本格スーパースポーツながら抜群の乗りやすさも兼備

画像: 本格スーパースポーツながら抜群の乗りやすさも兼備

最高速123.105km/h

インドネシア生産の2016年型CBR150Rは、CBRシリーズの一員らしいシャープなルックスとコーナーを鋭角に切り取るスポーツライクなハンドリング、そして新型エンジンによる中高回転域での力強さが特徴。6速・100㎞/h時は約7500回転で、最高速は120㎞/hを優に超えるから高速道路に乗り入れても不安はない。高速走行時の風防性能も高く、ツーリングユースもOK。ホンダらしく幅広い用途に応える一台だ。
 

 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.