数値化はされてないが、疲労回復効果を実感

アスリートの世界では機能性ウエアが普及している。

着圧によって運動時の筋力アシストや疲労軽減効果が注目され、競技時に着用するライダーも増加中。

僕も寒い時期は着圧機能を備えた防寒インナーを着ていて、その疲労軽減効果は実感できている。

逆に「積極的な休養」を開発コンセプトとして、疲労回復効果をアシストするのがベネクスのリカバリーウエアシリーズで、半袖と長袖のTシャツ、タイツ、ネックウォーマーやブランケットになるクロスが揃っている。

画像: 価格:1万6200円 [カラー] スモーキーグレー、ネイビー [サイズ] M(165〜175cm)、 L(170〜180cm)、XL(175〜185cm) [ 問 ] ヒョウドウプロダクト   TEL.053-465-8281 https://www.hyod-products.com

価格:1万6200円
[カラー] スモーキーグレー、ネイビー
[サイズ] M(165〜175cm)、
  L(170〜180cm)、XL(175〜185cm)
[ 問 ] ヒョウドウプロダクト TEL.053-465-8281
    https://www.hyod-products.com

「着るだけで疲れが取れる」の理由は、ウエアの生地にある。

元の素材はポリエステル90%、ポリウレタン10%だが、繊維1本1本の中にナノ化プラチナと数十種類の鉱物を練り込んだ『PHT』という特殊素材になっている。

画像1: 数値化はされてないが、疲労回復効果を実感

PHTが肌に触れると微弱電磁波が流れ、副交感神経が刺激されて血流が上がり、遠赤外線効果と併せて疲れを取る、という理屈。

この説明だけだとネット通販に多いオカルト商品っぽい? ので、着用頻度が高そうな長袖Tシャツを3週間毎日着用してみた。

画像2: 数値化はされてないが、疲労回復効果を実感

正直なところ、クタクタに疲れた状態で着たわけではないから、着ている最中に疲労回復を実感することはできなかった。

ただ、普段着ているコットンの長袖Tシャツよりも寝付きも寝起きも良くなったのは事実。

おそらく睡眠の質が上がっているのだろう。

画像3: 数値化はされてないが、疲労回復効果を実感

取材で丸一日走っても翌日はスッキリと目が覚めるのも、良質な睡眠によって疲労回復が早まっていることの証明だと思う。

デメリットは何もないので、テスト後もパジャマ代わりに毎日着ている。

アスリートはもちろんだが、加齢で体力回復の遅れを実感しているライダーも試す価値ありだ。

Photo:南 孝幸 Model:梅本まどか

公式サイト

This article is a sponsored article by
''.