ロングセラーといえばCB750でしょう。残念ながら、諸々の事情により
2007年10月に発売されたモデルで最後になってしまいました。
教習車としてもお馴染みで、まさしくビッグバイクのスタンダードとも
いうべき1台で、生産中止が決定するかしないかくらいから、
再び人気に火が着いたのは記憶に新しいところです。
まぁ、下世話な話ですが
最終モデル周辺は、中古相場でも予想通りの高値推移中ですしね。
というわけで、CB750の試乗記をどうぞ!

画像: 83年デビューのCBX750Fに搭載されたホンダ空冷4気筒750最終ユニットがルーツ。トルク変動の少ない扱いやすさが身上。写真は専用仕様が施された[スペシャル]。

83年デビューのCBX750Fに搭載されたホンダ空冷4気筒750最終ユニットがルーツ。トルク変動の少ない扱いやすさが身上。写真は専用仕様が施された[スペシャル]。

[車種解説]
正立フォークと2本ショックをセットしたコンベンショナルな鋼管製ダブルクレードルフレームに、旧CBX750Fをルーツとする空冷4気筒エンジンを搭載したベーシックスポーツ。際立った特徴はないが、さまざまなシチュエーションをそつなくこなすバランスの良さで根強い人気を集めた。07年に発売された「スペシャル」は、CBXをイメージしたカラーリングを採用。また、立体エンブレムを燃料タンクやテールカウルに使用するなど、専用の仕様となっている。

画像: シンメトリーなデュアルメーターを採用。スピードメーター内の液晶パネルにはオド、ツイントリップを表示。

シンメトリーなデュアルメーターを採用。スピードメーター内の液晶パネルにはオド、ツイントリップを表示。

[インプレッション]
 ベテランライダーの多くから高い評価を得ているCB750。どの回転域からでもアクセル操作に忠実に反応し、思っただけのパワーとエンジンブレーキを取り出せるパワー特性と、クセとかコツとは全く無縁なハンドリングで、常用速度域では圧倒的に乗りやすい。ドラマチックな加速感や強烈なパンチはないが、回転上昇に伴うトルク変動が緩やかなのでフルバンク状態でも早め早めにアクセルが開けられる。ガチガチではなく適度にしなる車体剛性も峠道を含めた公道でのアベレージに合っていて、特に意識しなくても有効なトラクションが生まれて質の高い走りができる。ジムカーナ競技での活躍や、バイク便ライダーにファンが多いのも、デキがいい証拠だ。(太田安治)

画像: <試乗ダイジェスト>HONDA CB750 (2007年モデル)

(写真/盛長幸夫)

■HONDA CB750 諸元
全長×全幅×全高:2155×780×1100mm
ホ イールベース:1495mm
シート高:795mm
装備重量:235kg
エンジ ン形式:空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:747cc
ボア×ストローク:67.0×53.0mm
圧縮 比:9.3
最高出力:75PS/8500rpm
最大トルク:6.5kg-m/7500rpm
燃料供給方式:キャブレター
燃 料タン ク容量:20L
変速機形式:5速リターン
ブレーキ形式 前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ 前・後:120/70ZR17・150/70ZR17
■ 価格:78万7500円、81万9000円(スペシャルモデル)


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.