2020年1月5日にモナコをスタート、19日にセネガルの首都ダカールにフィニッシュするアフリカエコレースの日程が今日から始まった。3日、4日の2日間に渡って車検が行われ、競技車両は車検会場のマントン市から約15km西に位置するモナコのパルクフェルメでスタートを待つことになる。

Reported by Hisashi Haruki

画像: 「ヨーロッパからアフリカへ。ついに始まる“もう一つの”ダカール」 Real Race to DAKAR vol.1

アフリカエコレース2020
1月3日(金) 受付・車検
フランス・マントン

画像: Africa eco race 2020 車検 モナコ-マントン youtu.be

Africa eco race 2020 車検 モナコ-マントン

youtu.be
画像: アフリカエコレース2020 1月3日(金) 受付・車検 フランス・マントン

人気が爆発した夢のラリー

2009年の初開催から12年目催。年々注目度が高まっているこのラリーだが、今年は2輪部門で前年の180%にあたる約130名、4輪はトラック、オート、SSV(バギー)をあわせて70台のエントリーと人気爆発の様相だ。その背景には、ダカールのサウジアラビア一国開催などの要因も考えられるが、かいつまんで言えば、アフリカでの冒険ラリー「パリダカ」に憧れを抱いてきた世代の受け皿になったといえるかもしれない。もちろん、いくつもの国境を越える「クロスカントリーラリー」ならではのダイナミズム、さらにはフランス人にとっての北アフリカ、サハラへの憧憬といったものが、その根底にあるということは、どこかで書きとめておくべきだろう。

オート部門の参加者の中には、1990年頃のパリダカで活躍したバジェロを持ち込むチームもあり、ノスタルジーもこのラリーに期待するもののひとつであることをうかがわせる。

風光明媚なコートダジュールでのスタートは、その意味ではこれ以上ない舞台装置といえる。明日、明後日は週末にも重なるわけだから、パルクフェルメそしてスタートのポディウムも、クリスマス休暇をモナコで過ごす人々で賑わうことだろう。

画像: 人気が爆発した夢のラリー

日本からの挑戦者たち

すでにお伝えしているが、2輪部門では日本から、増田まみ(Beta)、杉村晋吾(Husqvarna)、資延哲規(Husqvarna)、大塚正樹(Husqvarna)が出場。小型バギーのSSV部門に、菅原義正がパリダカ時代からの僚友である羽村勝美をナビゲーターとして出場、また同じチームのエキップスガワラから梅田真佑がSSVにシングルハンド(ドライバー自身がナビを兼ねる)で出場する。

画像: 杉村晋吾とメカニックの麻生賢司。2004年のセローによるパリダカ参加での手痛い敗退すら、多くの経験を積んでの再挑戦だ

杉村晋吾とメカニックの麻生賢司。2004年のセローによるパリダカ参加での手痛い敗退すら、多くの経験を積んでの再挑戦だ

海岸に面したマントン市街の車検会場では、午後8時になってもラリーマシンたちり爆音が響き、また見物客も多く賑やかそのものだ。車検は1月4日も行われる。

画像: 菅原・羽村組のヤマハSSV

菅原・羽村組のヤマハSSV

This article is a sponsored article by
''.