理想的なコンディションの中、好記録も誕生!

画像: 理想的なコンディションの中、好記録も誕生!

本日4月19日、快晴という言葉がピッタリの好天の中、
MAX ZONE mini 2016年度の開幕戦が開催されました。
想像以上のエントリー数で、受付も大渋滞するなど
(大変ご迷惑をおかけいたしました…)
大勢のエントラントで富士は大盛況でした!
皆様ありがとうございました!

総合トップはなんと201.305km/hを達成!

画像: 2013年シーズンに207.493km/hという記録を樹立しているこのモンスターマシン。 スプロケットが最高速向けではなかったにもかかわらず、200km/hをオーバー、 そのパフォーマンスはいまだ健在でした。

2013年シーズンに207.493km/hという記録を樹立しているこのモンスターマシン。
スプロケットが最高速向けではなかったにもかかわらず、200km/hをオーバー、
そのパフォーマンスはいまだ健在でした。

今回総合トップに輝いたのは、2013年のチャンピオンマシン、
SattomanさんのTDR50。ピンクのカラーでおなじみのチューナー、
FIXさんが手がけたマシンで、YZの449ccエンジンを持つモンスター。
久々の参加で、スプロケが合っていない状態で、いきなりの
201.305km/hはご立派です!

4ミニ、2スト、個性豊かなマシンが多数参加!

画像: アルミ叩き出しのカウルがインパクト抜群!なサブクラフト製のマシンを駆るのは小菅さん。 ベースはなんとモンキーRで、今回は155.351km/hを記録。

アルミ叩き出しのカウルがインパクト抜群!なサブクラフト製のマシンを駆るのは小菅さん。
ベースはなんとモンキーRで、今回は155.351km/hを記録。

MAX ZONE miniの醍醐味は、色とりどりの個性的なカスタムミニが集まること。
富士のストレートで限界に挑む、ユニークなマシンたちの雄姿を、
ここでいくつかお見せしちゃいましょう!

画像: NSR同士のハイスピードバトル。手前のT-TECH 小林さんのマシンは160.643km/hをマーク、 奥のSOLTY DOG 水野さんのマシンは153.213km/hと、いずれもハイレベルな記録でした。

NSR同士のハイスピードバトル。手前のT-TECH 小林さんのマシンは160.643km/hをマーク、
奥のSOLTY DOG 水野さんのマシンは153.213km/hと、いずれもハイレベルな記録でした。

画像: 埼玉の名チューナー、BREの長谷川さんの愛機は161cc中華エンジン搭載のゴリラ。 全身に手が入ったスペシャルで、今回は146.361km/hを記録。目標の155km/hまであと少し!

埼玉の名チューナー、BREの長谷川さんの愛機は161cc中華エンジン搭載のゴリラ。
全身に手が入ったスペシャルで、今回は146.361km/hを記録。目標の155km/hまであと少し!

開幕戦リザルトはこちらから。
次回も特撰マシンギャラリーをお届けします!

画像: 開幕戦リザルトはこちらから。 次回も特撰マシンギャラリーをお届けします!

現在、撮影した画像をカメラマンが仕分け中です。
本日、じっくり撮影させていただいたマシンは、画像整理が終わり次第、
何回かに分けてご紹介しますのでお楽しみに!

4月19日・MAX ZONE mini 開幕戦リザルトはこちらからダウンロード可能です。
https://www.dropbox.com/s/ew4ijvs5avkxhvi/speed.xls?dl=0

次回開催は7月11日(月)。またのお越しをお待ちしてます!

画像: 次回開催は7月11日(月)。またのお越しをお待ちしてます!

おかげさまで大盛況だったMAX ZONEmini・2016年度開幕戦。
次回、第2戦は7月11日(月)に富士スピードウェイで開催します!
バイクを楽しむには最高の季節、奮ってご参加ください!
では、次回の開幕戦・マシンギャラリーをお楽しみに!
(撮影:南 孝幸)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.