実用域が充実した走りと手頃な価格が光る

スポーツライディングでの速さよりも実際の使用状況を考慮して乗りやすさを重視したスポーツモデルがGSX250R。ストリート適性最優先のコンセプトで人気のあったGSR250Fの後継ともいえるモデルだ。

画像: ダイナミックに流れるプロポーションにスリムさが加わり、洗練と力強さが共存するスタイル。面発光のLEDをフロントのポジションランプとリアのテールランプに採用している。

ダイナミックに流れるプロポーションにスリムさが加わり、洗練と力強さが共存するスタイル。面発光のLEDをフロントのポジションランプとリアのテールランプに採用している。

ルックスはGSXーR系を想わせるスポーティな仕立てだが、ハンドルが若干低くなった程度でシートの着座位置とステップ位置はGSRからほとんど変わっておらず、ゆったりしたポジションは受け継がれているのがわかる。

ハンドリングはライバル車より1サイズ太いフロントタイヤの採用に加え、カウル装着+前傾姿勢によってGSRよりもフロント荷重が増加していることもあって、市街地でも峠道でもフロント回りの落ち着きが際立つ。高速道路の横風にも直進性を乱されにくいし、峠道でもライダーの技量や路面状況を問わず、安心してコーナーをクリアできる。ビギナーはもちろん、余計な神経を使いたくないツーリングライダーにも嬉しい特性だ。

エンジンは公道で常用する回転域での扱いやすさを徹底追求した特性。24PSというスペックは物足りなく感じるかもしれないが、それを発生するのは他車より低い8000回転。最大トルクも6500回転で発生するから、トップエンドまでギャンギャン回して乗らなくても力強く、発進加速もタンデムライディングも楽。実用性能に注力して「実を取った」設定は納得できるものだし、圧倒的な低価格も大きな魅力だろう。

画像: 実用域が充実した走りと手頃な価格が光る

主要諸元
●全長×全幅×全高 2085×740×1110㎜
●ホイールベース 1430㎜
●最低地上高 160㎜
●シート高 790㎜
●車両重量 178㎏
●エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ並列2気筒
●総排気量 248㏄
●ボア×ストローク 53.5×55.2㎜
●圧縮比 11.5
●最高出力 24PS/8000rpm
●最大トルク 2.2㎏-m/6500rpm
●燃料供給方式 FI
●燃料タンク容量 15L
●キャスター角/トレール量 25°35′/104㎜
●変速機形式 6速リターン
●ブレーキサイズ(前・後) ディスク・ディスク
●タイヤサイズ(前・後) 110/80-17・140/70-17
価格:52万7040円

DETAIL

画像: 常用回転域での扱いやすさを追求した180度クランクSOHC2バルブ並列2気筒は、24PSというスペックだけを見ればライバルより見劣りするが、発進加速も力強く非力さは感じない。

常用回転域での扱いやすさを追求した180度クランクSOHC2バルブ並列2気筒は、24PSというスペックだけを見ればライバルより見劣りするが、発進加速も力強く非力さは感じない。

画像: リアビューを太くたくましいものとする2in1マフラーは、エキゾーストパイプの長さを左右で異なる設計とし、高回転域でのパワーを維持しながら低速トルクも向上させている。

リアビューを太くたくましいものとする2in1マフラーは、エキゾーストパイプの長さを左右で異なる設計とし、高回転域でのパワーを維持しながら低速トルクも向上させている。

画像: アルミ鋳造10本スポークホイールにφ37㎜正立フォークをセットし、ブレーキはニッシン製ピンスライド片押し2ピストンキャリパーとφ290㎜ペタルディスクの組み合わせ。

アルミ鋳造10本スポークホイールにφ37㎜正立フォークをセットし、ブレーキはニッシン製ピンスライド片押し2ピストンキャリパーとφ290㎜ペタルディスクの組み合わせ。

画像: 剛性に優れる角断面の質実剛健な形状としたスイングアームをはじめ、7段階にプリロード調整を可能としたモノショックはGSR250から受け継いだ信頼性の高いものである。

剛性に優れる角断面の質実剛健な形状としたスイングアームをはじめ、7段階にプリロード調整を可能としたモノショックはGSR250から受け継いだ信頼性の高いものである。

フロントのポジションランプとリアのテールランプに新設計の面発光LEDを採用し、V字にレイアウト。フルLCDを用いた多機能メーターは速度、時計、ギア段数をデジタル表示し、上面にバーグラフが右へ流れるようにエンジン回転数をあらわす。見やすさや情報量にこだわった機能的な装備は、マシンのキャラにもマッチしている。

画像: ヘッドライト両サイドに面発光LEDのポジションランプをV字に設けた迫力ある面構え。

ヘッドライト両サイドに面発光LEDのポジションランプをV字に設けた迫力ある面構え。

画像: V字型に浮かび上がるテールライトの中をストップランプとしたスタイリッシュなテールエンド。

V字型に浮かび上がるテールライトの中をストップランプとしたスタイリッシュなテールエンド。

画像: フル反転液晶メーターパネルは、ギアポジション、平均燃費計、オイルチェン警告灯まで装備。

フル反転液晶メーターパネルは、ギアポジション、平均燃費計、オイルチェン警告灯まで装備。

画像: DETAIL

RIDING POSITION(身長:176㎝、体重:60㎏)

車体が大柄で、ステップとシート着座位置の間隔が大きく、下半身のリラックス度はナンバーワン。足着き性は標準的で、身長160㎝台前半の女性でも両足が着く。タンデムシート部が高いので乗り降り時には注意したい。

画像1: RIDING POSITION(身長:176㎝、体重:60㎏)
画像2: RIDING POSITION(身長:176㎝、体重:60㎏)

ライバル比較ガイド・250スポーツ

各ジャンルのライバル比較はオートバイ2月号に掲載中!

オートバイ  2018年2月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2017-12-27)

This article is a sponsored article by
''.