春のモーターサイクルショーに出展されていた「トリシティ155」が、いよいよ発売開始になるようです。と言っても、これは欧州の話。メーカーの発表によると、今年9月に欧州で販売を開始し、その後、日本やアジア各地でも順次販売されるようです。トリシティはイタリアを中心にヨーロッパでの人気は特に高いみたいですから。というわけで、国内での発売時期は未定ですが、登場は確実。期待して待ちましょう!

画像: ■YAMAHA TRICITY 155(マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1) 発売時期/ 2016 年9 月(予定) 価格/4,499 ユーロ

■YAMAHA TRICITY 155(マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1)
発売時期/ 2016 年9 月(予定)
価格/4,499 ユーロ

成長戦略“ひろがるモビリティの世界”を推進するLMW の第2 弾
“BLUE CORE”エンジン搭載「TRICITY 155」 欧州で発売
 
ヤマハ発動機株式会社は、排気量155cm3 の“BLUE CORE”水冷エンジンを搭載したフロント二輪
の三輪コミューター「TRICITY(トリシティ)155」を発売します。本モデルは当社の成長戦略のひとつ“ひろがるモビリティの世界”を推進するLMW(Leaning Multi Wheel)※1 の第2 弾で、欧州で2016 年9月からの販売を予定し、その後日本やアジアなどでも順次販売するグローバルモデルです。
 
排気量125cm3 の「TRICITY 125」は、2014 年4 月当社初の市販マルチホイールコミューターとしてタイに導入、その後日本、欧州など世界各国で販売しています。軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさや、斬新なスタイルが人気となりました。
「TRICITY 155」は、“もっと行動範囲を広げ、所有感を満たすNew Standard City Commuter”をコンセプトに開発、1)走りと燃費性能を両立する“BLUE CORE”エンジンと当社独自のLMW 機構、2)剛性をアップした新設計フレームやフラットフットボード面積拡大によるゆったりした乗車ポジション、3)容量を拡大した23.5L 収納トランクやDC 電源ソケットを備える蓋付小物入れ、4)新採用のパーキングブレーキ、5)高級感を感じさせるLED ヘッドライト&ポジションランプなどが特徴です。
 
なお、生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行います。

※1 LMW(Leaning Multi Wheel):モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3 輪以上の車両の総称、商標登録第5646157 号。

画像1: 「トリシティ155」、まずは欧州で9月に発売!
画像2: 「トリシティ155」、まずは欧州で9月に発売!
画像3: 「トリシティ155」、まずは欧州で9月に発売!
画像4: 「トリシティ155」、まずは欧州で9月に発売!
画像5: 「トリシティ155」、まずは欧州で9月に発売!
画像: YAMAHA TRICITY 155(ホワイトメタリック6)

YAMAHA TRICITY 155(ホワイトメタリック6)

画像: YAMAHA TRICITY 155(マットグレーメタリック5)

YAMAHA TRICITY 155(マットグレーメタリック5)

画像: ヘッドライトとポジションランプにはLEDを採用。

ヘッドライトとポジションランプにはLEDを採用。

画像6: 「トリシティ155」、まずは欧州で9月に発売!
画像: シート下には容量23.5Lの収納スペースを確保する。

シート下には容量23.5Lの収納スペースを確保する。

画像: Tricity 155 youtu.be

Tricity 155

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.