雲ひとつない晴天に恵まれたトライアル世界選手権
日本グランプリの2日目。
2日目となった今日も、会場であるツインリンクもてぎに
たくさんのトライアルファンが詰めかけました。
(本日の来場者数は、おおよそ9000人ほどだったそうです)
さて、さっそく今日も気になる結果からお伝えしましょう。

画像: 1日目に続き、2日目もアダム・ラガ選手が優勝を果たした。

1日目に続き、2日目もアダム・ラガ選手が優勝を果たした。

2日目を制したのは、1日目に続いてアダム・ラガ選手(ガスガス)!
日本グランプリでの2日間連続優勝は、2008年か2009年の
トニー・ボウ選手以来と、かなり久しぶりのことだったとか。
(年代があやふやですみません、いま帰りのクルマの中で書いてるんです)
そして2位を獲得したのも、
昨日と同様にトニー・ボウ選手(レプソル・ホンダ・チーム)。
3位はアルベルト・カベスタニー選手(シェルコ・ファクトリー)で、
表彰台を、スペイン人ライダーが独占した結果になりました。

画像: 2日目もアツかった、トライアル世界戦(齋藤ハルコ)

我らが藤波貴久選手は、惜しくも表彰台に届かず、4位。
傷めている足が思わしくないようで、
今日も痛み止めを投与しての出場だったようです。
それでも、気迫満点の走りで表彰台争いを繰り広げ、
ファンの皆さんも、大きな声援を送りながらその姿を見つめていました。

画像: 第12セクションにアタックする藤波選手。

第12セクションにアタックする藤波選手。

それにしても、トライアルってかなり飛んだり刎ねたりする競技です。
傷めているヒザへの衝撃たるや、かなりのものだと思うのですが、
それでもこうした走りを見せてくれるのですから、
一体どれだけの精神力の強さを持っているんだろう…と圧倒されてしまいます。
トニー・ボウ選手は肋骨を傷めているというのに2位獲得だし、
トライアル・ライダーって、どんだけ強靱なんでしょうねぇ…(しみじみ)。

画像: 走行の合間を使い、患部にスプレーするT・ボウ選手。 こんなシーンが1日中見受けられました。

走行の合間を使い、患部にスプレーするT・ボウ選手。
こんなシーンが1日中見受けられました。

ところで、トライアル世界戦は決勝が2日間行われるわけですが、
同じコースばかりで選手が慣れてしまわないように(だと思う、多分。
違ってたら、ご遠慮なくご指摘ください。むしろ、教えてください)
コース設定が何カ所か変更されます。
つまり、日によって選手にとっての難所が変わり、
観客にとっては見どころが変わるわけです。
それに、今日見ていて感じたことがひとつ。
トライアルって、難しいポイントは足を着いたり、
ストップしてしまったりで減点されるので、
トライアル初心者にも「どこが難しいのか」が理解しやすいんです。
そんな分かりやすさも、トライアルを見る楽しさに直結してるなぁ、と感じました。
だからこそ、難しいセクションを前にした選手に対しては、
自然と「行け!」とか「頑張れ!」って声が出るし、
見事クリアした姿に「おーーー!!」と歓声が出たり、
力一杯、拍手をして称えたくなるのだと思います。
その他にも、2日間の観戦を通じて感じたことは沢山あったので、
それはまた近いうちに、ごく個人的観戦記として書かせていただきますね。
とにかく、素晴らしい走りを見せて下さった選手の皆さん、
そして、会場で応援されていた皆さん、お疲れ様でした!
あー、格好良かったなぁ〜。
(文/齋藤ハルコ 撮影/福助)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.