2021年10月13日、ヤマハモーター台湾がスクーターのニューモデル「フォース2.0」を正式に発表した。

ヤマハ「フォース2.0」の特徴

画像: ヤマハ フォース(2021年モデル)

ヤマハ フォース(2021年モデル)

コンパクトなボディに155ccエンジンを搭載して実現した軽快な走りと、アグレッシブさ溢れるスポーティなルックス、そして優れた実用性を兼ね備えるスクーターとして人気を集めてきた「フォース」がフルモデルチェンジし、誕生した後継モデルが「フォース2.0」。

画像: YAMAHA FORCE2.0 総排気量:155cc エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:815mm 車両重量:130kg

YAMAHA FORCE2.0

総排気量:155cc
エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:815mm
車両重量:130kg

コンパクト化と11kgもの軽量化でより軽快に!

コンパクトボディにパワフルなエンジンを組み合わた、使い勝手の良い快速スクーター、という基本的なコンセプトは従来の「フォース」から受け継がれている。しかし、今回のフルモデルチェンジで誕生した「フォース2.0」では、その特徴を活かすためにさらに大きな進化を遂げている。

画像1: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

スタイリングは一新された。鋭い表情のフロントマスクなどにヤマハ製の最新スクーターモデルに共通のキャラクターを感じさせる。まるで内部構造をむき出しにしたようにも見える側面の独特なアクセントにも目を惹かれる。

画像2: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

さらに短く切り詰められたテール後端に埋め込まれた印象的なLEDテールランプなどでも、先鋭的なイメージを表現している。

画像3: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

前後13インチというホイールサイズは変わっていないが、ボディサイズそのものはやや小さくなり、新しい軽量フレームの採用などで「フォース」から11kgもの軽量化を達成。

画像4: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

加えて搭載されている155cc水冷単気筒エンジンは、「フォース」では日本でも販売されている「マジェスティS」と同系列のものだったが、「フォース2.0」ではVVA機構やスマートモータージェネレーターを採用し、効率の向上とパワーアップを果たした新型「NMAX155」と同型のブルーコアエンジンへと変更。その結果、俊敏で力強い走りにさらに磨きがかかった。またABSやトラクションコントロールも採用し、幅広いシチュエーションでの安全性もアップ。

画像5: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

「フォース2.0」はルックスや走りだけでなく、実用性の面でも改良が進んだ。ボディ自体はコンパクトになったが、スペース効率の追求によってシート下の収納スペースは23.2Lの容量を確保、XLサイズのフルフェイスヘルメットが入るように造られている。また「フォース」からはフラットフロア構造が引き継がれていて、乗り降りのしやすさなど、抜群の使い勝手の良さを実現。

画像6: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

新しい液晶メーターもサイズこそコンパクト化に合わせて最小限に抑えられているが、多彩な情報・機能を分かりやすく表示することができる機能的なデザインだ。

画像7: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

ポジション設定はアップライトでワイドなバーハンドルなど、開放的でリラックスできる設定で街乗りには最適。単に快適なだけでなく、ライダーがコンパクトなボディの軽快感を感じられるようなレイアウト。

画像8: ヤマハ「フォース2.0」の特徴

シートも高密度フォームやスェード調の表皮を使用し、乗り心地と安定感を重視した新デザイン。ライダーだけでなくタンデムの快適さも向上させている。シート高は815mm。

画像: 【公式動画】 釋放自傲本能:「FORCE 2.0」 | Yamaha Motor Taiwan 台灣山葉機車 www.youtube.com

【公式動画】
釋放自傲本能:「FORCE 2.0」 | Yamaha Motor Taiwan 台灣山葉機車

www.youtube.com

ヤマハ「フォース2.0」のカラーバリエーション

「フォース2.0」のボディカラーには、ブラック(現地表記:夜鈦黑(消光))、グレー(隕鐵灰(消光))、ホワイト(冷冽白)、グリーン(沙暴綠(消光))の4色が用意されている。

画像: ブラック(夜鈦黑(消光))

ブラック(夜鈦黑(消光))

画像: グレー(隕鐵灰(消光))

グレー(隕鐵灰(消光))

画像: ホワイト(冷冽白)

ホワイト(冷冽白)

画像: グリーン(沙暴綠(消光))

グリーン(沙暴綠(消光))


【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    ブラック
  • 画像2: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    グレー
  • 画像3: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    ホワイト
  • 画像4: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    グリーン
  • 画像5: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    ブラック
    44
    305
  • 画像6: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    グレー
    17
    120
  • 画像7: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    ホワイト
    13
    91
  • 画像8: ヤマハ「フォース2.0」が台湾でデビュー! 先代の「フォース」から全てを一新してより速く、快適で便利に進化【2022速報】
    グリーン
    25
    173

投票ありがとうございました。

ヤマハ「フォース2.0」の主なスペック

全長×全幅×全高1895×760×1120mm
ホイールベース1340mm
シート高815mm
車両重量130kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量155cc
燃料タンク容量6.1L
変速機形式CVT無段階変速
タイヤサイズ(前・後)120/70-13・130/70-13
ブレーキ形式(前・後)φ267mmディスク・φ230mmディスク

This article is a sponsored article by
''.