大ヒットモデルの650は兄貴分譲りのスタイリングを採用

画像: 堂々たるサイズとスタイルは、一瞬1000と見間違うほど。本誌スタッフも間違えました(笑)。

堂々たるサイズとスタイルは、一瞬1000と見間違うほど。本誌スタッフも間違えました(笑)。

今回のスズキはニューモデルが大豊作!
続いてはV-ストロームシリーズの新型を紹介しましょう!
日本国内だけでなく、欧州でも高い人気を誇るヒットモデル、V-ストローム650がリニューアルされました。

画像: 流麗で、スズキらしさに満ちたデザイン。スクリーンはネジを付け替えて調整するタイプ。

流麗で、スズキらしさに満ちたデザイン。スクリーンはネジを付け替えて調整するタイプ。

基本的なメカニズムは従来型からの発展となりますが、最も目を引くのはそのスタイリング。新型の
V-ストローム650は、兄貴分の1000と同タイプの縦2眼ヘッドライトを採用。個性的で、かつ高級感ある顔に生まれ変わりました。合わせてメーターも新形状のものに変更。スポークホイールの「XT」も同時にラインアップされます。

兄貴分の1000にもスポーク仕様の「XT」が登場!

画像: デザインのルーツとなったビッグDRを想起させるカラーリング。グッと来る人も多いのでは?

デザインのルーツとなったビッグDRを想起させるカラーリング。グッと来る人も多いのでは?

そして、兄貴分の1000の方も進化しました。最大のポイントは、弟分の650で好評だったスポークホイール仕様の「XT」が新たに加わったこと。650のXTはスポーク化に合わせて、サスペンションのセッティングを見直していましたが、こちらの1000ではどうなっているのか、そのあたりも楽しみです。

この続きは11月1日発売の本誌12月号にてたっぷりご紹介します!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.