本文へジャンプします。

@niftyトップ


現在位置:WEBオートバイ>2011年2月

「2011年2月」の記事

ニュース

新車用・市販用とも前年越え

日本自動車タイヤ協会の調べた2010年(1~12月)の二輪車用タイヤ販売本数は、新車用と市販車用を合わせた合計が前年比2%増の290万4000本となった。このうち新車用が同2.7%増の99万6000本、市販車用は同1.7%増の190万8000本。

ニュース

モータースポーツには欠かせない盛り上げ役、それがサーキットクイーン。
サーキットによって呼び名が違うこともありますが、イベントやモーター
スポーツに華を添える彼女たちの存在は重要です。

今回は決定したばかりの「鈴鹿サーキットクイーン」をお披露目。
鈴鹿8耐や、F1など鈴鹿サーキットで開催されるイベントには、もちろん
登場予定。約100人の応募者の中から選ばれた彼女たちをご覧ください。

                                  (編集部・福助)

10691
左から田中 朋恵 さん(たなか ともえ)・三重県/中川 祐佳 さん(なかがわ ゆか)・兵庫県
/早川 采伽 さん(はやかわ あやか)・三重県/中橋 舞 さん(なかはし まい)・兵庫県
/松井 かれん さん(まつい かれん)・三重県


モータースポーツ
編集部より

現在発売中のオートバイ3月号では、ツーリング慣れしていないレーシング
ライダーたちによる珍道中の模様をお届けしましたが、明日(3月1日)
発売の4月号では、いよいよ今シーズンのレースに関してのトークが
満載となってます。ゲスト2人の、貴重な少年期の話まで飛び出しますんで
ぜひご期待下さいね。

_mg_1092
3月号に引き続き、高橋裕紀選手(左)と清成龍一選手(中央)がゲストとして登場します。

モータースポーツ

朝方から雨が降って、朝のウォームアップこそウェット路面だったものの
決勝は2レースともドライコンディションで行われたワールドスーパーバイク開幕戦。
レースは、なんとなんと、月、火曜の事前テスト、そして金曜からの全セッションで
トップタイムだったカルロス・チェカ(ドゥカティ)がWウィンを決めてしまいました!

そして我らがハガノリは、予期せぬトラブルも乗り越えて9/7位。
確実に走り切って、キッチリとポイントを獲得して開幕戦を終えました!

0227_wsbknoriact
ビアッジを従えて走るハガノリ。このシーン、レース2の1周目でしょうか。

編集部より

そんなわけで福助さんの謎の指示で愛車ゼルビスの
タイヤ交換を済ませたわたし、編集部唯一の20代でもあるコダマなわけ
ですが、先日の250ccスポーツの取材に同行してきました。

「スケジュール空けといて」っていう福助さんの謎の指令は
この取材のことだったんですね…。

ナカムラさんもブログで書いていましたが、
注目の250ccスポーツモデルをミニコースに持ち込んで
サーキットランをする取材でした。

_mg_5558

ヒョースンGT250R、カワサキNinja250R、ホンダVTR、メガッリ250R、とピカピカのモデルたちが並ぶ中、
92年式のホンダ ゼルビスでこっそりと取材に参加しました。

何しに? って…

ニュース

昨日(2011年2月26日)、鈴鹿8耐やF1の開催などでお馴染みの
三重県・鈴鹿サーキットにフラワーガーデンホテル「ファミリールーム」が
オープンしました。
これから各種のレースやイベントなどが開催されるわけですが、
「モータースポーツは観たいけど、家族が反対して行けない」という悩み
をお抱えの、アナタにこ役立つ情報かもしれません。

実際、2歳児(お出かけ大好き)と4歳児(バイクとクルマ大好き)を抱える
我が家にはちょうど良いんじゃないかと思い、早速予約を入れちゃいました。
なにやらサイトからの申し込みがややこしかったんですが、
それもすっかり解消したみたいですね。

10534
こちらの施設、「ミキハウス子育て総研株式会社」が定める“”ウェルカムベビーのお宿に認定されて
います(愛知・岐阜・三重で唯一の認定)。

編集部より

ツーリングライダーには、いまさら説明の必要も無いであろう
“ツーリングマップル(昭文社)”の2011年版が2月10日に発売になりました。
オートバイ編集部にもエリア版を1冊ずつ送って頂きましたんで、
ここで紹介させて頂きますね。
 
ツーリング用として特化した内容と、その実用性の高さが際立っている
のはご存じのとおりで、たまたま編集部にいたテストライダーの太田も
「これ見るとツーリングに行きたくなるんだよなぁ」とつぶやいていました。
 
余談ですが、タンクバッグはツーリングマップルをそのまま入れられる
ように設計しているものが多いですよね。
というわけで、ツーリングファンのためのマップ本紹介でした。

                                  (編集部・福助)

Img_0358

モータースポーツ

きょう26日土曜日は、ワールドスーパーバイク開幕戦
公式予選2回目とフリー走行2回目、そしてスターティンググリッドを決める
スーパーポールが行われ、見事に開幕戦ポールシッターとなったのは
ドゥカティ1098Rをライディングする、Altheaレーシングのカルロス・チェカでした。

0226_wsbkriders
開幕戦恒例の選手勢ぞろい記念撮影。芳賀選手は…いたいた、右から3番目~
「去年はほとんど真ん中だったのに、今年はこんなに隅っこ。これがレース、勝負の世界だよね」
とは芳賀選手のチーム関係者の弁です。

カワサキ
ギアーズ

BEETからニンジャ1000用のスリップオンマフラーが発売されます。
まだ予約段階ですが、この一本出しマフラー、かなりイイ感じです。
2本出しが1本出しになり、重量面でもかなりメリットがありそうですし。

というわけで、注目の1本です。ご覧ください。

                                  (編集部・福助)

201102231738450

ちなみにスタンダードは↓こんな感じの左右2本出しです。

11zx1000h_40agrndls00d

ホンダ

限定300台の販売ということで、注目を集めているCB1100無限仕様。
オートバイ3月号や、このブログでも概要を紹介しましたが、
3月1日発売のオートバイ4月号では、実際に走行してのインプレッション
を掲載しているんです。

Cb001

モータースポーツ

早いもので、きょう金曜からワールドスーパーバイクがスタートしています。
WSBKのスケジュールは金曜にフリー走行1回目、予選1回目を行ない
土曜に予選2回目、フリー走行2回目をやってスーパーポール、って進行で
きょう金曜は、フリー走行1回目と予選1回目を終了しています。

Wsbk01_haga_action
いよいよアプリリアでの初陣!ハガノリ初日の成績は!

新車情報
スズキ

スズキの逆輸入スーパースポーツ“GSX-R600”がフルモデルチェンジ
を果たしました。カウルやマフラーの形状変更をはじめ、各部がより洗練
されての登場です。
個人的にはサイズの問題、パワーの問題、いろいろ含めて考えても1000より
600クラスのスーパースポーツの方が好きなんですよね。
前にCBR600RRを所有していたこともありますし、完全に好みの問題
かもしれませんけど。
それでは、カラーバリエーションを全色紹介したいと思います。
細かい諸元、販売網なんかに関しては、MotoMapのサイトをご覧くださいね。

                                   (編集部・福助)

Gsxr600_c_ph01_l
2011年型GSX-R600。

スズキ
モータースポーツ

今年も着々とレースシーズンの開幕が近付いていますが、
スズキでは公式のレースレポートをサイトをオープンしました。
こちらのサイト、MotoGPから全日本モトクロスまで、幅広く網羅している
のがポイントです。そしてこのサイト、“マシンマニア”の方には嬉しい
ことに、各レーシングマシンの詳細なスペックが掲載されているんですねぇ。

Img_9913
こちらは昨年の日本グランプリの様子。4月の日本グランプリのチケット情報なども、このサイトで
案内されるようです。


編集部より

どうも、編集部の福助です。
オートバイ4月号(3月1日発売)の編集作業も無事に終了し、
いまは束の間の平和な時間が流れているオートバイ編集部。

まぁそんな感じですんで、4月号の発売に向けて、内容の一部を日々
紹介していきたいと思います。
1102161320231
4月号ではスーパースポーツの特集も収録しています。

モータースポーツ

いよいよ今週末に迫ったワールドスーパーバイク開幕戦。
ワールドスーパーバイクといえば、我らがハガノリ!…というわけで
本日はWSBKただひとりの日本人ライダーになってしまった
芳賀紀行選手のお話を!

Haga_action01_2 
昨年までのドゥカティからアプリリアに乗り換えての2011年!

イベント

ツインリンクもてぎで、「2011@グッドオールデイズ」なるイベントが開催
されます。これは、1981年までに生産されたバイク(サーキット走行が可
能な車両)による走行会や、1981年(30年前※)に生産開始された車両の
オーナーズミーティング、フリーマーケットなどが行なわれるイベント。
開催はゴールデンウィーク中の5月4日(水・祝)なんで、ちょっと先の話で
すが、まずは情報まで。
 
※CBX400、CB1100R、GSX1100-Sカタナ、Z1100GP、CB750FB、RZ350、モトコンポなど

10670
開催日には「Honda Collection Hallデモンストレーションラン」と題して、写真のNSR500
(1984年製)が走行予定。

ギアーズ

いきなりでビックリした方、申し訳ありません。
今回はホームセンターで見つけた商品の紹介をしたいと思います。
こちらのマネキン(首から上のみ)、発泡スチロールで出来ていて、
価格は980円。「これは!」と思い、購入しちゃいましたよ。

Img_0349_2
ちょっとホラーな香りもしますが、まぁそれはさて置き実用性は抜群なんです。

モータースポーツ

MotoGPではマレーシアテストが第2ラウンドを迎えていますが
もうひとつの世界選手権、ワールドスーパーバイクが
いよいよ今週末、2月27日にオーストラリア・フィリップアイランドで開幕します!

この月曜-火曜には、シーズンイン前のプレシーズンテストが行なわれ
WSBKエントラントが最後の仕上げにテストを敢行!
その中に、ヨシムラスズキの姿があるんです!

Yoshipi01
ピットにたたずむヨシムラスズキGSX-R1000 写真提供/ヨシムラジャパン

ニュース

20110223webautoby01

オートバイ誌の影響もあったのでしょうか…!?
東京・表参道の道路上にあるオートバイ用のパーキングチケットは、
四輪自動車と同じ60分300円の利用料金で、
利用者がほとんどいないことを2010年11月号のNEWSコーナーで
取り上げましたが、その影響もあってか、
(ないですよね。警視庁、読んでくれていると嬉しいんだけどなぁ)
2月より料金が300円から100円に減額され運用されています。

ギアーズ

“ピストン径の大口径化により、クラッチレバー操作がノーマルに比べ
約10%軽くなります。”という触れ込みのCB1100用「ライトタッチクラッチ
キット」が、オーヴァーレーシングから発売されました。
CB1100のクラッチは油圧だし、正直握力が足りなくて困ったことは
ありませんが、個人的なバイクの使用用途で言うと、片道40kmちょいの
通勤がメインなので、渋滞に捕まることもしばしば。
クラッチは軽いにこしたこと無いです。

Entry_873_block_image_include1_1

ホンダ

おじ様方の憧れ、HONDA ゴールドウイングですが、
アメリカホンダでは見た目の印象がガラリと変わった2012年モデルを
発表しています。いや~、ダイナミックなツートーンです。

と、カラーリングにばかり目を奪われてしまうのですが、
ゴールドウイング通の皆様ならお気づきのとおり、各部の仕様が結構
変更になっています。

12_goldwing_det02

2011年5月にアメリカでは発売開始となる新型ゴールドウイング。国内導入は未定ですが、
ちょっと期待しちゃいますね。

編集部より

こんばんわ。深夜2時をまわった、東京・新橋のオートバイ編集部です。

ややお約束な感じもありますが、オートバイ4月号の締切を直前に控えた
編集部の様子をレポートします。
 
…とは言え、ページがまだほとんで出来あがっておらず、
原稿の追加発注と、校正を待つスタッフの皆様方は、達観した様子で
平和な時間を過ごしております。
(画面右のライター・ハルコからは、「ページも出来てないのに、こんなに
早く呼び出しやがって!」というクレームがでましたが)

Img_0349
画面左で携帯をイジっているのは、ライターの斉藤のん。なんのサイトをチェックしているのか確認
したところ、「ブログで書くから教えない」とのことでた。不謹慎なサイトじゃないことを祈ります。

ヤマハ
ギアーズ

走行性能の高さで、注目を浴びているスーパーテネレ用の
リアショックがオーリンズから発売されました。

この商品はホース式リザーバータンクの採用によって、激しい連続した
ストロークでも安定した減衰を得られるなど、まさにスーパーテネレの
キャラクターに合った特性を持っているのが特徴。
Photo

ホビー

子供たちに大人気のトミカ。
現行モデルでも、リトルカブやVFR800の白バイ仕様などを
ラインアップしているのはご存じの通りですが、ちょっと買い物に行った
際に、イトーヨーカドーで限定モデルを見つけたので報告させて頂きます。

実際、結構前から発売されているらしいんで(昨年の7月くらい?)、
すでにお持ちの方もいらっしゃるでしょうか。

250102_2

レーシングタイプということで、しっかりサーキットで撮影してきましたとも。

ホンダ

つい最近まで「1週間インプレッション」でレポートを連載していた
ホンダのフェイズが仕様を一部変更して登場です。
変更の内容はカラーリングに関するもので、各種諸元に変更はありません。
それでは、全色ご覧頂きましょう!

S_red
フェイズ TYPE-S(ヴィクトリーレッド) ■価格:63万5250円

電動モデル

べスパ、ピアジオ、ジレラなどのモデルを取り扱っていることでお馴染みの
成川商会が、今月から電動モペット e-SOLEX(イーソレックス)の発売を
開始したとのこと。
このモデル、1回の充電で25km/h~35km/hの速度で、約1時間半の
走行が出来るというんですから、かなり実用的なんじゃないでしょうか。
おまけにデザインやカラーリングも魅力的。気になる価格は税・運送費別で
19万8000円とのこと。う~ん絶妙です。
それでは各カラーリングと詳細を見て行きましょう。

                                   (編集部・福助)

Esolex_brown_3
カラーリングはサドルとボディのトリムプレート、キャリアが同色になっている。写真はブラウン。

 

カワサキ

早いもので、ニンジャ1000と共に暮らす1週間生活も最終日となりました。
初日から福岡に足を伸ばして以降、
大した遠出も出来ないままシレ~っと迎えてしまった最終日であります。
トータル2750キロ程走ったのですが、正直まだまだ走り足りませんね~。
と、なんだか、毎回最終日に述べている様な気が……。
燃費は、高速道路走行:18~19Km/L。
一般道走行:17Km/L。といった具合です。
高速道路では、速度レンジを落とし回転を抑えた走りに徹すれば、
良好な記録を出せた様な気がします。
ど~も、自分本位(季節が季節だったので体力&精神維持のため)で
イケませんね~。

26b

ホンダ

最終日、あらためてライダーの自己紹介をさせてもらおう。

季節、天気を問わずにバイクに乗っているので、自分のバイク、借り物
バイクを問わず年間2万km弱をコンスタントに走り続けるため、夏も冬も
ウェア選びは死活問題でもある。間違えると健康と生活を脅かすのだから、
そりゃもう必死です。

今回のインプレで着ているオレンジのコートはフィールドラカンという
メーカーの防水透湿保温コート。これが安くてあったかくて実にイイ。
ただしプロテクタは用意されていないので、ご覧のとおり自前でチェストと
バックのハードタイプを用意して使っている。

7img_10136_2

カワサキ

先日に引き続き、山さんDAY(前々日レポート参照)にて、
走り応えについてお話した会話をキャッチボール風にまとめてみました。
ところどころ硬球や鉄球にてキャッチボールをしている会話もございますが、
臨機応変に受け流してください。

24

ニュース

 二輪車を含むすべての車両に義務付けされている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)が、4月1日から引き上げられることになった。二輪車についてもすべて値上げで、12カ月契約の場合、原付一種・二種7280円(現行比320円=4.6%増)、軽二輪9260円(同640円=7.4%増)、小型二輪9640円(同360円=3.9%増)となる。

ギアーズ
ホビー

先日このブログでも紹介した映像機器見本市「CP+」。
月刊カメラマンの仕事で三脚メーカー・ベルボンのブースに行った私は、
ベルボンの中の人から超コンパクト三脚「ウルトレック」のお話を伺った後、
雑談で「実は普段月刊オートバイでも仕事してるんですけど、
この三脚ならバイクにも簡単に積めそうですねぇ」と何気なく言ったら、
中の人も昔バイクに乗ってらしたそうで、話が盛り上がりまして。
すると数日後、編集部にベルボンから「ウルトレック」が送られてきました!
バイクとウルトレックの組み合わせに興味を示してもらったようで、
「ご自由にお試しください…」という太っ腹な申し出。
早速翌日に行われた250cc高速道路インプレ取材に持っていきましたよ。
では河野有希嬢をモデルに、今回はウルトレックの特徴を説明しましょう。

_mg_5853_2

ホンダ

FAZE7日目です。
といっても解説だけで一日使ってしまったので6.5日なのかもしれませんが。

FAZEの楽しいところのひとつ、Sマチック。
スイッチひとつで無段変速のベルコンのモードを3段階に切り替える、
というちょっとした工夫モノ。基本的にはノーマル、ちょっとスポーツ、
けっこうスポーツ、の3段階切り替えだと思えばいい。

65img_10097

ホンダ
モータースポーツ

いよいよその姿が公開されました。新型ロード用コンペティションモデル。
名前はNSF250Rになりましたね。
位置づけとしては、2ストのRS125Rの後継ということになるんでしょう。
モータースポーツの底辺拡大という、ある意味最も重要な使命を担って
の登場です。価格やスペックなど、詳細はまだ発表されていませんが、
いや~期待が膨らみます。

Nsf

カワサキ

ニンジャ1000と共に過ごした5日目までのレポートを上げて参りましたが、
5日目より丸々2日間出張により乗る事が出来ませんでした。
しかし御安心あれ、私よ!
乗る事の出来ない2日間分マルッと延長頂きました!
担当・福助様に感謝感謝です!

感謝がてらに、遂に、あの、戸が立てられない、
シェルターの扉より重い私の口が開き、
エンジンを中心としたフィーリング&パフォーマンスについて語る時が来ました。

とはいうものの、山さんDAY(前日レポート参照)で、
お客さん相手にお話した内容を会話のキャッチボール風にまとめただけ
ですが、「たまには良いかな」と、決行してみます。

22

女子バイク部

はい
女性白バイ隊『クィーンスターズ」による
講習もいよいよ閉会式に近づきました

みなさまお疲れさまでした
一日ありがとうございました。
とても、有意義な1日になりました。

Dsc00211_4

その前には、女性白バイ隊員さんたちが、
運転を披露してくれました。

それは、めちゃくちゃ綺麗でございましたよ

ホンダ

走ってナンボの部分ばかりレポートしていたので、もう少し「使ってナンボ」
という観点でFAZEとじっくり向い合ってみることにしよう。

ビッグスクーターに求められる大きな機能、多くの人の興味の対象で
あろう尻の下の収納を見てみよう。

6img_10101

収納スペース全景はこんな感じ。カーペットをめくってもエクストラの収納スペースは特になく、
書類はシートの裏側にゴムバンドで取り付けられる。真ん中の出っ張りがあるため、荷室が
なんとなく前後に分割されてるのもおわかりだろう。

外国車

注目の250スポーツ、メガリ250R。
オートバイ4月号に向け、バッチリ取材してきましたよ。

もうご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
メガリ250Rはメイン設計がイギリス、エンジン設計がイタリア、そして
最終組み立ては中国というモデルなんです。多国籍ですねぇ。
 
なによりも、このデザインは魅力的です。完全に見た目はスーパースポーツ
ですもんね。それでいて、シート高は765mm、車両重量は138kgと、
日常の扱いやすさも抜群。
おまけに予定価格は39万9000円というんですから、そりゃ注目の
的になるわけです。

_mg_5312_2

カワサキ

以前、告知させて頂いた、
3連休最終日の2月13日(日曜日)カドヤ本店1Fにて
”山さんDAY”が賑々しくも開催されました。
特にこれといった催しもないままだったのですが、
足を運んでいただいた皆様アリガトーございました!
今後も不定期に……、というより突発的に開催いたしますので、
その時にでもまたお話しましょう!

16
レジの前に鎮座するニンジャを前にあんな事やこんな事、
誌面では書けない事等々戸が立てられない山さんの口から吐露吐露と。

カワサキ

きょう2/18金曜は、関東は朝からぐんぐん天候が回復して
お昼ごろには風は強かったけど、いーい晴天が広がっていました。

なので、ちょっとデスクワークをほっぽり出して
W800試乗の旅へ出発。
千葉方面へふらーりと走って、アクアラインをぐるんと回って編集部に戻りました。

021801
空冷800ccのパワー感とフロント19インチホイールのハンドリング、それに海の幸を堪能してまいりました

イベント

どうも、編集部の福助です。
毎年楽しみにしている方も多い東京モーターサイクルショー。
今年の開催に関してもどんどん詳細が決まりだしていて、
楽しみが膨らむ一方ですね。
編集部内でも写真のようなチラシや、ポスターが貼りだされ、
いよいよ春の到来を予感させる雰囲気になってまいりました。

Img_0341

カワサキ
ギアーズ
マフラーサウンド

発売以来人気のW800.各メーカーからアフターパーツが続々発売
されています。そんな中、また魅力的なマフラーの登場です。

今回BEETから発売されたのは、ノスタルジックなイメージを増幅させて
くれる“W800 NASSERT TRAD Ⅴ マフラー”。
さっそくご覧ください。

Trad1

カワサキ

朝から今イチ天気がはっきりしなかった今日、2月17日。
250ccスポーツ班は、雨に向かって西へと走り
雨から逃げて、東へ戻るというツーリング取材のなか
わたくしナカムラ、編集部ガレージにあったW800で、ふらりと試乗に出ていました。

W800は、現在発売中の3月号でも詳報していますが
あれって、カワサキ主催の試乗会の模様でして
走行時間も距離も限られちゃっているので
改めて試乗車をお借りして、フラフラ走りに出るわけです。

都内、都内近郊と、カメラ片手に走っては停まり、撮っては走り
そんなこんなを繰り返して
イギリスは湖水地方に到着しました←ひどいウソ(笑)

そんな写真が下の一枚。
よーし、これどっかで使おうっと♪

0217

<本日、にわかカメラマン ナカムラ>

ホンダ
モータースポーツ

MotoGPの開催に合わせ、毎年イベントを開催するホンダコレクション
ホール。歴史的名車の、質も量も国内最高峰と言っても過言ではない
バイクとクルマの博物館です。(ホンダ車以外もありますし)
GPが開催されるツインリンクもてぎ内にありますから、
レース観戦の際にはぜひ立ち寄って欲しいポイントです。

さて、そのコレクションホールでは3月5日からかつてのレーシングマシ
ンを展示するイベントが開催される予定です。

10651

1959 RC142

編集部より

昨日のサーキット試乗はすでにアップされていますが、
今日は250モデルのさらなる魅力を探るべく、ツーリングに出発しました。
ただ、気になるのは雨なんですよねぇ。
果たして天気はどこまで頑張ってくれるのか…。

Sany0022
こちらは今朝の様子。東名高速の鮎川PAです。軽食を済ませ、長距離走行に挑みます。

カワサキ

天候にも見放されがちな時節ですが、
意外にもサラリーマンの私も忙しく、
ニンジャに乗るタイミングを計るのに苦労たりします。
で、当日は飛行機で大分に私用で出掛けることに。

13

新車情報
編集部より

2月も中旬となっておりますが
オートバイ編集部は3月1日発売の4月号に向け
じゃんじゃん撮影を続けております。

本日2/16は、2班に分かれてのサーキット走行。
わたしナカムラが参加したのは、栃木県真岡市の「井頭モーターパーク」での
ライトウェイトスポーツのロケ班。
注目の250ccスポーツモデルをミニコースに持ち込んで
サーキットランを堪能してきたのです。

_o5h9790ps
左からヒョースンGT250R、Ninja250R、VTR250、メガッリ250Rの4台です

カワサキ
ギアーズ

人気のアフターパーツとして、マフラーやバックステップと同じくらい
人気のリアサスペンション。より良い乗り心地や、スポーツ性を求めて
交換している方も多いのではないでしょうか。

で、今回注目したのがこちら。
カワサキのニンジャ400Rをはじめ、2010年モデルのER-4n、
おまけに2009~2010年モデルのER-6n、6fにも装着できてしまう
サスペンションなんですけど、その名前がズバリ「Short model」。
こちらのアイテムを装着するだけで、シート高が25mm~30mmも
下がるというのです。

Ka041

KAWASAKI Ninja400R用リアショックアブソーバーType S36D
価格は5万9850円。コストパフォーマンス抜群です。

ホンダ

高速道路で冷え切ったというのに、なぜか再びFAZEに跨ってしまった。
同じ日付のインプレなのでカウントとしては「4.5日目」なのか、途中で
日付変更線を乗り越えたので「5日目」の扱いなのか。

夕食後にいそいそと出て行った先は、川崎駅の海側、京浜工業地帯の
一角。FAZEのやや近未来的なフォルムと工場萌えな風景はマッチする
んじゃないかと思ったから。
ついでに(いや、こっちが重要なんだが)首都高速道路を走って、
荒れた路面をそこそこの速度でくねくね走り回る状況を体験してみよう
という目論見もある。

はい、首都高速。

Dsc05820

速度制限が低い割には流れが速く、都市の隙間を縫って高架や堀割を行ったり来たりするため
アップダウンあり、継ぎ目あり、補修痕ありで、乗り物にはちっとも優しくない道路、それが首都高速。

カワサキ

フフフ、福岡路だけで永遠に続きそうなので、
3日目に突入してみたりします。
長距離運航をした上での運動性等々といった話題はてんこ盛りなのですが、
1週間生活後半にまとめて参りたいと思います。
ので、しばしお待ちを。

11

鉄道発祥の地・新橋駅に鎮座するモンスターマシンと対峙する、カワサキ・ニンジャ1000! 
若干先行気味に。

ホンダ

街中でのダッシュ力とキレの良さに気を良くして、
高速道路に持ち込んでみた。
流れの速い高速道路に乗って、回りと同じペースの中でどんな雰囲気に
なってくるのかが気になったので、それなりの距離を頑張ってみた。

といっても100km/hそこそこで、頑張ったのは距離ではなくてその気温。
取材時は真冬、気温は都内ですらヒトケタ半ばで高速道路で郊外に出ると
あっけなくヒトケタ前半に低下する。だから頑張ったのはFAZEでなくて自分。
俺、偉い。

コースは中央自動車道・富士吉田線を調布から河口湖まで。

今でこそ中央道は大月JCTから長野へ向かう方が「本線」扱いだけど、
もともとの道路計画はこの河口湖からさらに西へ走り、名古屋を目指す
ルートだった…というのは余談の小ネタでして。

Dsc05870

画像の見た目からして寒い…。

編集部より

こんにちは、編集部のコダマです。

先日、編集部で仕事をしていたら、隣のデスクに座っている福助さんから
ボソっと、謎の指令がありました。

「コダマくんさ、ゼルビス乗ってんじゃん? あれさ、フロントタイヤは大丈夫
そうだけど、リアがちょっと怖いからさ、リアタイヤ交換しといてくれない?
今週中に! そんであと水曜日、スケジュール空けといてねー」

え??

P1050958

ニュース

タイヤの原材料が高騰を続けているため、ダンロップではタイヤの値上げを
発表。二輪車用は5月1日から実施される。

スズキ

実用性の高さと、高速道路での快適性を両立したフルカウル装備の大型
ロードスポーツモデル「バンディット1250F ABS」に新色が追加された。
発売日は2011年3月1日で価格は112万3500円となっている。

1250
写真は新色のオールトグレーメタリック。これで、キャンディインディブルー、 パールネブラー
ブラック、パールミラージュホワイトと合わせて、全4色となった。

カワサキ

私の、ライディングの師匠である千葉のおしゃべりトシさんは申します。
「おケツに荷重を集中!」と。
あ、ウイリーの話しなんですけど、ね。
ただ、通常のライディングに於いても、
おケツに荷重を集中させる事を心掛けると、
なにかとホクホク嬉しくも、ワクワク楽しくも、
もっこり調子にもノッてしまう程の特大の効能があるのです。
チカラを抜いておケツに集中! きっと良い事あるでしょう。

8

ニンジャのシャープ過ぎるシートは、カワサキが誇るヒューマンファクターの粋を結集したと思われる
フォルムなのでしょう。

ヤマハ
モータースポーツ

4月22日から24日に開催されるMotoGP 日本グランプリでは、ヤマハの
世界GP参戦50周年を記念して、デモンストレーションランが実施される
とのこと。往年のヤマハファクトリーマシン達がコース上を走るメモリアル
ランなので、これは見逃せないでしょ。2ストサウンドが響き渡るなんて、
そうあることじゃないので、往年のレースファンの皆様、ぜひ4月24日は
ツインリンクもてぎへ。

それでは、走行予定の車両をご覧いただきましょう。

                                  (編集部・福助)
10646
1974 YZR500 OW20

外国車

昨年12月からスタートしたDUCATIのキャンペーン“カウントダウン100”
も、いよいよ終盤戦に入ってきました。(残りわずかって意味で)
このキャンペーンは、指定の車種の2010年モデルを新車で購入すると、
サポートが受けられるんです。
一例を挙げると、
Monster 696なら10万円、
Superbike 1198Sなら30万円のサポート。
購入を考えているなら、このチャンスを逃す手はありません。

期間限定、先着100名限定(2月14日14時段階で残り18でした)
ですので、迅速に、でも慎重に決断して下さいね。

01_696
写真のMonster 696はサポート金額10万円。チャンスです。

ヤマハ
ギアーズ

根強い人気を集めている前モデルのVマックス。
絶版車となって数年が経過しましたが、いまでもアフターパーツが
数多く発売されていることでも、その人気ぶりが分かります。
 
今回紹介するテックサーフの
V-MAX1200用ZEEX SO Dual (ジークス スリップオン デュアル)は
チタンサイレンサーとカーボンサイレンサーをラインアップし、
もちろん車検にも対応。それでは詳細を見てみましょう。

T23y0270417
ZEEX SO Dual (ジークス スリップオン デュアル)
■価格:13万8000円

モータースポーツ

4月22日から4月24日まで開催される
2011MotoGP世界選手権シリーズ第3戦 日本グランプリ。
いよいよチケットが発売になりました。

いや~、昨年は火山の影響で秋に延期になったんですよね。
予定調整に苦労した方も、多かったんじゃないでしょうか。
 

さて、今年もGP開催中はレース以外にも様々なイベントが用意されて
います。その辺は、追ってこのブログでも紹介していきますね。

                                  (編集部・福助)

10535_2

カワサキ

漠然と「ニンジャ※」の名を聞くと、
サラリとGPZ900Rが頭に浮かんでしまうのは致し方ないですよね?
そんな御先祖モデルの強烈なインパクトを超越出来るのでしょうか、
ニンジャ1000は?
私思うに、なかなかイケルのではないかと。
Z1000で構築したキャラクターポジションを見事に昇華させ、
ベースを共有するもののとてもキャラが濃く仕上がっているのではないかと。

6

ドーン! と、目を引くハンドル回りに、個人★改野郎の心のモヤモヤが吹き飛ばされた思いです。
なぜかでしょう、か?

ギアーズ
マフラーサウンド

仕上げの美しさと、その性能の高さが人気となっているアールズギアの
マフラー。「ワイバン」や「ソニック」と言ったブランド名の方が、
馴染みがある人もいらっしゃるでしょうか。
そのアールズギアから、W800用や、CB1100用、バンディット1250用
など注目モデルに対応するマフラーが続々発売される予定です。

さっそく紹介していきたいと思います。

Bandit_fullex_proto001

スズキ

超ワイドリムと240mmの極太タイヤ、エンジンはボア径は112mmのピス
トンを有する1,783ccのVツインという、各部のサイズが強烈な個性となって
いるスズキの逆輸入車ブルバードM109Rに、スペシャルカラーが発売
されることになりました。カラーリングはご覧のツートーン。発売は今月だ
そうですよ。

M109r_c_jba_3l_2
Glass Sparkle Black / Candy Max Orange ■価格:176万4000円
 

ホンダ

原稿DayなのでなかなかFAZEに乗ることができず、
気が付いたら冬の日が暮れ始めていた。3日目ともなるとバイク特有の
お出かけの儀式もなんとなく板に着いてくる。

カバーを外して玄関の前までFAZEを引っ張り出してセンタースタンドを掛ける。
いつもなら背中に背負っているバッグをシート下に放りこみ、
おもむろにエンジン始動。
シート下から取り出したヘルメットを被り、グローブをするまでの1分弱の
暖気を経て、ゆるゆると走り始める。
エンジンや駆動系、サスペンションが暖まってくるまではのんびり、
ゆっくり走行暖気をしてゆこう。

まったりと流れている場所ではノーマルモードでのんびりと。

流れが錯綜しているような場所ではSモードで自分の安全位置へ
素早く移動する。

この切替を右手人差し指のスイッチひとつで行ないながら、
流れの中を積極的に自分のペースを作って走る。このアクティブさを
ビッグスクーターが手に入れた、これだけでFAZEは存在価値があると思う。

そんな気持良さを味わいながら向かったのは神奈川県川崎市溝の口。
バイク仲間で、バイクの先輩のカフェ。

Img_1000

Birdland Cafe
http://www.birdland-cafe.com/

女子バイク部

どうも皆さま、お久しぶりです。
オートバイ女子部、部長のハルコです。
お寒う日が続いてますが、皆さま風邪などひいてませんか?

さてさてワタクシ。
実は一大決心をしまして、ただいま秘密の習い事中でございます。
下の写真は、その習い事先で撮ったのですが、
さて私は、どこにいるのでしょうか?

「お前の行動なんぞ、どうでもいいんじゃ、ワレ」
と思う方も多いとは思うのですが、

気になってくれる優しい方は、続きへどーぞ。


_mg_4041

カワサキ

そうなんです、西に舵を切ってしまったのです。
風雪甚だしい環境になり得るポイントがあるものの、現状と予報を頼りに、
また日中の交通量をあてに、
向かってしまいました福岡に。

3

ヨダレものの三角波をバックに、スクリーンをローポジションにしてみました。

ニュース

ガレージ付きアパート「モトラッド目黒」本格メンテも可能
 
 不動産賃貸事業を展開する東邦モーターズ株式会社(東京都品川区、大森一男社長)は本格的なメンテナンスまでも可能としたバイクガレージ付賃貸アパート「モトラッド目黒」の募集を開始した。
 
Photo_3

ホンダ

FAZEと過ごす二日目。
機動力はどんなもんじゃ、というわけで街中を走りまわってみた。

近所をうろうろ、買い物をしてみたり仕事の打ち合わせに行ってみたり、
わざわざ狭い道に入ってみたり。

Img_10146

ちょっと昔のビッグスクーターは切り替えしクイックにしたり、素早いレーン
チェンジに挑むと車体の揺り戻しがあったり、車体が反応しない瞬間が
あったりと、いわゆるMTバイクとは違ったお作法を求められた。

カワサキ

新年明けて随分時間が経ってしまいましたが、
今年もよろしくお願いします、
と言いたかった、カドヤ企画室走務課・山口銀次郎です。
新たな相棒、カワサキ・ニンジャ1000と、
疾駆りくる濃厚な1週間の始まりです。

Photo

ま、ま、また来ちゃった福岡……

ニュース

 仏製オイル・モチュールの輸入元テクノイル・ジャポン(神奈川県横浜市、
清水正喜社長)は10年12月8日、米国の工具メーカーMACツールズの
輸入発売元であるマックメカニカルツールズ(横浜市、鈴木雅幸社長)の
株式100%を取得し、グループ化した。
 テクノイル・ジャポンはモチュールの販売ネットワークも加えてマックツールの
販売を5年後に20億円に引き上げるとしている。
 
 
(二輪車新聞 http://www.nirin.co.jp/  2011年2月11日 発行号より)

イベント
編集部より

お待たせしました! 4ミニカスタムで繰り広げられる
究極の最速バトル・MAX ZONE MINIの2011年度スケジュールが決定したぞ!
早速そのスケジュールと、今年から一新されるクラス分けなどの最新情報を
ご紹介します。

08_obi222

1103_max_02

電動モデル
ニュース

最近、地方自治体や企業などで電動バイクの導入が話題になりますが、
今回もそんなニュースです。
 
ホームセキュリティーや防犯対策でお馴染みのALSOKが、
テラモーターズの電動バイクを導入したとのこと。
同社の電動バイクは、一部の家電量販店やホームセンターなどでも
試乗・販売を行なっているので、見かけたことがある方も多いのでは。

今後も益々拡大しそうな電動バイク。
そろそろ手頃な遊び道具としても楽しめるモデルに登場して欲しいところ
ですよね。なにはともあれ、今後も電動バイクからは目が離せません。
それでは公式のリリースをどうぞ。

                                  (編集部・福助)

Alsok_

ホンダ

「機動力を、装備せよ」

という、オートバイをオートバイらしく使う状況を端的に表現したキャッチ
フレーズを戴くビッグスクーター、FAZEとまる一週間お付き合いしてみました。

ここでは初めての登場になります、ライターの深澤です。状況によっては
なぜかmattとも呼ばれています。
どんなヤツはおいおい紹介して参りますので、
ゆるりとお付き合いくださいませ。

Img_10225_2

ホビー

オートバイの姉妹誌である月刊カメラマンの取材に珍しく駆りだされ、
パシフィコ横浜で開催中のカメラ・映像機器の見本市「CP+2011」へ。
注目の新型デジカメが発表されたり、いち早く手にとれたりする、
2輪で例えれば、いわばモーターショー的なイベントなわけですよ。
前日、このブログの担当である福助にCP+に行くことを話したら、
「ライダー的に見て気になるカメラを探してブログに書いてください」
という唐突なお題が出されたんで、月カメの仕事終えてから探しました…
そして見つけました。コイツしかない!

700_3

ニュース
イベント
女子バイク部

はーい

それでは実技に入りま~す

Dsc00199j

ちなみに、こちらの砧のコース、とても空が抜けていて
気持ちよかったですsunvirgo
伝わると嬉しいなぁ。
どうですか?

まずは、制動です。
全てのブレーキ(大事な3つ)をかけた時、フロント、リアの、3種類を
それぞれ自分の体で体感します。

どれが一番きくかなんて
わかっているのに、ついつい、癖などがあったりで
あたしは、上手く出来ていないかも・・・・
と。
いい、自分の見直しになりました。
精進したいところの1つです。

さて、次は、

外国車
イベント

みなさん、今週末の3連休の予定は決まっていますか?
DUCATI JAPANでは2月11日(金)・12日(土)・13日(日)の3日間に
渡り、1198 / 1198 SP の新登場を記念して、
SUPERBIKE エボリューションフェア」なるイベントを開催。
当日アンケートに記入の上、試乗・見積をすると、携帯電話や財布などの
小物を入れるのに便利なドゥカティオリジナルミニポーチのプレゼントが
あるとのこと。
ちょっと天気は心配ですが、最先端スーパースポーツに試乗する
チャンスです。ぜひ時間を作って、遊びに行きましょう。

                                  (編集部・福助)

59_1198_sp

ホンダ

2001年6月の発売以来、人気が衰えないズーマー。
各社から発売されている50ccのラインアップの中でも、異色の存在です
し、オートバイ誌が毎年10月号で展開している人気投票企画
「バイク・オブ・ザ・イヤー」でも票を集めているモデルです。

それでは、新色が2色加わって全4色となったラインアップをご覧頂き
ましょう。価格は全色23万6250円です。

                                 (編集部・福助)

Mc1102005h
クリッパーイエロー(新色)

女子バイク部

台場から新橋に折り返す頃にはカオリちゃん、すっかりマグナ50に愛着が
わいてしまったようです。

「もしバイクの免許を取らないのであれば、
このままマグナ50に乗っていたいくらい!」と、結構なお気に入りっぷりでした。

Img_7923_2

アメリカンに乗る女性ってカッコイイですよね。
免許を取ったらフルサイズのアメリカンにも
乗ってみてもらいたいですね!

しかし、なかなかの悪天候の中での撮影でした。
後ろの空、雪雲で完全に真っ白です。笑
相変わらず雪は止まないし…

編集部より

本日の日中、全日本ロードレースで活躍している亀谷長純 選手が
編集部に立ち寄ってくれました。
亀谷さんといえば、昨年まで全日本ロードレースの最高峰クラスである
JSB1000クラスで常に上位争いを演じてきたトップライダーですし、
ご存じの方も多いんじゃないでしょうか。

Img_0330_2

温和なキャラクターが表情に出ています。レース直前はピリピリするライダーが多い中、そんな
タイミングでも話しかけやすい、数少ないライダーの1人です。

女子バイク部

ハイパーモタードを11月に買ったのに、ほとんど乗っていないあたし。
実は、まだ、100キロとかしか走ってないの・・・・・
どうしても、生活はコマジェちゃんと一緒が多くて。

そんな、あたしの、DUCATI ハイパーモタード、今年の初乗りは
先週の土曜日でした。

ある人と待ち合わせしていただいたのがきっかけです。
何故かというと、今週ツーリングに行く予定かもだからですヨウビ。
誘っていただいた、そのある方に
「あたし、今年大きいの乗ってないので
ツーリング自信ないです。が、行きたいので、今日ならしに
ハイパーモタードで、近くを走ってこようかなって思ってます。
と、メールすると
「練習なら、僕も一緒についていってあげるよ。」と。

あたしのお家の浅草までとても、
来ていただくワケには行かないような凄い方なので
2人の住まいの間ぐらいの品川で待ち合わせすることに。
そして、一緒に走っていただきました。

Dsc00659d_2 

品川から羽田まで
ゆっくり走ってくれました。
羽田のあるところに到着

ニュース

引っ越しはもちろん、最近ではネットオークションなどでバイクの売買を
したときに困るのがバイクの輸送。バイクを載せるトランポを所有している
人なんて一部でしょうし、あったとしても遠方までバイクを運ぶのは
手間もお金もかかりますよね。
そこで注目したいのがバイクの輸送サービス。以前からこの手のサービス
はありましたし、自分も使ったことがあるのですが、受け渡しができる
デポまで行くのが大変だったのを覚えています。

今回、バイク用品のインターネット通信販売を中心としたバイク総合情報

サイトを展開するWebike(ウェビック)が始めたバイク輸送は、全国63箇所
のデポネットワークを利用したシステムで、その中にはドライバースタンドや
2りんかん、ライダーズスタンドといったバイク・クルマ用品店が含まれて
いるのが嬉しいポイント。
もちろん住所指定での輸送も可能ですよ。
 
また、簡単な見積もりもサイト上で出来るので、料金面でも安心なんです。
それでは詳細は公式リリースをご覧ください。
                                  (編集部・福助)

20101210_webike_transport_top_2

ホンダ
ギアーズ

ヘルメットの目玉マークでお馴染みの鈴木忠男 氏が「もっと安く、カッコ
良くて楽しいマフラーを出したい」 として独自に開発するブランドが
「Hobby」。昨年ブランドの立ち上げと共にNinja250R用のマフラーを
発表しましたが、今度はCB1100用のマフラーが完成しました。

さっそくご覧ください。

Cb1100

販売はSP忠男各店忠男レーシングSPTでの限定販売となります。

ヤマハ

先日発表されたシグナスX SRのマイナーチェンジと同時に、
カラーバリエーションの追加があったのがヤマハのアクシス トリート。
こちらは街中での俊敏さに優れたモデルで人気になっていますよね。
追加カラーの発売日は2011年2月15日で、価格は22万500円

03_xc125e_dpbmc_3
ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色/ブルー)

ホビー

今月のオートバイの別冊付録「レーシングオートバイ」で、
「伝説のレーシングライダー1949〜2011」の原稿を書いたりしたんで、
イロイロとウチにある資料をひっくり返してたら、出てきたのが
この片山義美さんの「サーキットの鬼 すばらしい運転の本」。
1979年に交通タイムス社のカー・リバーブックスという新書レーベルから出てます。
かなり前に古本屋の100円均一棚から発掘したったきりだったんだけど、
読んでみるとエラく面白い。

Katayama

ニュース
イベント
女子バイク部

さてさて、女性白バイ隊員さんの、横顔にうっとりしていた
あたし。
もっと、脱線したい気持ちを抑えまして続きをhappy01sweat02

と、

白バイが倒れてる!!!shock

Dsc00188

一体ナゼ?

イベント
女子バイク部
お久しぶりです。古澤恵です。
今年もあっという間に1月が過ぎてまして、
今年一回目のWebオートバイに
なっちゃいました。スミマセン。。。

 

めぐみ参上!

 
ギアーズ
編集部より

なんか関東では温かい日々が続いているんですが、それでも寒がりな
自分としては、まだまだ冬装備を解くわけにはいきません。

そこで、ヘタってきたインナーを買い換えるべく
東京・南町田にあるショッピングアウトレットモール「グランベリーモール」
へと足を伸ばしました。

Img_0003

今回購入したのはモンベルの「ジオライン EXP. ハイネックシャツ Men's」。登山用の最高峰
とも言えるインナーです
生地の厚さも選べるんですが、ここは悩むことなく「厚手」を選択。
とにかく寒いのが嫌なんです。でもバイクには乗りたいんです。

ニュース
イベント
女子バイク部

警視庁・女性白バイ隊員が運転教室の、取材報告の途中でありますが、
ちょっと脱線banana

な、なんて、可愛らしい笑顔lovelyheart
なにこれ!!!!

Dsc00221

他の講習を受けていた方々は、誰も、講習最中にデジカメ、
携帯を持っておられませんでしたが、
あたしは、気になることが多すぎで、常にデジカメをvirgocameraゴメンナサイ。

プロのカメラマンさんは、取材で反対にココまで、
近寄れないでしょscissorshappy01アタシハジョシダシ。
これは、ふつ~に参加者の皆さんとお話している時の、お顔です。

わ~
本当に可愛いんですけどlovely
女子は可愛いものが好きなのですheart01

他にはこういうものも気になりました

ホンダ
モータースポーツ

2月4日の金曜日、東京・青山のホンダウェルカムプラザで、
「2011年 Honda モータースポーツ活動発表会」が行なわれました。
2011シーズンは、かつてない程MotoGPに力を入れているホンダ
陣営。発表会ではワークスチームのD・ペドロサ選手、C・ストーナー選手、
A・ドヴィツィオーゾ選手と、MotoGPクラスのレギュラーライダーとしては
唯一の日本人である青山選手、そしてMoto2クラスでチャンピオンを狙う
高橋選手が参加しました。

Img_0975

左から高橋裕紀選手、C・ストーナー選手、D・ペドロサ選手、伊東孝紳 Honda取締役社長、
A・ドヴィツィオーゾ選手、青山博一選手。

イベント

愛知県で展開中のバイク用品店「しゃぼん玉」で、タイヤ交換工賃が無料に
なるキャンペーンを実施するとのこと。
タイヤの交換工賃って、前後合わせると5000円とか、6000円とか、
結構かかるんですよね。もちろんプロの作業ですから、工賃が高いとも
思いませんし、自分でも何回かタイヤ交換しましたけど、毎回作業途中で
「ショップに持っていけば良かった…」「プロに頼めば良かった…」って思うほど
面倒くさい作業です。
道具もいろいろ必要になりますしね。

とは言え、交換工賃無料キャンペーンは素直に嬉しいですよね。
これを機に自分のタイヤをチェックして、必要なら交換しちゃうのもアリかも
しれませんよ。

                                     (編集部・福助)

女子バイク部

 

Img_79082

道中も十分に寒かったのですが、ふと気がつくと雪が…。

え?

パラパラと降り出した雪はだんだんと強くなり、
積もりこそしなかったものの、ちょっとした吹雪に。
上の写真に写っている白い点々は雪です…。

そういえば東京では初雪かも? 服に舞い落ちた雪を見て、
「綺麗に結晶ができてるから、結構な寒さなんですねー」
と、意外に平然としているカオリちゃん。

でも…どうみても寒そう!笑

とはいえ、新橋まで戻らなければならないので、
ツーリングはまだまだ続くのであります。

カワサキ
ギアーズ

発売間もないカワサキのW800。純正のオプション品がすでに発表されて
いますが、いよいよ日本ビート工業からもラインアップが発表されています。
すでにマフラーは発表済みだったのですが、今回はドレスアップパーツ
から機能パーツまで、内容は様々です。
それでは、その内容を見て行きましょう。

Photo_3
ノーマルと交換するだけと、簡単に装着できるスロットルボディプレート。
ジュラルミン総削り出しで、シルバーアルマイト処理済み。価格は5250円。

ホンダ

山盛りの先進技術で、大型ツアラーとして人気のVFR1200Fシリーズに
新色が登場。従来のホワイトとレッドに加えて、ブラックが追加になるんです。
これで「VFR1200F」「VFR1200F Dual Clutch Transmission」共に
カラーバリエーションは3色となりました。

ちなみにVFRといえば、元WGPライダーの岡田忠之 氏も、伊藤真一 氏も、
オートバイ誌ツーリング企画の取材時に「次期愛車は何がいいですか?」
って質問したところ、2人とも「VFR!」って答えてたくらい魅力的な
モデルなんです。2人とも特に足まわりが気に入ってた様子でした。

Mc1102003h

こちらが新色のダークネスブラックメタリック。やっぱり黒はカッコイイっす。

ギアーズ

30代も中盤になりまして、年々安全に対する意識が高まっている
今日この頃。持っているジャケットもバイクもダーク系の色で、リフレクター
は装備していないし、それも毎夜のように走っている。
ちょっとな…。と思い始めたのがキッカケで、ジャケットの上から装着
できるリフレクターを探していたんです。
普段はほどほどの存在感だけど、被視認性は格段にアップする、そんな
商品が理想でした。で、バイク用品店で見つけたのがコチラです。

Img_0300

ジーピーカンパニーが販売元の「seool’s SLA-201 LED FLASH BELT」■価格:1764円

女子バイク部

そんなわけで、お台場に来たわけですが、
新橋を出発したときには比較的いい天気だったのに、
お台場に到着する頃にはなんだか怪しい雲行きに…。

Img_7223k

気温も低いし、吹く風も冷たくて、割と深刻に寒いのですが、

カオリちゃん、なかなか楽しそうじゃないですか?
お昼に休憩したときのヒトコマです。

暗くなる前には新橋に戻りたかったので、日照時間の短さを考えて、
お昼ごはんはコンビニで調達。どういうわけか、バイクに乗っている時って
あまり寒さを感じないのに、降りたとたんに、急に寒くなるものです。

カオリちゃん、寒い寒い言いながらパン食べてました。笑

 

ホンダ

新世代の空冷ネイキッド、洗練された大人のためのスポーツバイクとして、
デビュー以来多くのライダーから支持されてきたCB1100。そしてこの春、
そのCB1100の「ジェントルなスポーティさ」という、新たな魅力を引き出し
た限定モデルが登場する。
Cb1100_mugen_7_s
HONDA CB1100 MUGEN Edition

女子バイク部

Img_7206edit2

CRM50でバイクを初体験したカオリちゃんなわけですが、
今回は原付アメリカンでプチツーリングに行ってみました!

革ジャンでキメてミニアメリカン、…意外にサマになってません?
新橋のモーターマガジン社を出発して、寒空の下を走ってきました。

マグナ50、フルサイズと比較すれば俄然小さいですが、原付とは思えない
フォルムとサイズで、近くで見ると意外にけっこう迫力あったりします。

前回同様、何度かに分けてレポートを掲載しますのでお楽しみください!
それではどうぞ!原付ツーリング編スタート!

新車情報
ヤマハ

長距離乗っても、買い物に使っても快適便利な原付二種スクーター、
シグナスX。そのシグナスXのスポーティバージョンである「SR」が一部
仕様を変更をして登場。
デジタルメーターのカラーが変わったり、タンデムが快適になったり、
もろもろ変更を受けています。

それでは詳細を見て行きましょう。

03_xc125sr_vrm5_3

YAMAHA シグナスX SR ■価格:32万250円 2011年2月25日発売

ホンダ

ブラックボディにメッキを散りばめたモンキー・リミテッドが登場になります。
この車両は完全受注発売で、受注期間は2月3日から3月10日まで。
発売自体は2月10日からとのこと。

Mc1102001h

ニュース

今年4月からの高速道路料金はどうなるのか!? 高速道路を利用する機会の
多いユーザーには気になるところだったが、国交省は昨年末に「高速道路の
料金割引に関する基本方針」を発表。休日1000円割引きはそのままに、
平日もETC搭載車に限り上限制を導入する!

 

■Point(4月以降の高速道路料金)

◎無料区間、休日上限1000円割引きはそのまま継続
◎平日にも上限料金導入(普通車2000円)
○オートバイは平日も1000円
○ETC搭載車のみ割引適用
△平日割引きの大都市近郊料金は未定
△本州四国連絡道路、アクアラインは未定
△首都高の距離制移行、導入時期未定
×無料化区間拡充
 
◎決定事項 ○決定する見込み △未定 ×現時点では見通しなし(1月23日現在)

ニュース
女子バイク部

さあさあ
警視庁の女性白バイ隊『クイーンスターズ』の女性限定の
講習会のスタートです
まずは、朝礼

おはよ~ございます

Dsc00179


そうそう、その前に受付を
済ませておりますが、参加費は無料ですウレシイ。
保険代に100円を納めるのみです
参加費無料で、
みっちり、9時30から12時半まで講習が受けられちゃうの
めちゃくちゃ、色んな意味でお得です。
可愛い女性に教われて
運転技術も向上
素晴らしいヤルネ。

                            

ヤマハ
モータースポーツ

今年はヤマハがロードレース世界選手権に参戦して50周年を迎えます。
いや~半世紀前ですよ。写真は全部モノクロですよ。
50周年を記念して、スペシャルサイトがオープンしたんですが、
この資料性の高さは半端無いです。
ヤマハが世界選手権に参戦して、初めてポイントを取ったのは伊藤史朗選手
だったんだなぁとか、とにかく情報が古すぎて新鮮です。

また、ダウンロード可能な壁紙にも、貴重すぎる画像が山盛りです。
これはヤマハファンとか、そうじゃないとか関係なく、
ぜひチェックして欲しいサイトですね。

それでは公式リリースが出ていますんでご覧ください。

01_wgp50th

カワサキ

定番の人気モデルと言っても過言ではないZRX1200DAEG。
個人的には、街中で乗って楽しいバイク(排気量問わず)BEST3に入るほど
大好きなモデルです。
そのZRX1200DAEGの2011年カラーが発表になりました。
写真で見ると、光の関係などもあり比較的似ているカラーリングに見え
ますが、現物を見ると結構違うんでしょうね。きっと。

それでは新色のカラーリングをご覧ください。

                                  (編集部・福助)

W800113

編集部より
モーターマガジン社社新刊情報

やばい、すっかり3月号の告知を忘れていました。日付変更と同時に
案内の記事をアップしようと思っていたのですが、
昨夜DVDで「告白(松たか子 主演)」を見たら、ちょっとブルーな気分に
なってしまい、そのまま寝てしまいました。

あ、そんな話はどうでも良いですね。
え~と、3月号はカワサキのニンジャ1000、W800、ホンダのCBR250R
といった今一番注目を集めているモデルの最新詳細情報を盛り込んでいる
ほか、その他のニューモデル情報、用品情報など盛り沢山な号となって
います。
ちなみに個人的にはCB1100のの無限エディションの紹介が注目です。
(CB1100の登場と同時に発表された物とは、違うバージョンです。後ほどブログでも紹介しますね)

また、再三告知していたような気もしますが、3月号には付録が2冊付きます。
1冊はMotoGPのマシン解説や、ライダーインタビュー、そして人気投票
ランキングなどを収録した「レーシングオートバイ」。100ページもあります。

で、もう一冊は「2011年型 絶版車アップデート改魔神」と題した、
伝説の絶版車を新車感覚で乗るためのノウハウが凝縮された内容と
なっております。CB750FOURとか、RZ250とか、GSX1100Sカタナとか、
GPZ900Rとか、数々の名車たちを対象にしています。
中古で買ってもメンテナンスにいくらくらい費用がかかるのか?
そしてメカ的な弱点は? 各車のプロたちに話も聞いていますんで、
伝説の絶版車ファンには貴重なノウハウ本となるハズです。

それでは、詳細に関しては続きをご覧ください。
 
余談ですが「告白」のヒステリックな役を演じた木村佳乃は
イイ感じにキレイでした。

                                  (編集部・福助)

Img_0309
3月号は以上の3冊。書店ではしっかり確認してお買い求め下さい。

ニュース

 自賠責保険の収支は、保険料を約24%引き下げた2008年度以降、
毎年2300億円超の赤字が続く。赤字解消には25~30%程度の値上げ
が必要で、自賠責保険審議会は2011年度に平均11・7%料金を引き
上げることを決定。値上げは2007年度以来4年ぶりで、さらに2013年度
にも保険料を引き上げることを決めた。
 車種ごとの引き上げ幅は自家用乗用車11・0%、軽自動車15・8%、
二輪車5・3%、原動機付き自転車7・2%となり、自動二輪車の2年契約の
保険料(沖縄県、離島を除く)は1万3400円から約1万4110円程度に
なりそうだ。


 LINEでオートバイ!(@autoby で検索)

友だち追加数