画像: アトラス山脈をを越えて南下する750kmのロングステージ。Real Race to DAKAR Vol.4

1月7日(火) ステージ1 モロッコ
タンジェ~タルダ 754.24km

フェリーは予定通り1月7日の6時にタンジェの港に接岸。アフリカ・エコレースはアフリカステージに入り本格時な競技が始まった。ステージ1はタンジェからアトラス山脈を越えて南下、エルラシディアに近いビバークに至る750kmという長い工程。前半に含まれる約25kmの短いSSは、まさに小手調べれといったところだが、コースには分岐が多く、トリッキーなナビゲーションに翻弄され大きくタイムロスするライダーもすくなくなかった。

画像: AER2020 ステージ1 youtu.be

AER2020 ステージ1

youtu.be
画像: タンジェ港のスタートを待つリンドン・ポスキット

タンジェ港のスタートを待つリンドン・ポスキット

画像: アトラス山脈を越える長いリエゾン

アトラス山脈を越える長いリエゾン

日本選手は全員ビバークに到着

日本から参加している選手では、杉村晋吾が2輪総合21位と順調な滑り出し。資延哲規、大塚正樹、増田まみも無事に長いリエゾンを走り切ってビバークに到着。SSVクラスの菅原義正・羽村勝美も順調だったが、梅田真佑がマシントラブルでストップし、未明の到着となった。

ステージ1を終えてのトップは、エンデューロ世界選手権・ダカールの経験も豊富、昨年もこのラリーで優勝したアレッサンドロ・ボットゥーリ。2番手には、自走で旅をしながら世界中のレースに参加するプロジェクト「Race to Places」で知られるリンドン・ポスキットがつけた。朝晩は零下、日中は15℃前後まで気温が上がるが風は冷たく、この寒さもライダーには試練になっているようだ。

画像: AER2020 ステージ1 ビバークにて談話 youtu.be

AER2020 ステージ1 ビバークにて談話

youtu.be
画像: 増田まみも順調

増田まみも順調

画像: 初日のSSを21位で通過した杉村晋吾

初日のSSを21位で通過した杉村晋吾

This article is a sponsored article by
''.