欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!

1998年のインターモトで発表された初代から、熟成を重ねてきたYZF-R6の新型が発表されています。2017年モデルの最大の特徴のひとつは、その外観。フロントマスク中央に配置されたエアインテークや、LEDのツインヘッドライトの装備や、エアロダイナミクスを追求したフォルムは、YZF-R1、もっと言えばMotoGPマシンYZR-M1と共通する仕上がり。

高度なトラクションコントロールや、クイックシフトシステム(QSS)など、電子制御の面でも大幅進化も果たしているという新型YZF-R6、欧州での登場は2017年4月頃になりそうです!

画像1: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像: YZF-R1を彷彿とさせるフロントマスク。ヘッドライトはもちろんLED。

YZF-R1を彷彿とさせるフロントマスク。ヘッドライトはもちろんLED。

画像: 新しいカヤバ製のフロントフォークは従来のΦ41mmからΦ43mmになっている。

新しいカヤバ製のフロントフォークは従来のΦ41mmからΦ43mmになっている。

画像2: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像3: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像4: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像5: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像6: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像: シート高は従来モデルと共通の850mm。

シート高は従来モデルと共通の850mm。

画像7: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像8: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像9: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!
画像10: 欧州で約16万台を販売した人気モデルが、待望の大幅進化!

カラーバリエーション

画像: レースブルー※欧州仕様

レースブルー※欧州仕様

画像: テックブラック※欧州仕様

テックブラック※欧州仕様

画像: ※北米仕様

※北米仕様

YZF-R6(2017・欧州仕様) 主要諸元
エンジン型式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:599cc
ボア×ストローク:67.0×42.5mm
圧縮比:13.1:1
変速機:6速リターン
キャスター角:24°
トレール量:97mm
ブレーキ形式(前・後):Φ320mmダブルディスク・Φ220mmシングルディスク
タイヤサイズ(前・後):120/70ZR17・180/55ZR17
全長:2040mm
全幅:695mm
全高:1150mm
シート高:850mm
ホイールベース:1375mm
車両重量:190kg
燃料タンク容量:17リットル

プロモーションビデオも公開中!

画像: 2017 Yamaha YZF-R6 youtu.be

2017 Yamaha YZF-R6

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.