画像1: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 2日目

「クロスオーバーコンセプト」と呼ばれる
欧州で人気のアドベンチャーモデルの流れを汲んだスタイリングや、
ロングサスペンションが生み出す
余裕のあるゆったりとした乗り心地が評判を呼び、
登場以来、瞬く間に人気モデルとなったNC700X/Type LD。
2日目以降はとにかく走りました。
三郷インターから常磐道を北上し、いわきJCTから磐越道へ。
そして東北道で一路、仙台へ!
【PHOTO:関野 温】

画像2: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 2日目

高速道路を走っていて思ったのが、このウインドスクリーンって
可変式なのかな? ってこと。
もし動くなら、もう少しマウント位置を上げてみたい。
より快適ではないでしょうか。

画像3: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 2日目

見てみると4つのボルトで固定されていて、スライドはできない。
スクリーンを完全に一度取り外してから、
黒いステーをずらします。

画像: ↑穴の位置をよく見てくださいね、標準位置です。

↑穴の位置をよく見てくださいね、標準位置です。

画像: ↑スクリーンをUPにする位置。

↑スクリーンをUPにする位置。

画像4: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 2日目

アップ位置になりました。
高速道路、あるいは雨天の中を走るならこのポジションがいいです。

画像5: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 2日目

さぁ、仙台松島まで走り倒してしまいました。
ここまでの距離は380kmくらい。
途中、サービスエリアで1回だけ給油しましたが、
燃費を計算してみると、28km/L。
燃料タンクの容量は14Lですから
28×14=392km
航続距離はおよそ390km。
途中、燃料計が「E」(エンプティ)を示して、ピコピコするでしょうが、
なんと都内から仙台松島まで、
満タンでイッキ走りができるんですね、計算上では。

画像6: <1週間インプレッション>HONDA NC700X/Type LD 2日目

なかなか頼もしいヤツです。
都内から4時間くらいでしょうか、
まだまだ疲れはそれほどでもありません。
【レポート:青木タカオ】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.