GP観戦日記の2回目、
今回はちょっとした旅のアクシデントをお届け。

画像1: <カタルニアGP観戦日記・斉藤のん編> 情熱と食あたりのスペイン(その2)

スペインの空港内のお店では、
ちょっとだけMotoGP関係のグッズがありましたよ〜♪
フェイスマスクです。

で、今回の大きなアクシデントと言えば…
酔っぱらった福助さんが、バルセロナ・マラソンの中、先陣を切って横断中、
転んでケガしてバスに引かれそうになったとか…(両腕を負傷)

画像: この明るさで、夜9時くらい。 ものすごいランナーの数で、地元の方もランナーの隙間を縫って 上手に横断していました。

この明るさで、夜9時くらい。
ものすごいランナーの数で、地元の方もランナーの隙間を縫って
上手に横断していました。

食あたりで私がダウンしてモンテッサ・ホンダ様の救急室に
緊急ピットイン!(…寝てるワケではありません…)
※写真は治療して頂いた後、ホテルまで送り返されているときの模様。

画像2: <カタルニアGP観戦日記・斉藤のん編> 情熱と食あたりのスペイン(その2)

したことでしょうか…(><)
そんな分かりやすいトラブルも発生した珍道中でしたが、
まずはまだ元気な前半戦。
日本(羽田)からの10時間超の長〜いフライトから乗り換えの
シャルル・ド・ゴール空港(フランス)で。早速フラッグをオープン! 
「フランスでフラッグって、これ何の写真なの?」と
言いながら、撮影係の福助さんがパシャリ。

画像: せっかく買ったしね。

せっかく買ったしね。

そしてエールフランスの窓の外には…
見えてきましたよ〜 スペイン!

画像3: <カタルニアGP観戦日記・斉藤のん編> 情熱と食あたりのスペイン(その2)

そして、バルセロナ・エル・プラット国際空港に到着。
「映画はハズレだったし、スペインは遠いよね〜」
と言いながらも降り立って一安心する福助隊長。

画像4: <カタルニアGP観戦日記・斉藤のん編> 情熱と食あたりのスペイン(その2)

バルセロナ市内ではマルケス選手がお出迎え。
スペイン語がさっぱりわからない感じがご当地感を感じさせます。

画像5: <カタルニアGP観戦日記・斉藤のん編> 情熱と食あたりのスペイン(その2)

バルセロナの街中は本当にGP感がなくてビックリ! 
上の写真ぐらいでポスターも何もないんです。
以前バレンシアGPに行った時は
バス停にもポスターが貼ってあったりしたんですけどね〜

画像: (昔のマドリード市内の写真です、これはタバコの広告ですけど)

(昔のマドリード市内の写真です、これはタバコの広告ですけど)

せっかくなのでサグラダファミリアは見ておこうということで、
見にいったんですが、もちろんGP感がないのでセルフで演出しました(笑)

画像6: <カタルニアGP観戦日記・斉藤のん編> 情熱と食あたりのスペイン(その2)

そしてスペインの伝統菓子「チュロス」を
濃厚チョコにつけながら食べた後は、
いよいよカタロニアサーキットへと向かいました。

画像: 「すんげー高カロリーだな」と笑うしかない男性陣。

「すんげー高カロリーだな」と笑うしかない男性陣。

つづく。
(のん)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.