アジア選手権SS600クラスのレース1で初優勝!

この週末は、フランス ル・マンでMotoGPが開催されます。が、タイ・ブリラムのチャーンサーキットで、アジア選手権の第2戦も行なわれています。そしてアジア選手権は、土曜にレース1、日曜にレース2を行なうスケジュールのため、ル・マンでホルヘ・ロレンソがポールポジションを決めたころ、アジア選手権SS600クラスのレース1が終了。このレースで、日本の小山知良 選手(T.Pro Honda NTS)が今季初優勝を挙げました!

画像1: アジア選手権SS600クラスのレース1で初優勝!

今季初優勝どころか、コヤマックスは4年目のアジア選手権挑戦で、初めての優勝! 友人である手島雄介が立ち上げたT.Proホンダからアジア選手権転出、全日本とのダブルエントリーを経て、2015年からはアジア一本に絞っての勝負! その決意がとうとう実を結びました! 勝てそうで勝てなかったコヤマックス、ついに勝ちました!
いま、現地にいるチームスタッフを通じて、喜びの声を拾ってるところです。乞うご期待^^

画像2: アジア選手権SS600クラスのレース1で初優勝!

画像3: アジア選手権SS600クラスのレース1で初優勝!

画像4: アジア選手権SS600クラスのレース1で初優勝!

※写真はアジアロードレース選手権FaceBookより

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.