250TRの次に多く搭乗し、ハンドル中央に対戦車ライフルを装備したドゥカティ750スポルトも印象的なオートバイのひとつだ。

画像: DUCATI 750SPORT 車両協力/山岡 豊

DUCATI 750SPORT 車両協力/山岡 豊

1971年に市販されたドゥカティ初の量産Lツインスポーツ・750GTをべースに、さらにスポーツ性を高めたモデルとして1972年に姿を現したのが750Sだ。オーソドックスなGTのスタイルを、シングルシートなどでカフェレーサー的にアレンジ。それだけでなく、空冷Lツインデスモエンジンも圧縮比アップなどの改良を施され、GTの60PSから64PSにまで最高出力が向上され、よりスポーティな走りが可能になった。この750Sもユキが作中で対戦車ライフルを搭載するなど多く使用したマシン。ハンドルはアップになり、シートに関してはオリジナルと異なる背もたれ付きのものに変更されている。

《INDEX》
●「THE ART GALLERY」
~カラー生原画で愉しむ あの名シーンが蘇る!~
●「ワイルド メンバーズ」
~ヒーロー&ヒロインの特技&特徴を徹底解説~
●「ワイルド対談 完全ノーカットバージョン」
~望月三起也 × 東本昌平~
●「MACHINES of WILD」
~飛葉CBからユキのドゥカティまで~
●「GUNS of WILD」
~ウッズマン、パイソン、重機関銃を網羅~
●「CARS of WILD」
~メンバー&悪党の4輪カタログ実車版~
●「家族が語る望月三起也」
~アトリエで聞く先生の想い出~
●「悪党図鑑」
~最凶&最悪のワースト7決定!~
●「殉職のワイルド」
~鮮烈な印象を残した隊員たちの最期の瞬間~
●「植物園の決闘」
~伝説のエピソードをカラー生原稿で!~
———————
望月三起也先生の「ワイルド7」。
人生の美学、仲間と友情、粋と艶、逆境と逆襲、ガン&マシン、スピード&スリル、クール&ホット、そして、男の死に様。その全てを描き切った、永遠不滅のマスターピース。

お陰さまで好評発売中!「ワイルド7」ファンブック

ワイルド7 ファンブック (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2017-05-31)
売り上げランキング: 151
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.