新型HONDA CB1100RSにも受け継がれている空冷スピリット

王道は1日にしてならず。長い年月をかけて磨き上げられて来たスピリッツがあるからこそ、空冷直4の「CB」には普遍的でありながら、歴代モデル、そして、今年追加された新型CB1100RSにも、それぞれ個性があるのだ。それでは、これぞCBと言える、空冷直4のCBを振り返ってみよう。

2017 HONDA CB1100RS

画像: CB1100シリーズに新たに加わったスポーティバージョン。シームレス構造の燃料タンクなどスタイリング面ではCB1100EXと共通点は多いが、前後ホイールがEXの18インチのスポークから17インチキャストとなり、これに合わせてディメンションも変更。さらに2ピースボトムケースを採用したSDBVフロントフォーク、リザーバータンク付きのリアサスにアルミ製スイングアームなどで足まわりを大幅にグレードアップ。運動性能を高めることで、より俊敏なハンドリングが与えられている。 エンジン型式 空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒 総排気量 1140㏄ 内径╳行程 73.5╳67.2㎜ 圧縮比 9.5 最高出力 90PS/7500rpm 最大トルク 9.3㎏-m/5500rpm 燃料供給方式 電子制御燃料噴射装置[PGM-FI] 変速機型式 常時噛合式6速リターン 全長 2180㎜ 全幅 800㎜ 全高 1100㎜ 軸間距離 1485㎜ 車両重量 252㎏ シート高 785㎜ キャスター/トレール 26°/99㎜ 燃料タンク容量 16L タイヤサイズ(前) 120/70ZR17 タイヤサイズ(後) 180/55ZR17 価格 137万8080円

CB1100シリーズに新たに加わったスポーティバージョン。シームレス構造の燃料タンクなどスタイリング面ではCB1100EXと共通点は多いが、前後ホイールがEXの18インチのスポークから17インチキャストとなり、これに合わせてディメンションも変更。さらに2ピースボトムケースを採用したSDBVフロントフォーク、リザーバータンク付きのリアサスにアルミ製スイングアームなどで足まわりを大幅にグレードアップ。運動性能を高めることで、より俊敏なハンドリングが与えられている。
エンジン型式 空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 1140㏄
内径╳行程 73.5╳67.2㎜
圧縮比 9.5
最高出力 90PS/7500rpm
最大トルク 9.3㎏-m/5500rpm
燃料供給方式 電子制御燃料噴射装置[PGM-FI]
変速機型式 常時噛合式6速リターン
全長 2180㎜
全幅 800㎜
全高 1100㎜
軸間距離 1485㎜
車両重量 252㎏
シート高 785㎜
キャスター/トレール 26°/99㎜
燃料タンク容量 16L
タイヤサイズ(前) 120/70ZR17
タイヤサイズ(後) 180/55ZR17
価格 137万8080円

1969 HONDA CB750FOUR[K0]

画像: ホンダが世界GP参戦で積み重ねた技術力を結集して1969年にデビュー。直4エンジンを搭載したのも、油圧ディスクブレーキ採用も量産市販車としては世界初。その圧倒的な高性能でライバルを圧倒、現代の大排気量スポーツバイクの方向性を決定づけた、オートバイの歴史に燦然と輝く1台。 ● 空冷4 ストOHC2バルブ並列4 気筒●736㏄ ●67PS/8000rpm●6.1㎏-m/7000rpm●220㎏●3.25-19・4.00-18●38万5000円

ホンダが世界GP参戦で積み重ねた技術力を結集して1969年にデビュー。直4エンジンを搭載したのも、油圧ディスクブレーキ採用も量産市販車としては世界初。その圧倒的な高性能でライバルを圧倒、現代の大排気量スポーツバイクの方向性を決定づけた、オートバイの歴史に燦然と輝く1台。
● 空冷4 ストOHC2バルブ並列4 気筒●736㏄ ●67PS/8000rpm●6.1㎏-m/7000rpm●220㎏●3.25-19・4.00-18●38万5000円

1971 HONDA CB500FOUR

画像: 「 静かなる男のための500」をキャッチフレーズに登場した、ミドルサイズの4気筒スポーツ。シングルカムの空冷直4エンジンに4本出しのマフラー、ダブルクレードル構造のフレームから、基本的なスタイリングにいたるまで、兄貴分であるCB750FOURの縮小版というべき造りだった。 ● 空冷4 ストOHC2バルブ並列4 気筒●498㏄ ●48PS/9000rpm●4.1㎏-m/7500rpm●196㎏●3.25-19・3.50-18●33万5000円

「 静かなる男のための500」をキャッチフレーズに登場した、ミドルサイズの4気筒スポーツ。シングルカムの空冷直4エンジンに4本出しのマフラー、ダブルクレードル構造のフレームから、基本的なスタイリングにいたるまで、兄貴分であるCB750FOURの縮小版というべき造りだった。
● 空冷4 ストOHC2バルブ並列4 気筒●498㏄ ●48PS/9000rpm●4.1㎏-m/7500rpm●196㎏●3.25-19・3.50-18●33万5000円

※諸元は
●エンジン型式●排気量●最高出力●最大トルク●乾燥重量●タイヤサイズ(前・後)●当時の価格

歴代空冷CBが掲載されている『RIDE』と国産車スペック比較総図鑑がセットになった特大号!
オートバイ最新4月号は3月1日発売↓

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.