新たに1050という名になった新型V-STROMは、往年のダカールマシン「DR-Z800」やアドベンチャーのルーツと言われる「DR750S」をオマージュしたスタイリングに大きくイメージチェンジ、その雰囲気をガラッと変えての登場となった。名車のオーラをまとった新型の開発にはどんなドラマがあったのだろう。
(レポート:オートバイ編集部 松本正雅)

性能も装備も充実して乗る前から欲しくなる!

画像1: 【開発者インタビュー】スズキ「Vストローム1050/XT」/アドベンチャーの元祖「DR-BIG」のスピリットを込めて【新型誕生の舞台裏】

福留武志

スズキ株式会社
二輪カンパニー
二輪企画部長

「ちょうど入社してすぐ、ダカールマシンのDR‐Z800を担当したこともあって、思い入れはひとしおです」

そう語るのは、V‐STROM250やGSX250Rなどの開発責任者も担当してきた福留さん。新型V‐STROM1050は、往年のDRを想わせるスタイリングを採用しているが、かつてのDRファンでなくても、心の琴線に触れる、新しさと懐かしさを感じさせるデザインが魅力となっている。

「いつも意識していることなのですが、ひと目みて『触れてみたい』『乗ってみたい』と思うのがライダーの性。乗ってみたらいいバイクだった、では、ライダーの心はつかめないのです。ですから、開発の際にはスタイリングも大切にして『乗る前から欲しくなるバイク』を常に目指しています」

画像: 性能も装備も充実して乗る前から欲しくなる!

V‐STROMは、まだアドベンチャーというカテゴリーが生まれる前からラインアップされていた老舗ブランド。ともすれば排気量拡大路線に走りがちなアドベンチャークラスの中にあって、いたずらに排気量アップをせず、伝統あるVツインエンジンの特性を磨きぬいて今に至っている、こだわりのモデルなのだ。

「今回名前が1050になりましたが、実は排気量は1037㏄で、数字だけ見ると従来のモデルと変わっていません。実は初期段階では車名も従来通り1000のままでいくつもりだったのですが、今回は電子制御スロットルや電子制御ライディングアシストを導入し、性能面も大きく進化したため、ここまで変えたのだから名前も、という流れになったため、1050となったのです」

画像: もともとはスポーツバイクのエンジンから始まり、途中ツインスパーク化を経て、いまなお熟成と進化を続けるVツインユニット。

もともとはスポーツバイクのエンジンから始まり、途中ツインスパーク化を経て、いまなお熟成と進化を続けるVツインユニット。

そんなエンジンの進化に大きく貢献したのが、今回から採用の電子制御スロットル。実はこの開発が最も大変だったようだ。

「スロットルの開度をセンサーで検知する仕組みなのですが、ライダーがスロットルを開けた際のレスポンスをどう作り込むか、いかに違和感のない、スムーズなパワーフィールに仕上げるかに神経を使いました。従来型のユーザーさんから『もう少し上の回転域でパワーが欲しい』というリクエストが多かったこともあって、ここには相当気を使いました」

こうした苦労のかいあって、新型V‐STROM1050のパワーフィールは非常に爽快なものに仕上がっているようだ。

「従来型オーナーなら、走り出せばすぐわかるほど爽快なパワーフィールに進化しています。乗りやすさを犠牲にすることなく、高回転域で俊敏なピックアップを楽しめるのは、ひとえに熟成を重ねてきたたまものだと思います。ハンドリングも、専用チューニングを施したタイヤ(ブリヂストンのA41)の採用で軽快なハンドリングに仕上げています」

パワーモードのSDMSや、坂道発進のアシストをするヒルホールドコントロール、逆に坂道の下り時にリアのホッピングを抑えるスロープディペンデントコントロールシステムなど、先進のライダーアシストも満載。今から乗れる日が待ち遠しい1台だ。

「オンロードツアラーではありますが、走破性が高いので、想像以上ににダートもイケます。楽しみにしていてください」

レポート:オートバイ編集部 松本正雅

画像: DR-BIGと同じデザイナーが手がけたというデザインはまさしく伝統を感じさせるもの。カラーリングも往年のファンなら感涙ものだ。

DR-BIGと同じデザイナーが手がけたというデザインはまさしく伝統を感じさせるもの。カラーリングも往年のファンなら感涙ものだ。

今回から6軸IMUを新採用。GSX-R1000Rで培ったノウハウも投入され、電子制御ライディングアシストのレベルは飛躍的に高まった。

月刊『オートバイ』2020年1月号はEICMA大特集! 新型車の詳報をぜひお楽しみください。

おすすめ関連記事

This article is a sponsored article by
''.