しかも公道を走るのはもちろん初めて!

こちらはダカールラリーに参戦したファクトリーレーサーのCRF450ラリー。
日本の道、しかも公道を走るのはもちろん初めて!

HRCからは昨年RC213V-Sが、その前年にはRC213Vが登場、舞台となった
長野県小諸市の「チェリーパークライン」を走行していますが、
今年はRCV1000RとRC213V-S、CRF450ラリーとアフリカツインという組み合わせで
「レーサーとそのDNAを継承する市販車」というコンセプトでの参加。
早朝から足を運んでくれた、たくさんのギャラリーを喜ばせていました。
このほかにも、プロトさんがロードホッパーを出走させ、一般参加でも
NSR250RやTZ250などが参加。4輪のスーパーカーたちに負けない
元気な走りっぷりを見せてくれました。

ということで、今回現地観戦できなかった皆様に、
2輪、4輪のレアなマシンたちの走りっぷりをご覧いただきましょう。
浅間ヒルクライムは2017年も5月27・28日に開催予定なので、
ナマで見たい! と思った方は来年、ぜひ足を運んでみてください!
(写真:島村栄二)

浅間ヒルクライム・2輪&4輪走行シーンギャラリー

画像: プロトさんから登場のロードホッパー。低く構えた独特のフォルムが、コーナリング時には いっそう低く見えて迫力満点でした。

プロトさんから登場のロードホッパー。低く構えた独特のフォルムが、コーナリング時には
いっそう低く見えて迫力満点でした。

画像: 昨年に引き続き、RC213V-Sも登場。RCV1000Rとの貴重なランデブーを見せてくれました。

昨年に引き続き、RC213V-Sも登場。RCV1000Rとの貴重なランデブーを見せてくれました。

画像: アフリカツインに乗っているのは、LPL代行として開発に携わった、本田技術研究所の工藤さん。

アフリカツインに乗っているのは、LPL代行として開発に携わった、本田技術研究所の工藤さん。

画像: こちらはTZ250。ワインディングに響く2ストサウンドもまた格別でした。

こちらはTZ250。ワインディングに響く2ストサウンドもまた格別でした。

画像: NSR250R。今見ても、欲しくなってしまう1台です。

NSR250R。今見ても、欲しくなってしまう1台です。

画像: ここからは4輪も少々。ポルシェ935、1978年の「モビー・ディック」仕様です。

ここからは4輪も少々。ポルシェ935、1978年の「モビー・ディック」仕様です。

画像: 総合優勝の栄冠に輝いたアルピーヌA110。実車は非常にコンパクトです。

総合優勝の栄冠に輝いたアルピーヌA110。実車は非常にコンパクトです。

画像: ポルシェ918スパイダー。ハイブリッドで、お値段ウン億円とも言われるマシンです!

ポルシェ918スパイダー。ハイブリッドで、お値段ウン億円とも言われるマシンです!

画像: スーパーカー世代の人にとっては不動の「王様」でしょう! ランボルギーニ・カウンタック。

スーパーカー世代の人にとっては不動の「王様」でしょう! ランボルギーニ・カウンタック。

イベントの詳細は本誌8月号でもご紹介しますので、そちらもお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.