サーキット走行を手軽に始めて楽しんでみよう!

サーキットを走ってみたいけど、経験も装具も無い。そんなライダーはブリヂストンのイベント「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」がお勧め。初心者クラスならレザースーツは不要だし、先導付きだから速く走れなくても不安はない。サーキット走行の最初の一歩としても、お勧めできるイベントなんです! 2017年の初回、袖ヶ浦フォレストレースウェイは、ほとんどのクラスが早い段階で定員に達したほどの人気ぶりでした!

画像: サーキット走行を手軽に始めて楽しんでみよう!

バトラックス ファン&ライド ミーティングは初心者大歓迎!

サーキット走行が楽しいとは言っても、実際の走行までには準備することも多いし、お金もかかる。周囲に経験者がいなければ、分からないことだらけだ。そんな壁にぶつかり、サーキット走行をためらっている方にオススメしたいのが、「バトラックス ファン&ライド ミーティング」。

初心者クラスなら通常のライディングウエアで参加が可能だし、肘、膝のレンタルプロテクターもある。レーシングコースの走行前には各種レッスンもあるので、運転の不安も解消できる。

そこで、今回はサーキット走行初チャレンジのモデル・朱香が初心者クラスの「レディース」にホンダCB400スーパーボルドールで参加。参加受付の前こそ緊張気味だったものの、そのあとは案内に従って車検、講習、走行という流れでイベントを楽しんでいた。中でもコース走行前のレッスンは緊張した身体をほぐすのにも効果的だったようで、パイロン走行やブレーキ練習も楽しめた様子。いつかはサーキット走行してみたい、そんなライダーなら要チェックです。

ちなみに、このイベントはブリヂストン製タイヤでの参加なら料金的にお得な設定となっている。(それ以外のタイヤでも参加は可能)

画像: 初心者クラスはコース走行前にレッスンを実施。サーキット走行経験者が対象の初級、中級クラスはいきなりコース走行からスタート!

初心者クラスはコース走行前にレッスンを実施。サーキット走行経験者が対象の初級、中級クラスはいきなりコース走行からスタート!

画像: こちらは任意だが、タイヤのプロによる空気圧と状態のチェックも受けられる。コース走行なので、ちょっとだけ内圧を落として調整完了。

こちらは任意だが、タイヤのプロによる空気圧と状態のチェックも受けられる。コース走行なので、ちょっとだけ内圧を落として調整完了。

「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」参加の流れ

画像: 【受付】 サーキットに到着したら、まずは受付へ。ここで当日のゼッケンや、参加の記念品、お弁当引換券、スポーツドリンク引換券を手渡される。

【受付】
サーキットに到着したら、まずは受付へ。ここで当日のゼッケンや、参加の記念品、お弁当引換券、スポーツドリンク引換券を手渡される。

画像: 【車検】 車両状態に不具合が無いかを点検。このときに転倒時のレンズ類や、ミラーなどの飛散防止用にテープが貼り付けられているかも確認。

【車検】
車両状態に不具合が無いかを点検。このときに転倒時のレンズ類や、ミラーなどの飛散防止用にテープが貼り付けられているかも確認。

画像: 【講習】 コースのレイアウトや、フラッグの種類など、走行にあたっての基礎知識はこの段階で教わる。そのため、初めての参加でも安心なのだ。

【講習】
コースのレイアウトや、フラッグの種類など、走行にあたっての基礎知識はこの段階で教わる。そのため、初めての参加でも安心なのだ。

画像: 【走行】 その後は、走行と休憩の繰り返しとなるが、必要に応じてクラスごとに追加のレクチャーも行なわれ、より具体的なアドバイスが送られる。

【走行】
その後は、走行と休憩の繰り返しとなるが、必要に応じてクラスごとに追加のレクチャーも行なわれ、より具体的なアドバイスが送られる。

初心者でも安心の走行プログラム

「初心者クラス」はメンズとレディースに分類されているが、基本的なプログラムは共通。この日は「サーキット走行の基本を習得する」をテーマに、20分×3本(フル先導付き)+特設スペースでの講習が行なわれた。

画像: 特設スペースでの講習は、パイロンスラロームとブレーキ操作がメイン。無理せず、段階的にスキルアップ!

特設スペースでの講習は、パイロンスラロームとブレーキ操作がメイン。無理せず、段階的にスキルアップ!

画像: 初心者クラスのインストラクターは、女性ライダーの指導などで定評のある「チームマリ」のメンバーが担当。とにかく教え方が優しいです!

初心者クラスのインストラクターは、女性ライダーの指導などで定評のある「チームマリ」のメンバーが担当。とにかく教え方が優しいです!

走行以外にも、会場内には楽しみがいっぱい!

会場内には様々なメーカーの展示ブースも用意されており、走行の合間も楽しめてしまう。イベント会場は、一日たっぷりバイク漬けになれる空間なのだ。もちろん休憩スペースも多数用意されている。

画像: クシタニブースではレザースーツのほか、ライディングウエアの展示も行なわれ、試着もできるようになっていた。

クシタニブースではレザースーツのほか、ライディングウエアの展示も行なわれ、試着もできるようになっていた。

画像: 山城ブースではライディングブーツを展示。こちらも試着可だったので、早速チェック。

山城ブースではライディングブーツを展示。こちらも試着可だったので、早速チェック。

画像: イベントには豪華ゲストも登場。右は全日本ロードレースで活躍する中須賀克行選手、左は宮城 光氏。2人は先導走行にも参加。

イベントには豪華ゲストも登場。右は全日本ロードレースで活躍する中須賀克行選手、左は宮城 光氏。2人は先導走行にも参加。

年内開催は残り2回! BATTLAX FUN & RIDE MEETING 2017

初心者歓迎のミーティングは、全3回の開催予定で、残すところはあと2回。予定を合わせて、今年こそサーキットデビューだ! 参加費用の学割もあるよ‼

■8月19日(土)筑波サーキット(コース1000)
2017年6月19日より申し込み開始
参加費用(税込):1万5000円〜1万9500 円(タイヤ、クラスによる)

■9月23日(土)富士スピードウェイ(ショートコース+特設コース)
2017年7月23日より申し込み開始
参加費用(税込):1万5000円〜1万8000円(タイヤ、クラスによる)

画像: 年内開催は残り2回! BATTLAX FUN & RIDE MEETING 2017

上級者は「BATTLAX PRO SHOP走行会 2017」へ
「PRO SHOP 走行会」と呼ばれる走行会も定期的に開催されており、より速く、より上手くなりたいライダーは、こちらの走行会がお勧め。申し込みは全国のPRO SHOPでできるゾ! 下記Webページも要チェック‼

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.