大人のスポーツバイクが装備を充実させて新登場です!

 新たに生産されるモデルには昨年10月から適応されている新しい基準の「バイクの排出ガス規制」。この新たな基準は、EUで施行される「ユーロ4」との整合性を図ったもので、昨年末の海外ショーに「ユーロ4適合」という言葉が飛び交っていたのは、その新基準をクリアしているということです。ちなみに、以前からラインアップしているモデルに関しては、2017年9月1日に新しい基準値が適応となるので、それまでがリミットになってしまうんですね〜。
 そういう経緯があって、ホンダのバイクラインナップ(http://www.honda.co.jp/motor-lineup/)には生産終了や受注終了のモデルが多くなっているんですが、その中のひとつであるVFR800Fが装備を充実させて早くも新登場です!

HONDA VFR800F 138万2400円(消費税抜き本体価格 128万円)

変わっていないようで実は変更点が複数アリます!

 今回、新基準に適合するということで、マフラーが変更されてます。従来モデルと比べてコンパクトになって、中身は従来の3室構造から2室構造に変更。形状も丸形から異形テーパータイプになったので見た目からして分かりやすい変更点ですね。出力向上と共に排気音も歯切れの良い重厚なV4サウンドを実現しているそうですよ!
 
 基本的なデザイン等の変更点はありませんが、メインフレーム、フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーにブラックを採用することで、従来モデルよりも精悍なイメージに。大人のスポーツバイクらしい高級感もあって、こちらが好みの人も多いんじゃないでしょうか。新色としてデジタルシルバーメタリックを追加してます。

 さらに、左カウル部にはアクセサリーソケット(定格36W【12V3A】まで)を標準装備。純正オプションのアクセサリーソケットは継続設定なので、シート下に増設も可能です。前・後ホイールには、整備性に優れたL字エアバルブも採用されています。ETC車載器やグリップヒーターは、従来モデルからすでに標準装備だったので、納車時から即便利。遠くへ走りに行きたくなる充実装備です。

 新しいVFR800Fは1月16日(月)から発売開始です!

ヴィクトリーレッド

デジタルシルバーメタリック

ダークネスブラックメタリック

パールグレアホワイト

画像: 変わっていないようで実は変更点が複数アリます!

最新号はコチラ↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.