「ドラマを創ろう。」
YAMAHAブースさんはまさにドラマチックでした。
ひときわ目についたのは、こちらのカフェ。

画像1: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

こんなカフェでお茶したいって
ライダーのあたしは思うのです。
いや、住みたいと思う。
「BOLT」って、カスタムパーツもたくさん出ていて楽しいですよね
かなり、カスタム次第でイメージが大きく変わるバイクです。
こちらのBOLTは

画像2: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

画像3: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

かなりのカスタムされちゃってます。

画像4: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

画像5: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

ウインドウシールド。クイックリリース、ウインドシールド、
専用のレザーバッグ。

画像6: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

画像7: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

真鍮素材を使った、カスタムのアクセントアイテムもついてました。

画像8: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

画像9: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

画像10: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

レトロな風合いの革製サドルバッグ。

画像11: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

う〜ん、カスタムパーツがたくさんありすぎて整理できない
でも、本当印象違うよね。
ほら~

画像12: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

これは(↑)以前、試乗会で見かけたBOLT君。
面白いね。

画像13: 福山理子の“いまさらモーターサイクルショー2014” (その3)

『ドラマを創ろう。』
なるほどね。
(福山理子)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.