インド生まれのユニークなフルカウルスポーツ!

昨年9月号で紹介したパルサーNS200は、軽二輪には珍しいストリートファイター風スタイルと1クラス上の快適性が魅力だが、そのNSと共通のプラットフォームを使ってスポーツツアラー的なキャラクターに仕上げたのがRS200。開発・製造は東南アジア有数の二輪メーカーであるインドのバジャジ社によるもので、インド本国はもちろん、ヨーロッパをはじめとする世界各国に輸出されて好評を博している。

画像: インド生まれのユニークなフルカウルスポーツ!

250スポーツなみの存在感と走りで価格はリーズナブル

とにかく目を惹くのが、他のどんなオートバイにも似ていないルックス。プロジェクターヘッドライトとLEDポジションライトを組み合わせたフロントフェイスと、複雑な面構成のフルカウル外装の組み合わせが実に精悍で、ミドルクラスのスーパースポーツモデルと見間違えそうな存在感、高級感を漂わせている。

エンジンは水冷SOHC4バルブ単気筒で、スロットル開度、エンジン回転、エンジン温度の状態に合わせて3本ある点火プラグのスパークをコントロールするという独自のメカニズムを採用。点火状態の変化は体感できないが、始動性も低中回転域でのレスポンスもいいし、高回転域でもSOHCの単気筒とは思えないほど軽やかに回る。特に中回転域では250㏄単気筒エンジン車との差を感じないほど力強いから、市街地でのタンデム走行も苦にならない。

今回は富士スピードウェイのフルコースでも試走したが、NSより1馬力以上アップしたエンジンパワーとフルカウルの空力特性により、速度の伸びは上々。リミッターが作動する1万1000回転での最高速はメーター読みで154㎞/h、実測約140㎞/hで、キャラクター的には充分な動力性能。高速コーナーと長いストレートが特徴のFSWでも、8000回転あたりから11000回転をキープしていればパワー不足を感じずにスポーツライディングを楽しめる。

画像: 250スポーツなみの存在感と走りで価格はリーズナブル

なかなか爽快なスポーツ性能を備えているRS200だが、やはりその魅力が際立つのはクルージングシーン。250㏄2気筒エンジン車と同等の大柄な車格にダンピングの効いた前後サスペンション、自然なライディングポジションが落ち着いた操縦性を生んでいて、道路のうねりや横風に強く、コーナリング中の安定感、ギャップ通過時の収束性も1クラス上の上質さがある。

しかも、メーター類やヘッドライトをカウルマウントしているため低速域でもハンドリングが軽く、カウル装着による荷重配分の差でコーナー初期の切れ味が鋭い。街中をキビキビ走ったり、ツーリングでのゆったりした走り、さらにタンデムライディングまで、幅広い状況に対応できるのもスポーツツアラーらしいところ。

200㏄という排気量は日本の感覚だと半端に感じるが、動力性能は250㏄に引けを取らず、コミューター+αの使い方ならまったく不満なし。個性的ルックスと使い勝手の良さ、コスパの高さがRS200の魅力だ。

画像: 曲面を多用した複雑な構成のボディワークと、スーパースポーツ然としたフォルムは実にスタイリッシュで、プレーンなネイキッドであるベースのパルサー200NSとは別物の仕上がりを見せる。個性が際立つデザインも独特の存在感の演出に一役買っている。

曲面を多用した複雑な構成のボディワークと、スーパースポーツ然としたフォルムは実にスタイリッシュで、プレーンなネイキッドであるベースのパルサー200NSとは別物の仕上がりを見せる。個性が際立つデザインも独特の存在感の演出に一役買っている。

画像: ブルーのバックライトが高級感を醸し出すメーターはセンターにタコメーターを配した左右対称デザイン。機能面も充実している。

ブルーのバックライトが高級感を醸し出すメーターはセンターにタコメーターを配した左右対称デザイン。機能面も充実している。

ライディングポジション(身長:176㎝ 体重:60㎏)

上半身は軽い前傾で、肉厚で座り心地のいいシートと併せて長時間クルージングに適した設定。シート座面とステップ位置の間隔も十分で窮屈さを感じさせないが、シート下のサイドカバー部分が少し張り出しているので足着き性は若干スポイルされている。

画像1: ライディングポジション(身長:176㎝ 体重:60㎏)
画像2: ライディングポジション(身長:176㎝ 体重:60㎏)

(写真/南 孝幸)

主要諸元
全長×全幅×全高…1999×765×1114㎜
ホイールベース…1355㎜
シート高…810㎜
車両重量…165㎏
エンジン形式…水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量…199.5㏄
ボア×ストローク…NA
圧縮比…NA
最高出力…24PS/9750rpm
最大トルク…1.89㎏-m/8000rpm
燃料供給方式…FI
燃料タンク容量…13ℓ
キャスター角/トレール量…NA
変速機形式…6速リターン
ブレーキ形式(前・後)… φ300㎜ディスク・φ230㎜ディスク
タイヤサイズ(前・後) …100/80-17・130/70-17

  

最新モデルの試乗レポートは「オートバイ」に掲載中!

オートバイ 2017年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2016-12-28)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.