スズキのGSX-R125がヤバいことになってます。GSX-S125でもスゴかったのに、本命はコッチだったのか!? こんなに速い125ccには、ぶっちゃけ今まで乗ったことが無いかもしれません……

カッコいいんだけど、第一印象は……

画像: カッコいいんだけど、第一印象は……

スズキのニューモデル「GSX-R125」ですが、ボクはこのバイクをはじめて見たときに「カッコいいな、これ」って思いました。

純粋にフルカウルスポーツとして美しいんです。一度、実車を見て欲しいです。本気で。

そのうえでぶっちゃけますが……ボクははじめてGSX-R125のプライスタグを見てちょっとだけ引いたんですよネェ。

GSX-R125のカラーは3種類

38万6440円って!?

150ccのジクサーは単色だと31万6440円ですよ? ジクサーより排気量が少ないのに値段が高いってどういうこと!?

普通は排気量が大きいほうが偉いってモンでしょ?

ジクサーの満足度が高すぎた?

画像: ツートンカラー/32万1840円

ツートンカラー/32万1840円

しかもジクサーが本当に良く出来ているバイクなんですよ。 150ccとは思えなくほどデカくてカッコいいし、走らせるとすごく楽しい。

このジクサーがあるというのに、いくらフルカウルとはいえGSX-R125って必要か?

でも「GSX-S125」でちょっと理解

画像: GSX-S125

GSX-S125

でも先行発売されていたGSX-S125のおかげで、変な誤解は無くなりました。

確かに高性能。だから「S」は35万4240円でもジクサーより高価な価値はあるな、と思っています。

しかしっ

フルカウルになった途端、「S」よりさらに3万2200円アップだとっ!? そりゃカウルぶんのコストが掛かるのはわかるんですけど……

いわゆる、マニアのバイク?

撮影/森 浩輔

うん、でもやっぱりカッコいい。街乗りでも目立ちますよコレは!

って……いやいや、そうじゃない(笑)

いわゆるレースファン向けのバイクってことですかね? それともMotoGPのGSX-RRみたいでカッコいいから、そのぶん高価なんです、ってこと?

ダメですよ、我々バイク乗りは厳しくバイクを見るんです。それじゃだけじゃ納得できません!

しかも乗車姿勢がけっこうスゴい……

画像: しかも乗車姿勢がけっこうスゴい……

腕をリラックスさせて跨ると……おおおおお……けっこうな前傾姿勢。ちょっとびっくり、ここまでいきますか……

そして異様なまでにスリム。重量が134kgと軽くてシート高785mmですから、取り扱いに困ることはありませんけどね。

身長176cmのボクじゃなくても足着きはベッタベタでいけるでしょう。

でも、間違っても「街乗りが快適」なんて言いませんから! 身長176cmで先の写真みたいな前傾姿勢なら、もっと小柄な人はさらに前傾っていうことでしょ?

これ、けっこうハードな乗車姿勢ですって。もちろん大排気量のスーパースポーツほどじゃないですけどね。

え? これ速くない?

画像1: え? これ速くない?

ということで実走タイム。こういうのって乗ってみるのが一番理解が速いですから。

なので、ちゃんと走ってみるために峠道まで持っていきました。まだ道路脇に雪が残っているくらい路面温度も冷え冷えでしたが……

ウソだろ速えええっっっ!

いや本当に!「まぁ125にしては速いよなー」とかいう平和な話じゃなくって、きちんと速い。なにが速いって、コーナーが速い。特にアプローチが鋭いんです。

スパッっと車体がバンクする!?

画像2: え? これ速くない?

ABSが標準装備なのでタイヤが温まらない環境でも安心感はありました。

でも、それよりもライディングポジションでこんなに走りが変わるのか? ってことを伝えたいです。

GSX-S125よりもフロントタイヤの安心感が高い。だから冷えた路面でも「ここから先は危ないからダメよ」っていうのが分かりやすいんです。

これは優秀なスポーツバイクに欠かせない資質だと思っているんですけど、GSX-R125にはそれがある!

画像3: え? これ速くない?

さらにブレーキとサスペンションのバランス感が素晴らしいのです。ブレーキレバーを離した瞬間もスッとリリースされて姿勢が乱れない。

サスペンションもしなやか、っていうか、動きが高級な感じ。

そして、そこからクルンッ!と一気に曲がります。前後17インチタイヤの本領発揮です!

ライダーが車体をホールドしやすい!

画像1: ライダーが車体をホールドしやすい!

その走りを楽しめるのは、バイクからのインフォメーションが明確だからです。

まずは限界をわかりやすく教えてくれるシートの高いホールド感。

見た目よりもけっこう前後に移動できて、ライディングポジションの自由度が高いのが本格的でした。

画像2: ライダーが車体をホールドしやすい!

そして、ステップバーも先端までローレットが刻まれた金属ステップで本気です。ガッ!とステップを踏みやすいから下半身で強くホールドしやすいんですよ。

画像3: ライダーが車体をホールドしやすい!

その「ステップを踏んでの車体ホールド」のしやすさを実現しているのが、前傾姿勢のセパレートハンドル。もちろんフロント荷重にも貢献します。

これらハンドルとシートとステップの関係性がスゴい。ライダーと車体をつなぐ3点が、とにかく走るために最適化されています。

完全にスーパースポーツでした

画像: ヘッド周りはすべてLEDです。125ccの高級車です!

ヘッド周りはすべてLEDです。125ccの高級車です!

ああ、わかりました。これって125ccのスーパースポーツなんです。公道走行ができない“レースベース車に限りなく近い”って言っちゃっていいと思う。

ちなみに最近は同じベース車からの派生モデル、っていうのがたくさんありますけど、そういうバイクにも「核になるモデル」というのがやっぱりあります。

このシリーズは、きっとコレを理想として作られているんだろうなって感じる機種が必ずあるんですが……

画像: 完全にスーパースポーツでした

GSX-R125とGSX-S125ならば、間違いなくスズキのエンジニアが狙ったのは「R」の走りでしょう。

間違いありません。だってこれ、乗り比べたら誰だってすぐに感じられることです。

でも、この125ccスーパースポーツの「R」を万人におすすめしようとは思いません。普通に走って楽しむならGSX-S125で充分だと思うからです。

Sの走りも負けてませんから!

この高性能と、125ccならではの利便性や経済性で毎日乗り倒すなら「S」がいいです。

エンジンは基本的に同じですしね。超精密な水冷DOHCエンジンのフィーリングについては、Sの感想をご覧ください。

エンジンのキーワードは『6000・8000・10000』です。

それでも!とことん「走り」を極めるならば

それがわかったうえで、どこまでも走りを求めるなら、Sでもなくジクサーでもなく「GSX-R125」しかありません。

だってこの「R」はたぶん今、国産125ccクラスで最上級にピュアなコーナリングマシンですから。

スズキ車として「GSX-R」を名乗るのは伊達じゃないってことです。

余談ですがこの日、同じ峠道に某400cc4気筒の超定番ネイキッドスポーツが走りに来ていました。

けっこう「このワインディングに精通しているライダーだなぁ」って目で、その走りっぷりを見ていたんですけど、カメラマンがひと言……

『あ、でもコーナリングスピード同じくらいだよ?』

え…スゲェなGSX-R125!(笑)

いくら路面状況が悪くて、タイトターンで、軽さが有利なシチュエーションだったとはいえ、これはすごいことだと思います。間違ってもボクの腕前のせいじゃないことの自覚はありますから(笑)

ということで、言っていることが180度変わって申し訳ありませんが……

38万6440円? みんな、これゼッタイ格安ですって!

GSX-R125も乗れます!無料の大試乗会が4/14(土)からスタート

<SUZUKI ファンRIDEフェスタ>

画像: www1.suzuki.co.jp
www1.suzuki.co.jp

全国10箇所で行われる試乗会は参加費無料。

もちろん試乗だけじゃなくて楽しいイベントもあるよ!

GSX-R125をもっと詳しく知りたいなら!

This article is a sponsored article by
''.