きょう4月2日土曜は、東京・日本橋で鈴鹿8耐に関するトークショーが行われました。

ん? トークショー? 日本橋? となかなか結び付きませんが、これ実は三重県関連のイベントで、伊勢志摩サミット開催に沸く三重県が、ホームの魅力を紹介しようとモータースポーツにスポットを当て、その素材に夏の風物詩・8時間耐久ロードレースが選ばれたわけです。会場の日本橋・三重テラスっていうのは、まぁ三重県のアンテナショップにイベントスペースを併設している場所でした。

当初は往年の名ドライバー、津々見友彦さんや日高嗣郎さんが4輪レースの歴史を語るイベントだったんですが、ではバイクも、と紹介されたのが、モトマップSサプライから2016年の鈴鹿8耐にエントリー予定の今野由寛。今野は今年、青木宣篤、ジョシュ・ウォータースとトリオを組んでの8耐参戦を発表しています。

とはいえ、会場となった日本橋・三重テラスに来てくれているお客さんは、まぁバイクのことあんまり知らなそうな、いわば超アウエーの中でのトークショー(笑)。今野はバイクレースってなんだ、8耐ってなんだ、何キロ出るんだ、バイク傾けて走って怖くないのか、っていう質問に丁寧に応えて、会場のお客さんたちをほー、って唸らせていました。こういうの、大事だよね。

今年の鈴鹿8耐は7月31日が決勝レース。1日発売の月刊オートバイでは、速報もできない厳しいスケジュールですが、ちょいちょいこちらでもインフォメーション出していきますので、ご注目ください。観戦チケットは、約1か月後、5月8日発売開始予定です!

画像: 今野由寛 選手

今野由寛 選手

画像1: 東京・日本橋で8耐のトークショー??

画像2: 東京・日本橋で8耐のトークショー??

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.