2022年12月1日、カワサキモータースジャパンは250ccネイキッドスポーツ「Z250」の2023年モデルを発表した。

カワサキ「Z250」2023年モデルの特徴

画像: Kawasaki Z250 2023年モデル 総排気量:248cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:795mm 車両重量:164kg 発売日:2023年2月15日(水) 税込価格:63万8000円

Kawasaki Z250
2023年モデル

総排気量:248cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:795mm
車両重量:164kg

発売日:2023年2月15日(水)
税込価格:63万8000円

排ガス規制に対応し継続販売決定、価格は2万7500円アップ

カワサキ「Z250」は、2013年4月に国内デビューした2気筒ネイキッドスポーツ。基本コンポーネントはフルカウルスポーツのNinja250と共通。スタイリングは、同社のZシリーズならではの「Sugomi」デザインが特徴となっている。

2023年モデルでは、令和2年排出ガス規制に適合させ、型式および型式指定・認定番号が変更された。それに伴い、諸元も変更。なお価格は従来の税込61万500円から税込63万8000円に改定されている。

あわせてボディカラーも変更。2023年モデルは、「キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック」1色の設定だ。発売予定日は2023年2月15日。

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: カワサキが「Z250」の2023年モデルを発表! 新排ガス規制に対応&ボディカラーを変更
    Z250|2023年モデル|キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック
  • 画像3: カワサキが「Z250」の2023年モデルを発表! 新排ガス規制に対応&ボディカラーを変更
    Z250|2022年モデル|メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー
  • 画像4: カワサキが「Z250」の2023年モデルを発表! 新排ガス規制に対応&ボディカラーを変更
    Z250|2023年モデル|キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック
    59
    442
  • 画像5: カワサキが「Z250」の2023年モデルを発表! 新排ガス規制に対応&ボディカラーを変更
    Z250|2022年モデル|メタリックスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー
    41
    313

投票ありがとうございました。

カワサキ「Z250」2023年モデルの主なスペック・燃費・製造国・価格

全長×全幅×全高1990×800×1060mm
ホイールベース1370mm
最低地上高145mm
シート高795mm
車両重量164kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量248cc
ボア×ストローク62.0×41.2mm
圧縮比11.6
最高出力26kW(35PS)/12500rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/10500rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.5゜
トレール量92mm
タイヤサイズ(前・後)110/70-17M/C 54H・140/70-17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後)Φ310mmシングルディスク・Φ220mmシングルディスク
燃料消費率 WMTCモード値25.1km/L(クラス3-2)1名乗車時
製造国タイ
メーカー希望小売価格63万8000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

カワサキ「Z250」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.