日本国内ではRebel 500およびRebel 250として発売を計画

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、ロングビーチで開催されている
IMS Long Beach(ロングビーチショー、一般公開:11月18日〜20日)に先駆け、新型のクルーザーモデル「Rebel 500(レブル 500)」、「Rebel 300(レブル 300)」を発表した。
 Rebelシリーズは、デザインコンセプトを「SIMPLE」、「RAW(未加工の素材)」として、主に北米において、「ジェネレーションY」※と呼ばれる若い世代向けに開発。体格差や経験差、さまざまな使い勝手に対応できるよう、同一の車体にて排気量の異なるエンジンを搭載可能とし、ユーザーの感性を刺激するスタイリングと、いつでも気軽に楽しめるサイズ感のモーターサイクルを目指している。Rebel 500/300ともに、オプションのキットを装備することで、パッセンジャーシートの装着を可能とした仕様としている。
※ ジェネレーションY:米国において1980年代から1990年代に生まれた世代

画像: 日本国内ではRebel 500およびRebel 250として発売を計画

Honda Rebel 500

スタイリングは、アイコニックなフューエルタンク、くびれのあるナロースタイルのフレームボディー、マット&ブラックアウトに徹したパーツによって、タフでCOOLなイメージを表現。前後タイヤはファット&ワイドサイズ(フロント130/90-16、リア150/80-16)を採用し、ナロースタイルの車体と相反する存在感を演出。乗り手の自由な楽しみ方を想起させている。エンジンは471ccのDOHC直列2気筒を搭載。吸排気、FIのセッティングを最適化することで、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現。

画像: Honda Rebel 500

Honda Rebel 300

Rebel 500と基本的なプラットフォームを共通とし、吸排気系、FIのセッティングを最適化した286ccのDOHC単気筒エンジンを搭載し、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現している。

画像: Honda Rebel 300

日本では1985年に登場してアメリカン・カスタムブームの火付け役に!

爆発的な人気となったアメリカンモデル「HONDA スティード」の前に、国産アメリカンカスタムブームの火付け役と言えばレブル。アメリカでは現在も継続販売されており、そのモデルチェンジとともに、日本でも復活されるようだ。

画像1: 日本では1985年に登場してアメリカン・カスタムブームの火付け役に!
画像2: 日本では1985年に登場してアメリカン・カスタムブームの火付け役に!
画像3: 日本では1985年に登場してアメリカン・カスタムブームの火付け役に!

イメージ映像はコチラ↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.