ほぼ全チームが1回目のピットストップを終え
レース開始1時間を過ぎたころ、なんと大事件!
なんと高橋巧からバトンを受けたケーシー・ストーナーが
ヘアピン進入、110Rでフロントをダートに落とし
大転倒を喫してしまいました!
マシンも大破、ケーシーもおそらくけがをしたようで
残念ながらハルクプロの3連覇は夢と消えてしまいました。
レースは2時間を経過しつつ、ヤマハファクトリーがトップに立ちました!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.