間もなく開催される「第32回大阪モーターサイクルショー2016」「第43回東京モーターサイクルショー」。どんなモデルが出展されるのか気になるところですが、スズキの出展概要情報が発表されました。実際に触れることができるモデルも多数用意される模様です!

画像: SV650 ABS(輸出モデル)※参考出品車

SV650 ABS(輸出モデル)※参考出品車

画像: GSX-R1000(コンセプトモデル)※参考出品車

GSX-R1000(コンセプトモデル)※参考出品車

「第32回大阪モーターサイクルショー2016」
「第43回東京モーターサイクルショー」への出品概要
 
スズキ株式会社は、大阪・東京で開催される二輪車の見本市「第32回大阪モーターサイクルショー2016」、「第43回東京モーターサイクルショー」に以下の内容で出品する。
今回のスズキブースは、2015年11月にイタリア・ミラノショーで発表した、海外向けの新型モデル「SV650 ABS」や日本初公開となるコンセプトモデル「GSX-R1000」など7台を参考出品する。また市販車は、ロードスポーツバイク「GSX-S10000 ABS」や「隼(ハヤブサ)」をはじめとした国内の大型スポーツモデルを中心に12台を出品する。
MotoGPマシン「GSX-RR」にまたがることが出来るコーナーを設けるなど、実際に触れることが出来る車両を数多く展示することで、スズキ二輪車の魅力を充分に体感していただくことを目指した。
 
※大阪:3月19〜21日にインテックス大阪にて開催。
東京:3月25〜27日に東京ビッグサイトにて開催。
 
主な展示車両
●参考出品車
SV650 ABS(輸出モデル)
GSX-R1000(コンセプトモデル)
GSX-RR(MotoGP参戦車両)
RM-Z450WS(2015全日本モトクロス選手権年間チャンピオン獲得車両) 他
●市販車
GSX-S1000 ABS
GSX-S1000F ABS
隼(ハヤブサ)
V-Strom1000 ABS/V-Strom650XT ABS(オプション装着車) 他
※展示車両は変更となる場合があります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.