愛称は「サンパチ」。ライバルとは一線を画すおおらかなキャラ

初のナナハンであるGT750を旗艦モデルに、スズキは1970年代に2ストローク3気筒のGTシリーズのフルラインアップ化を企画。水冷のGT750に1年遅れて、1972年に空冷のGT550とともにリリースされたのが、3気筒モデルの最小排気量であるGT380だ。

ラインアップの展開としては、当時カワサキのSS(H)シリーズというライバルが存在したが、スズキのGT3気筒シリーズはスポーツバイクを基本にしつつもいたずらに限界性能を追求することなく、ツーリングにも適している穏やかなキャラクターが与えられているのが特徴だった。GT550とともに、GT380にも採用されたラムエアーシステムは、スズキのGPマシンのTR500で最初に試されたメカだ。熱のこもりやすいシリンダーヘッド周辺を、冷却風を積極的に導入して冷やすのが、その採用の目的だった。

「CCI」と名付けられた分離給油システムなどの影響もあり、2ストローク特有のエキゾーストからの白煙も少なく、負圧式コックを採用することでキャブレターのオーバーフローなどのトラブルも少なかったGT380は、ジェントルな2ストローク3気筒として、国内外のファンに愛されたのである。

画像1: 愛称は「サンパチ」。ライバルとは一線を画すおおらかなキャラ
画像2: 愛称は「サンパチ」。ライバルとは一線を画すおおらかなキャラ

DETAIL

画像: 1974年型B-3では、シリンダーヘッド上のラムエアーのカバーのデザインが変更されている。

1974年型B-3では、シリンダーヘッド上のラムエアーのカバーのデザインが変更されている。

画像: GT380のB-2〜B-5前期モデルは、ギアポジションインジケーターがメーターまわりに追加された。そのほかのインジケーターは、上部メーターカバー側に移設されている。

GT380のB-2〜B-5前期モデルは、ギアポジションインジケーターがメーターまわりに追加された。そのほかのインジケーターは、上部メーターカバー側に移設されている。

画像: 1974年型B-3では、それまで採用されていたフロントフォークのブーツが廃止されることになる。シングルのフロントディスクブレーキの有効径は224㎜だった。

1974年型B-3では、それまで採用されていたフロントフォークのブーツが廃止されることになる。シングルのフロントディスクブレーキの有効径は224㎜だった。

画像: リアのドラム式ブレーキは、有効径180㎜。なおGT380は最終型(1978年)B-7まで、フロントに1.60x19、リアに1.85x18のリムサイズを採用していた。

リアのドラム式ブレーキは、有効径180㎜。なおGT380は最終型(1978年)B-7まで、フロントに1.60x19、リアに1.85x18のリムサイズを採用していた。

SPECIFICATIONS
エンジン型式 空冷2ストローク・ピストンバルブ並列3気筒
総排気量 371㏄
内径╳行程 53.0╳52.3㎜
圧縮比 7.3
最高出力 38PS/7500rpm
最大トルク 3.8㎏-m/6500rpm
燃料供給方式 キャブレター[VM24]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2090㎜
全幅 815㎜
全高 1125㎜
軸間距離 1380㎜
車両重量 183㎏
キャスター/トレール 28°/109㎜
燃料タンク容量 15L
タイヤサイズ(前) 3.00-19
タイヤサイズ(後) 3.50-18
当時価格 24万5000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.