今や国家公認、世界に冠たるマンガ大国であるわが国では、雑誌、単行本、同人誌からWeb上までのさまざまなメディアを通じて、膨大な量のマンガ作品が日々発表されてるワケです。
その中で、オートバイをメインテーマに据えた作品というのは、全体の中で見れば非常に少ないわけですよ。しかし、描いている作品のテーマが直接オートバイに関係なくても、作者自身がオートバイ好きで、それが作品上に現れてるケースが結構あるようで。
ということで、私が独断で選んだ“オートバイ愛溢れる(と思われる)非オートバイテーマ作品”を
紹介してみましょう。手元にある本の中で探しただけでもいくつかあったんですが、まずは木村紺さんの「神戸在住」(講談社アフタヌーンKC 全10巻)。

画像1: 【COMIC】そこにバイク愛を感じるかは読み手次第…

これは、東京から神戸にやってきて大学に入った主人公・辰木桂(女子ね)の日常を、
淡々としたエッセイ的な語り口で描く…という作品。
とかいうと、もうオートバイが入り込む余地はありませんね。しかし、たまに描かれるバイクやスクーターがえらくキッチリ描かれてる。主人公の弟が乗ってるのがZZR250で、大学の先輩のスクーターが初代ビーノの「ハローキティ・バージョン」だ、なんてのは序の口。
背景としてハンドル周りがチラっと描かれてるだけのスクーターでも、よくよく見ると「あ、これジョーカーだ」と判別できたり、NSRアッパーカウルを装備したモンキーRがしれっと描かれてたり。
背景の資料写真にたまたま居たというレベルじゃないよ、これは確信犯でしょう。

画像2: 【COMIC】そこにバイク愛を感じるかは読み手次第…

あと、自転車(屋)マンガなんだけど、
けっこう頻繁にオートバイが出てきてストーリーに絡んでくる
宮尾岳さんの「アオバ自転車店」(少年画報社ヤングキングコミックス
ヤングキング/ヤングキングアワーズ連載中)とか。

画像3: 【COMIC】そこにバイク愛を感じるかは読み手次第…

なんとも独特な絵柄とキャラクター、大阪弁のセリフがクセになる
「誰も寝てはならぬ」(講談社ワイドKCモーニング 週刊モーニング連載中)
を描いているサラ・イネスさんは、旧作の「大阪豆ゴハン」(講談社漫画文庫 全6巻)や
「水玉生活」(講談社漫画文庫 全1巻)もバイク濃度は通常レベルよりかなり高め。
各作品、あくまで、私がそう思ってるだけなんですけど。
そういう作品を自分で探して、アレコレ考えるのも楽しいもんです。

神戸在住(1) (アフタヌーンKC)
木村 紺
講談社
売り上げランキング: 28,653
アオバ自転車店 01 (ヤングキングコミックス)
宮尾 岳
少年画報社
売り上げランキング: 180,673
誰も寝てはならぬ(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2014-03-20)
売り上げランキング: 94,858
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.