ツナギ不要!愛車で富士の2つのレーシングコースを楽しめる
「ライディングチャレンジツアー」

画像: ツナギ不要!愛車で富士の2つのレーシングコースを楽しめる 「ライディングチャレンジツアー」

梅雨も明ければ、いよいよバイクの季節の到来。
ツーリングもいいですが、この夏こそサーキットを楽しんでみてはいかがでしょう?
といっても、本格的な走行会のお話ではありません。
富士スピードウェイが開催している「ライディングチャレンジツアー」なら、
ツナギ不要で、国際レーシングコースとショートサーキットを楽しめちゃうのです!

この「ライディングチャレンジツアー」、おおまかな流れとしては
最初に簡単な講義を受講して、サーキットを走るための心得を学び、
そのあとでコースイン、先導車つきでショートサーキットを7周、
そして国際レーシングコースを6周走るメニューとなっています。
F1も開催された日本有数のコースをツナギ不要で楽しめるとあって、
毎回キャンセル待ちが出るほどの人気イベントとなっています。
次回開催は7月18日月曜日、15時スタートです。
ツーリングついでに仲間と楽しむもよし、
サーキットデビューの前の下調べで行くもよし。
おなかいっぱい走れちゃう豪華イベントです。

参加費用は1台5000円。参加資格は
●125cc以上のニーグリップ可能かつ公道走行可能な2輪車
(タンデム走行不可、トライク・サイドカー付車両不可)
●2輪車の運転に適した格好
(長袖、長ズボン、ブーツ)
であればOK。基本的に申し込みは先着順で、
参加枠もあと少しだそうなので、行ってみたいという人は
スグにお問い合わせを!

「もっとうまくなりたい」という人に最適な
「ライディングプログラム」も開催!

画像: 「もっとうまくなりたい」という人に最適な 「ライディングプログラム」も開催!

体験走行では物足りない人や、もっとうまくなりたい人、
ライセンスはないけどサーキットを攻めてみたい、という人には
「ライディングプラン」がおすすめ。
こちらは国際レーシングコースを走れる「レーシングプラン」、
ショートコースを走る「ショートプラン」、そして
両方に参加できる、贅沢な「ダブルプラン」の3プランを用意。
先導走行のあとはフリーに走れて、しかも走行時間の合間には
インストラクターの講義もあるので、本格的なサーキット体験と同時に
スキルアップも狙えちゃうわけです!
こちらはサーキットを走るための装具は必要ですが、体験走行を卒業して
ステップアップを図るには最適なプランです。

しかも、この「ライディングプラン」受講を機に
富士スピードウェイのライセンスを取得することも可能なので、
サーキットデビューを果たすには最高のチャンスです!
この夏は、富士スピードウェイでサーキットデビューを果たしてみてはいかがですか?

問い合わせ先:富士スピードウェイ コース運営部/ライディングプログラム事務局
静岡県駿東郡小山町中日向694
TEL 0550-78-1231 (営業時間9:00~17:00) / FAX 0550-78-1900
HP:http://www.fsw.tv/
MAIL racing@fujispeedway.co.jp

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.