画像: CRF250RALLY「日本の林道を赤色に染める、週末の冒険車」

妥協無きアドベンチャースタイル。冒険クオーターのスタンダードへ

CRF250のラリーバージョンを初めて見たのは、2年前の東京モーターショーだった。その時正直「スゲーものを作ったなぁ」と思った。というのも、そのあまりに450ラリーによく似たできばえに、その時はまさか市販化するなんて思ってもみなかったからだ。

実際のところ、このCRF250ラリーは、ホンダがファクトリー参戦しているダカールラリーのワークスマシン、CRF450ラリーの特徴をよく捕らえている。カウル、スクリーン、カラーリング。そのレプリカ度は非常に高く、実際こうして、ラリーウェアに身を包んで乗ってしまうと、見た目はまんまラリーマシンじゃないか。

細かいことを言えば、ライト周りの造形が違うし、リアの補助タンクもない。アンダーマフラーでもない。でも十分、450ラリーと瓜二つだ。もし僕がラリー好きだった高校生のころに戻れたならば、狂喜乱舞したに違いない。もっとも、当時の僕には60万という金額は払えなかっただろう(笑)。
この250ラリーで、もし、本格的な林道に行くなら、相当な覚悟が必要だろう。間違いなくカウルが傷だらけになるからだ。外装の仕上げは非常に綺麗だが、林道で転倒すれば一発でジャリジャリになってしまう。そして最大のネックは、450のタンク形状を忠実に再現しているので、下の方のカウルは間違いなく傷つく。傷で済むならまだいいが、割れてしまうんじゃないだろうか? と心配にさえなる。で、そんなカウルの中身を覗くと、ガランとしていてスペースに余裕がある。ただ、そこはあえてラリーマシンのフォルムを大事にしたから。コイツはそのぐらい割り切って造ったバイクなのだ。

画像: 妥協無きアドベンチャースタイル。冒険クオーターのスタンダードへ

これで週末が楽しくなる

ちなみに、開発メンバーに話を聞いたところ、もし転倒しても、一番最初に当たるのはハンドルで、平らな場所で転べばカウルは当たらないという。もちろん、オフロードは地面が平らではないので確実に当たらないとは言えないが、十分に配慮しているようだ。また、素材も、部分的に柔らかいプラスチックを採用して割れにくくしているという。さすが、その辺も配慮してあるというわけだ。

そんなに傷が心配なら、下回りのカウルを外してハーフカウルにすればよかったじゃないか、と言う人もいるかもしれないが、ハーフカウルにしてしまったら、このレプリカの完成度はガクンと下がってしまう。ラリーマシンとしての雰囲気を大事にするなら、やはり僕はこのフルカウルの方が断然カッコいいと思うし、開発チームもそう思ったから、このスタイルを頑なに守ったのだという。その割り切りに拍手を送りたい。

画像1: これで週末が楽しくなる

では、その走りはどうだろう? このラリー、元々の中身はCRF250Lだ。排気ガス規制などで、近年250クラスのオフロードバイクは、走りという意味ではパンチこそなくなってしまったが、林道を走るには過不足ないものだし、今回吸排気の変更などでパワー特性を見直し、扱いやすさにも配慮している。

フルカウルが付いたことで重さが気になる人もいるだろうが、乗ってしまえばそこはホンダのバイク。エアマネージメントなどの工夫で軽快そのものだ。シート高が高いのを気にする人が多いかもしれないが、ラリーマシンとして考えたら、シート高は高い方がかっこいい(笑)し、気になる人にはローダウン仕様のLDも用意されている。ABSは、リアをキャンセルできる、アフリカツインと同様のシステム。リアブレーキへの介入はものすごくわかりやすく、効きも強いので、ONにしたままでのブレーキターンなどはまず無理。一方、フロントへの介入はかなり遅めで、ジャックナイフができるほどだ。その分、土の上でも十分な制動力が得られる。お節介すぎない制動で、しっかりオフを意識したセッティングになっている。

シャレのつもりで着たラリーウエアがバッチリはまるほど、CRF250ラリーのスタイルはまんまファクトリーマシン。これでパリダカに出よう、というのは大変だが、でもその「風」を感じることができるのが、このマシン最大の魅力。是非、このバイクに乗って、それを味わってもらいたい。ラリーライダーの気分を満喫できるマシンだ。

画像2: これで週末が楽しくなる
画像3: これで週末が楽しくなる

「トゥルーアドベンチャー」を具現化したホンダCRF250ラリー。ダカールラリーのファクトリーマシン「CRF450ラリー」のイメージをフィードバックしたフルカバードのボディは、新しい250オフのスタイルを生み出し、装備も独特で充実している。

画像: シート高の数値は895mmと高いが、ライダーが跨がるとかなり沈み込むし、スリムな形状なので数値ほど足着き性は悪くない。CRF250Lよりやや高いか、あまり変わらないくらいだ。ポジションもゆったりしていて窮屈感がない。身長176cm、体重60kg

シート高の数値は895mmと高いが、ライダーが跨がるとかなり沈み込むし、スリムな形状なので数値ほど足着き性は悪くない。CRF250Lよりやや高いか、あまり変わらないくらいだ。ポジションもゆったりしていて窮屈感がない。身長176cm、体重60kg

エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
ボア×ストローク:76.0×55.0mm
総排気量:249cc
燃料供給装置:PGM-FI
最高出力:24PS/8500rpm
最大トルク:2.3kgf-m/6750rpm
全長×全幅×全高:2210×900×1425mm
ホイールベース:1455mm
シート高:895mm
始動方式:セルモーター
変速機:6段リターン
圧縮比:10.7
車両重量:155kg、157kg(ABS)
燃料タンク容量:10ℓ
価格:64万8000円〜70万2000円

This article is a sponsored article by
''.