標準モデルに加えサブタンク付きリアサス搭載の「Rバージョン」
スマートキーやABSを採用した「Aバージョン」も設定

画像: 「GDR155 (AEROX155)」(2017年インドネシア仕様)

「GDR155 (AEROX155)」(2017年インドネシア仕様)

 ヤマハは、スタイリッシュなフォルムとスポーティな乗り味を調和させたスクーターの新製品「GDR155」をアセアン地域における戦略モデルとして開発。ビッグスクーターへと繋がるスポーティスクーターカテゴリーをアセアン地域に新たに構築することを目指す。ベトナム向けはモデル呼称「NVX」、タイ向けは「AEROX」として2016年12月から発売、以後インドネシアなどアセアン各市場に導入する。

画像1: 標準モデルに加えサブタンク付きリアサス搭載の「Rバージョン」 スマートキーやABSを採用した「Aバージョン」も設定

 「GDR155」は、“ASEAN Best Sporty Scooter”を目指して「優れた加速性と低燃費を実現する155cc水冷“BLUE CORE”エンジン(VVA※1採用)」「スポーティな走行性に寄与する116kg軽量ボディ」「高い運動性能と上質感を表現した斬新なデザイン」など特徴とした上昇志向の25~30歳男性をターゲットに開発したモデル。”BLUE CORE”エンジンには始動用動力と発電を兼ねる、ヤマハ初のスマート・モーター・ジェネレーターを織り込み、静かな始動性を実現するとともに発電ロス低減を図っている。
 
 標準モデルに加え、サブタンク付きリアサスペンションとウエーブ形状フロントディスクを採用した「Rバージョン」、ストップ&スタートシステム※2、スマートキー、ABSを採用した「Aバージョン」を設定している※3。
 生産はベトナム、タイ、インドネシアの各工場で行い、各国ユーザーの嗜好を取り入れたカラー&グラフィックで豊富なバリエーション展開を行っていく。 

※1VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)。
※2ヤマハにおけるアイドリングストップ機構の名称。
※3各国により導入する仕様は異なる。

画像2: 標準モデルに加えサブタンク付きリアサス搭載の「Rバージョン」 スマートキーやABSを採用した「Aバージョン」も設定

ベトナムでは「NVX155」、タイ・インドネシアでは「AEROX155」
じゃあ、「GDR155」はどこの呼称?

画像: ベトナムでは「NVX155」、タイ・インドネシアでは「AEROX155」 じゃあ、「GDR155」はどこの呼称?

 ベトナムやタイでは12月より発売が開始されており、インドネシアでは今年の3月に導入。各国の価格は表の通りで、日本円に換算すると多少の差はあるが19万〜23万円ほど。気になるのは、今回の発表で使用されている「GDR155」。これは、どの国で使われる呼称なのだろうか? もしかして、日本!?

最新号はコチラ↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.