フレディ・スペンサーが駆ったGPレーサー、NS500レプリカ

400㏄を超える大排気量2ストスポーツは70年代も半ばになると排気ガス規制などの影響で姿を消した。しかし水冷化や排気デバイスなどで2ストが復権した80年代、折からのレプリカブームの盛り上がりと共に当時世界GPの最高峰で2ストが主流だったGP500マシンのレプリカを求める声が高まり、1984年にはスズキRG400/500Γ、ヤマハRZV500Rが相次いで登場。

これらに追随するように1985年、ホンダもNS400Rをリリースした。もちろんそのモチーフは、1983年にフレディ・スペンサーの手で世界チャンピオンを獲得したNS500。直接的なルーツは、1983年に登場したホンダ初の2スト250スポーツのMVX250Fを基礎に開発されたものの市販化が見送られたMVX400Fで、これにNS500や1984年に登場した2スト250レプリカ・NS250R/Fのノウハウを取り入れて誕生。さらにGPレーサーイメージを高めるロスマンズカラーのモデルも用意され、多くのライダーの憧れの存在となった。

しかしΓ、RZVといったライバルたちと同じく後継モデルが開発されることはなく、短く儚い歴史の幕を閉じることになった。

画像: フレディ・スペンサーが駆ったGPレーサー、NS500レプリカ

DETAIL

画像: MVX400Fから発展した水冷V3エンジン。GPマシン・NS500は前方に1気筒、後方に2気筒という配置だが、NS400Rは逆に前方に2気筒、後方に1気筒となっているのが大きな相違点。

MVX400Fから発展した水冷V3エンジン。GPマシン・NS500は前方に1気筒、後方に2気筒という配置だが、NS400Rは逆に前方に2気筒、後方に1気筒となっているのが大きな相違点。

画像: ブレーキトルク応答型アンチダイブ機構・TRACを装備したフロントフォーク。フロントホイールサイズは16インチで、いわゆるNSコムスターホイールを装着している。

ブレーキトルク応答型アンチダイブ機構・TRACを装備したフロントフォーク。フロントホイールサイズは16インチで、いわゆるNSコムスターホイールを装着している。

画像: 左からスピードメーター、タコメーター、水温計が並ぶNS400Rのメーターパネル。機能優先、優れた視認性を重視したシンプルなデザイン。スイッチ類も操作しやすいレイアウト。

左からスピードメーター、タコメーター、水温計が並ぶNS400Rのメーターパネル。機能優先、優れた視認性を重視したシンプルなデザイン。スイッチ類も操作しやすいレイアウト。

画像: ブレーキシステムはフロントはダブル、リアはシングルのトリプルディスクブレーキ。リアサスはプリロードアジャスター付きのプロリンクサスペンションだ。

ブレーキシステムはフロントはダブル、リアはシングルのトリプルディスクブレーキ。リアサスはプリロードアジャスター付きのプロリンクサスペンションだ。

画像: DETAIL

SPECIFICATIONS
エンジン型式 水冷2ストローク・ピストンリードバルブV型3気筒
総排気量 387㏄
内径╳行程 57.0╳50.6㎜
圧縮比 6.7
最高出力 59PS/8500rpm
最大トルク 5.1㎏-m/8000rpm
燃料供給方式 キャブレター[TA09]
変速機型式 常時噛み合い式6速リターン
全長 2025㎜
全幅 720㎜
全高 1125㎜
軸間距離 1385㎜
車両重量 183㎏
キャスター/トレール 27°05′/100㎜
燃料タンク容量 22L
タイヤサイズ(前) 100/90-16
タイヤサイズ(後) 110/90-17
当時価格 62万9000円

懐かしの400特集は「RIDE」に収録!

オートバイ 2017年 3月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-02-01)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.