月刊オートバイで、元プロ野球選手の山崎武司さんが連載している
『二輪入魂』コーナーでアシスタントをさせていただいている、
モデルの朱香(しゅか)です。
所有バイクはXR250。
バイクの知識は入門クラスで、只今ゆる〜く勉強中です。
今回はホンダのF6Cに乗って高速道路走行を体感してきたので、
入門クラスの目線で感想を綴りたいと思います!

画像1: 【女子レポ!!】ホンダのゴールドウイングF6Cに乗ってきました!

F6Cの事前知識は
・ゴールドウイングと同じ1800ccの6気筒エンジン
・とにかく大きい車体!
ということ。
 
対面すると、わかっていても
「わ〜大きい〜」と
見たまんまの言葉が漏れてしまう、ド迫力の大きさ。
特に正面から見ると、とても私が乗れそうにないような
威圧感さえ受けるスタイルです。

画像2: 【女子レポ!!】ホンダのゴールドウイングF6Cに乗ってきました!

気合を入れて引き起こしてみると…あらら?
さほど力を込めなくても起こすことができました。意外。すごく意外です。
カタログを見ると「342㎏」とかなりの重量が示されているけど、
数値以上に扱いやすいバランスなのかも。
それとも、連載を通して大きなバイクに接するうちに
私の感覚がマヒしてきたのかしら?
いずれにせよ、力の弱い私にとっては嬉しい誤算でした。
足つきが良い(シート高:735mm)ことも手伝って、
変に力むことがなくて良かったです◎
ビクビクしながら乗ると肩に力が入って危ないですもんね。
 
走り出してからの安定感は抜群でした!
大排気量1800ccの6気筒エンジンは、とんでもなくスムーズな加速!
決して運転に自信があるとは言えない私でも
パワーに恐怖を感じることなく、
楽しむことができたのだから驚きでした。

画像3: 【女子レポ!!】ホンダのゴールドウイングF6Cに乗ってきました!

もうひとつ意外だったのは、風圧。
スクリーンがないから、もっと厳しい風圧にさらされることを覚悟していたの
ですが、高速道路を走っていても全然気になりませんでした。
(編集部の皆さんは風圧を感じたそうなので、個人差がありそうです。)
高速道路を運転して私が疲れを感じやすいのは、
 
・首(風圧)
・手(アクセルやクラッチ操作)
・お尻(長く座っているとどうしても…)なんですが、
今回はどこも痛くなりませんでしたよ!
 
というわけで、快適な高速道路巡行は、
「もっと走りたい」と思うくらい余力を残して幕をおろしたのでした。
因みに、同じエンジンのホンダF6Bに以前乗った時の記憶を辿ると、
エンジンは同じでも、排気音は今回のF6Cのほうが野太い音だった気がします。
走りの感覚も、F6Bが「スーッ」とどこまでもなめらかだったのに対し、
F6Cはなめらかさの中にも「グンッ!」ってワイルドさのようなものを感じました。
って、気のせいだったりして!実際はどうなんでしょう?
ワイルドさといえば。
ハンドルグリップが太めで、レバーがちょっと遠かったり、
シフトペダルもちょっと遠かったり、と、
ルックスに加えて、細部にもワイルドな面が垣間見れました。
かなり大柄な人が乗っても全然窮屈じゃないんだろうなー。

画像4: 【女子レポ!!】ホンダのゴールドウイングF6Cに乗ってきました!

タンデムも体験しましたよ♪
エンジン音で前後の会話が聞き取りにくいといえば聞き取りにくいけど、
タンデムシートでもF6Cの迫力を感じることができたのは楽しかった!

画像5: 【女子レポ!!】ホンダのゴールドウイングF6Cに乗ってきました!

掴みやすいグラブバーがあるので、
背もたれがなくても怖さは感じませんでした。
振動も少ないので疲れにくいとは思いますが、
タンデムでは街乗りやショートツーリングでこそ
良さが発揮されそうです。
近寄りがたいイメージを持っていたF6C。
いい意味で、先入観を裏切られました!
(写真/関野 温 文/朱香)
※山﨑さんのインプレは、現在発売中のオートバイ2月号に掲載中!

画像6: 【女子レポ!!】ホンダのゴールドウイングF6Cに乗ってきました!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.