画像: BTM通信 vol.24 アフリカレース - モーリタニアの難関に挑む - 公式ルート動画公開

第1回大会は2009年。以来、ヨーロッパをスタート、セネガルの首都ダカールの海岸にフィニッシュする、かつてのパリダカのルートを再現するラリーとして毎年開催が続けられ、2020年で12回を迎える大会。

4つの国境を渡る

1月5日モナコを出発、フェリーで地中海を渡り、モロッコのタンジェから本格的なステージが開始。モロッコ、西サハラ、そしてモーリタニアへ。今回は、パリダカでも難関とされてきたティジカジャでループのステージも組まれており、ラリーのハイライトになると予想されている。

画像: AER 2020 Route Teaser youtu.be

AER 2020 Route Teaser

youtu.be

アフリカエコレース2020 スケジュール

1月4日 セレモニアルスタート モナコ
1月5日 フェリー乗船 モナコ
1月7日 ステージ1  タンジェ-タルダ 754,24km
1月8日 ステージ2  タルダ-マミッド 333,13km
1月9日 ステージ3  マミッド-アッサ 516,32km
1月10日 ステージ4 アッサ-スマラ 404,52km
1月11日 ステージ5 スマラ-ダクラ 686,10km
1月12日 休息後   ダクラ
1月13日 ステージ6 ダクラ-チャミ 559,93km
1月14日 ステージ7 チャミ-アイジディン 477,95km
1月15日 ステージ8 アイジディン-ティジカジャ 477,95km
1月16日 ステージ9 ティジカジャ-ティジカジャ 469,10km
1月17日 ステージ10 ティジカジャ-アイディニ 600,59km
1月18日 ステージ11 アイディニ-サンルイ 473,66km
1月19日 ステージ12 サンルイ-ダカール 291,97km

デイリーレポート実施

2輪のエントリー数だけで前年比の185%と注目を集めるラリー。総走行距離は6000km以上。日本からは菅原義正が4輪のSSV部門、2輪部門では杉村晋吾、増田まみらが出場。ラリーの模様は、このオフワン・ドット・ジェイピーでもデイリーレポートする予定だ。

画像: AFRICA ECO RACE 2020 配信予告 youtu.be

AFRICA ECO RACE 2020 配信予告

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.