ワークスマシンRC213Vでも使用! 税込価格は2万4300円!

1982年の創設以来、長年に渡ってホンダのワークス活動を展開しているHRCが、レースに参加者や一般ライダーからのリクエストを受けてリリースするのが「HRC RACING GEAR」ブランドのアイテム。何より本物志向のユーザー心理を、ビンビンに刺激する商品なんです。

2016年の夏にブランド第1弾として「レーシングメンテナンスマット」が発売され、これもかなりの人気商品となっていたわけですが、今回発売されるのは屋内専用の「レーシングマシンカバー」。2017年シーズンのMotoGPチャンピオンマシンである「HONDA RC213V」にも使用されていたアイテムです。

ワークス同様のHRCオフィシャルデザインが採用されているのもポイントで、機能の面でもカバー表地には撥水加工を、裏地には耐熱性(約200℃)がほどこされており、素材はシワがつきにくいポリエステル100%。

車種や装備によって装着できない場合もありますが、サイズは全長1850mm×全高1100mm×全幅550mで、装着推奨モデルはホンダのCBR1000RR、CBR600RR、CBR400R、CBR250RR、CBR250R(2017年モデル)。

バイクカバーとしてはやや高額、HRCの本物のレーシング用品としては激安とも言える価格ですが、レースファンやホンダのスーパースポーツモデルに乗るユーザーにとっては見逃せない商品でしょう。発売開始は2017年12月7日となっています!

画像1: CBR250RRレースコンプリート車両

CBR250RRレースコンプリート車両

画像1: CBR250RRレースコンプリート車両(装着時)

CBR250RRレースコンプリート車両(装着時)

画像2: CBR250RRレースコンプリート車両

CBR250RRレースコンプリート車両

画像2: CBR250RRレースコンプリート車両(装着時)

CBR250RRレースコンプリート車両(装着時)

画像3: CBR250RRレースコンプリート車両

CBR250RRレースコンプリート車両

画像3: CBR250RRレースコンプリート車両(装着時)

CBR250RRレースコンプリート車両(装着時)

市販車にもフィット!

画像: HONDA CBR250RR

HONDA CBR250RR

画像: HONDA CBR250RR(装着時)

HONDA CBR250RR(装着時)

画像: HONDA CBR1000RR SP

HONDA CBR1000RR SP

画像: HONDA CBR1000RR SP(装着時)

HONDA CBR1000RR SP(装着時)

画像: HONDA RC213V-S SPORTS KIT 装着車両(カラーはイメージ)

HONDA RC213V-S SPORTS KIT 装着車両(カラーはイメージ)

画像: HONDA RC213V-S SPORTS KIT 装着車両(装着時)

HONDA RC213V-S SPORTS KIT 装着車両(装着時)

画像: HRCワークスRC213Vでの使用例!  市販品にはゼッケンナンバーは入らないので、ご注意を。

HRCワークスRC213Vでの使用例! 市販品にはゼッケンナンバーは入らないので、ご注意を。

しかも、オリジナル収納袋が付属!

カバーを収納するための、オリジナルバッグが付属しているのも嬉しいポイント。このバッグだけでも販売して欲しいくらいです。

画像: しかも、オリジナル収納袋が付属!

「HRC RACING GEAR」の第1弾はレーシングメンテナンスマットでした!

2016年7月27日に販売が開始されたメンテナンスマット。販売開始直後は、かなりの品薄になるなど、人気となった商品で、税込価格は2万1600円となっています。

画像1: 「HRC RACING GEAR」の第1弾はレーシングメンテナンスマットでした!
画像2: 「HRC RACING GEAR」の第1弾はレーシングメンテナンスマットでした!
画像3: 「HRC RACING GEAR」の第1弾はレーシングメンテナンスマットでした!

購入はHRCサービスショップで!

This article is a sponsored article by
''.