2022年1月14日、カワサキが「Z1000」の2022年モデルを発売しました。

カワサキ「Z1000」2022年モデルの特徴

画像: Kawasaki Z1000 国内仕様・2022年モデル 総排気量:1043cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:815mm 車両重量:220kg 発売日: 2022年1月14日(金) 税込価格:118万8000円

Kawasaki Z1000
国内仕様・2022年モデル

総排気量:1043cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:815mm
車両重量:220kg

発売日: 2022年1月14日(金)
税込価格:118万8000円

カワサキにおける「Z1000」という名称は歴史あるもので、はじめて登場したのは1970年代のこと。名車Z1の後継機種にあたるモデルでした。

現行モデルが登場したのは、2017年4月。「Sugomi」デザインの迫力あふれるスタイリングは、時を経ても斬新なもの。排気量1043cc・水冷4気筒エンジンの放つパワーは、見た目にたがわぬアグレッシブな走りをアシストしてくれます。

新たに発表された2022年モデルでの変更点は、カラーと価格。カラー変更は約3年ぶりとなり、久しぶりにカワサキならではのグリーン系が採用されています。カラー名称は「メタリックマットカーボングレー×エメラルドブレイズドグリーン」。

価格は従来の税込117万1500円から税込118万8000円に(+1万6500円)。全国のカワサキプラザで2022年1月14日に販売開始。


【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: カワサキ「Z1000」が3年ぶりのカラーチェンジ! 2022年モデルでは久しぶりにグリーン系の新色を採用、1月14日に発売
    2019年|メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー
  • 画像3: カワサキ「Z1000」が3年ぶりのカラーチェンジ! 2022年モデルでは久しぶりにグリーン系の新色を採用、1月14日に発売
    2022年|メタリックマットカーボングレー×エメラルドブレイズドグリーン
  • 画像4: カワサキ「Z1000」が3年ぶりのカラーチェンジ! 2022年モデルでは久しぶりにグリーン系の新色を採用、1月14日に発売
    2019年|メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー
    29
    239
  • 画像5: カワサキ「Z1000」が3年ぶりのカラーチェンジ! 2022年モデルでは久しぶりにグリーン系の新色を採用、1月14日に発売
    2022年|メタリックマットカーボングレー×エメラルドブレイズドグリーン
    71
    588

投票ありがとうございました。

カワサキ「Z1000」2022年モデルの主なスペック・価格

全長×全幅×全高2050×790×1055mm
ホイールベース1440mm
最低地上高125mm
シート高815mm
車両重量220kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量1043cc
ボア×ストローク77.0×56.0mm
圧縮比11.8
最高出力104kW(141PS)/10000rpm
最大トルク111N・m(11.3kgf・m)/7300rpm
燃料タンク容量17L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.5゜
トレール量101mm
タイヤサイズ(前・後)120/70 ZR17M/C 58W・190/50 ZR17M/C 73W
ブレーキ形式(前・後)Φ310mmダブルディスク・Φ250mmシングルディスク
メーカー希望小売価格118万8000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.