すでに海外のサイトでは話題になってはいましたが
ヤマハファクトリーレーシングの今年の鈴鹿8耐メンバー
ついに発表されました!
ホントに来るんだ、現役MotoGPライダーが!
ポル・エスパルガロ and ブラッドリ・スミス!

画像: ふたりのMotoGPライダーとタッグを組むのは、日本のエース中須賀克行!

ふたりのMotoGPライダーとタッグを組むのは、日本のエース中須賀克行!

ここまで、鈴鹿8耐参加メンバーで正式発表されたのは
元MotoGPチャンピオン、ケーシー・ストーナー!
ハルクプロホンダより、高橋巧&マイケル・Vd・マークと組みますが
その後も海外のメディアでは、やれバレンティーノだとかマルクだとか
夢のような「予想記事」が発信されていました。
でも、さすがにロッシやマルケスの参戦はなく
それでもGPライダーの間では、今けっこう鈴鹿8耐が話題になってるみたいです。
その理由が、2014年大会に「チームカガヤマ」から参戦したドミニク・エガーター!
ドミニクがいちMoto2ライダーから、一気にワールドクラスになっただけでなく
ライディングに関しても、スーパーバイクを経験したことでスキルも上がり
一気にドミニクが各ファクトリーチーム注目の的となったからです。
気の早いライダーは、昨年の8耐明けすぐに
パドックの日本人関係者に「スズカはどうやったら出られる?」と
せっついてきたそうなんです。うれしいねぇ!

画像1: <鈴鹿8耐>ヤマハファクトリー決定! 大物続々!

画像2: <鈴鹿8耐>ヤマハファクトリー決定! 大物続々!

画像3: <鈴鹿8耐>ヤマハファクトリー決定! 大物続々!

画像: ※追記 ポル・エスパルガロのツイッターより 「Muy Contento y orgulloso de formar parte de la historia de Yamaha y correr juntos las 8 Horas de Suzuka! Siii!! 」 ざっくり翻訳するとですね=ハイ、鈴鹿8時間に出られることになって、ヤマハの歴史の 一部になれることを誇りに思います!うれしい!

※追記 ポル・エスパルガロのツイッターより
「Muy Contento y orgulloso de formar parte de la historia de Yamaha y correr juntos
las 8 Horas de Suzuka! Siii!! 」
ざっくり翻訳するとですね=ハイ、鈴鹿8時間に出られることになって、ヤマハの歴史の
一部になれることを誇りに思います!うれしい!

その延長ではないんですが、ポル&ブラッドリも鈴鹿8耐に興味津々。
ヤマハも、春先のモーターサイクルショーで
「ヤマハファクトリーレーシング」で参戦することを明言しましたので
ここがガッチリ結びついた、というわけです。
今年はヤマハの世界GP参戦60周年記念イヤーだし、ニューR1デビュー年。
そこで、このビッグプロジェクトが進んだんだろうと思います。
そうそう、山口辰也の「TOHOレーシングMORIWAKI」からも
初代Moto2チャンピオン、トニ・エリアスの参戦も発表されました。
ここからは「あくまでウワサ」のお話。
ホンマでっか、の気持ちで見てね(笑)
名前は伏せますが、ポルのお兄ちゃんも現役MotoGPライダーで
今のチームメイトと「オレらも出てみたいよなぁ」なんて話になって
そのチーム、ファクトリーに話をしたところ
このふたり、チームにとってもマシンにとってもチョー大事な時期なので
とりあえず今年は見送る、となったようです。
もうひとつ、いまWSBKでチャンピオン街道を驀進しているメーカーも
昨年までは違うマシンで8耐の常連だったライダーが候補に挙がりつつ
「ちょっと待て、キミ今ワールドチャノピオン目前なんやから!」と説得され
そのチームメイトが鈴鹿初参戦を果たすんじゃないか、とかなんとか…。
あとは、今シーズン、全日本に外国人を走らせているチームが
そのパートナーにMotoGP(またはMoto2)ライダーを連れてくる、と。
そこに、昨年は違うマシンで鈴鹿を走った彼が入るのか、とかナントカ。
ストーナー参戦決定から、ザワザワしている鈴鹿8耐ですが
そんなに今年の大会は楽しみなのです!
チケットはすでに発売中!
http://www.suzukacircuit.jp/8tai/ticket/
さらに、BSトゥエルビが、今年も完全ナマ中継してくれます!
http://www.twellv.co.jp/event/8tai/
さぁ、バレンティーノの鈴鹿8耐、いつかホントに実現するのかなー!

<文責…あくまでウワサですからね ナカムラヒロフミ>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.