Honda「Monkey125」
税込価格:44万円

画像: 全長×全幅×全高:1710×755×1030mm ホイールベース:1145mm シート高:776mm 車両重量:104kg

全長×全幅×全高:1710×755×1030mm
ホイールベース:1145mm
シート高:776mm
車両重量:104kg

2018年、長い伝統のあるモンキーらしいイメージを大切にしながら、排気量を拡大し、ホイールサイズを12インチに大径化し、生まれ変わった新世代モデルがモンキー125。そして2021年、125化されてから初のモデルチェンジを迎えた。

基本的な車体の構成やスタイリングについては、根強いモンキーファンからも高く評価された従来モデルを引き継いでいる。大きく変わったのはエンジンで、先行してモデルチェンジしていたグロムに搭載された新型エンジンをモンキー125にも採用。このエンジンは、ロングストローク化を図り圧縮比を高め、さらに4速ミッションも5速化。最新の排ガス規制に対応しつつ、さらに軽快な走りを味わえる。

ボディカラーは、パールネビュラレッド、パールグリッターリングブルー、パールシャイニングブラックの3色をラインアップ。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「モンキー125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    パールネビュラレッド
  • 画像2: ホンダ「モンキー125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    パールグリッターリングブルー
  • 画像3: ホンダ「モンキー125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    パールシャイニングブラック
  • 画像4: ホンダ「モンキー125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    パールネビュラレッド
    29
    131
  • 画像5: ホンダ「モンキー125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    パールグリッターリングブルー
    24
    107
  • 画像6: ホンダ「モンキー125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2023年現行モデル】
    パールシャイニングブラック
    47
    209

投票ありがとうございました!

エンジン形式:空冷4ストOHC単気筒
総排気量:123cc
ボア×ストローク:50.0×63.1mm
圧縮比:10.0
最高出力:6.9kW(9.4PS) / 6750rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m) / 5500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:5.6L
キャスター角:25°00′
トレール量:82mm
変速機形式:5速リターン
ブレーキ前・後:油圧式シングルディスク・油圧式シングルディスク
タイヤサイズ前・後:120/80-12・130/80-12

ホンダ「モンキー125」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.